SNSで最新情報をチェック

約220年前、江戸後期・文化文政時代に始まった老舗のうなぎ専門店。『前川』の屋号のとおり、創業時は大川(江戸期の隅田川)に面し、お客も舟で通っていた。

画像ギャラリー

駒形前川本店(最寄駅:浅草駅)

隅田川を望む入れ込み座敷で風情豊かに味わう

関東大震災後に移った現在の地でも、横に隅田川が広がり、入れ込み式の座敷からゆったり眺めることができる。その風景は、祖父に連れられて『前川』へ来ていたという幼少期の池波正太郎も見つめていたに違いない。うなぎは背開きで蒸してから、代々必ず十六ぺん焼き返す。醤油とみりんだけで作られた江戸前の辛口のタレが、うなぎの脂と混ざりなんともいえない香ばしさを醸し、旨さを引き立てる。

うな重(吸物・お新香・水菓子付)

5184円

独自仕入れのスペイン産ワインもうなぎによく合う

う巻

1296円

鰻のタレを加えた卵液で鰻を巻いたう巻きに、土佐醤油を付けていただく白焼き。どちらもさっぱりと楽しめる

白焼

3888円

お店からの一言

当主 大橋一仁さん

「うなぎは坂東太郎を使い、天然物にもひけをとらない味を提供しています」

駒形前川本店の店舗情報

[住所]東京都台東区駒形2-1-29 [TEL]03-3841-6314 [営業時間]11時半~21時(20時半LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]個室あり、座敷あり、全120席/全席禁煙/予約可/カード可/個室利用の場合はサ・個室料10%(16時まで。16時以降は15%)、16時以降の利用はサ10% [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか浅草駅駒形口から徒歩3分

電話番号 03-3841-6314

撮影/大西尚明 取材/赤谷まりえ

2019年10月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...