MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
駒形前川本店(うなぎ/浅草)|創業約220年の超老舗うなぎ専門店!ふわふわの鰻と江戸前の辛口のタレが絶妙♪

駒形前川本店(うなぎ/浅草)|創業約220年の超老舗うなぎ専門店!ふわふわの鰻と江戸前の辛口のタレが絶妙♪

約220年前、江戸後期・文化文政時代に始まった老舗のうなぎ専門店。『前川』の屋号のとおり、創業時は大川(江戸期の隅田川)に面し、お客も舟で通っていた。

駒形前川本店(最寄駅:浅草駅)

隅田川を望む入れ込み座敷で風情豊かに味わう

関東大震災後に移った現在の地でも、横に隅田川が広がり、入れ込み式の座敷からゆったり眺めることができる。その風景は、祖父に連れられて『前川』へ来ていたという幼少期の池波正太郎も見つめていたに違いない。うなぎは背開きで蒸してから、代々必ず十六ぺん焼き返す。醤油とみりんだけで作られた江戸前の辛口のタレが、うなぎの脂と混ざりなんともいえない香ばしさを醸し、旨さを引き立てる。

うな重(吸物・お新香・水菓子付)
5184円

震災でも戦争でも守り抜いた母ダレの味を継いでいる

独自仕入れのスペイン産ワインもうなぎによく合う

う巻
1296円

鰻のタレを加えた卵液で鰻を巻いたう巻きに、土佐醤油を付けていただく白焼き。どちらもさっぱりと楽しめる

白焼
3888円

お店からの一言

当主 大橋一仁さん

「うなぎは坂東太郎を使い、天然物にもひけをとらない味を提供しています」

駒形前川本店の店舗情報

[住所]東京都台東区駒形2-1-29 [TEL]03-3841-6314 [営業時間]11時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]個室あり、座敷あり、全120席/全席禁煙/予約可/カード可/個室利用の場合はサ・個室料10%(16時まで。16時以降は15%)、16時以降の利用はサ10% [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅駒形口から徒歩3分


電話番号 03-3841-6314

撮影/大西尚明 取材/赤谷まりえ

2019年10月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
毎年のようにテレビで流れる“ウナギが超高騰!”のニュースはどこ吹く風。なんとワンコインからうな丼が食べられる、新橋ビジネスマン感涙の店。
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
6483views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt