MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
八丁堀で大人気! 「TRUNK CAFE」の「多国籍サバサンド」にノックアウト!/至福の鯖百選[32]

八丁堀で大人気! 「TRUNK CAFE」の「多国籍サバサンド」にノックアウト!/至福の鯖百選[32]

八丁堀駅から徒歩5分に位置する「TRUNK CAFE(トランク カフェ)」。世界各地の料理が楽しめると人気のお店は、タコス、アヒージョ、ピタパン付きフムス、ニース風サラダなど40ヵ国以上のグローバルなグルメがずらりと並ぶ。  そんなTRUNK CAFEで、大人気なのがトルコ名物の「サバサンド」。いまや遠方からもコレ目当てで訪れる人も多いという……。

八丁堀で大人気! 「TRUNK CAFE」の「多国籍サバサンド」にノックアウト!


八丁堀駅から徒歩5分に位置する「TRUNK CAFE(トランク カフェ)」。

2018年にオープン。

世界各地の料理が楽しめると人気のお店は、杉山昭紀さん、兄の善紀さんと奥さまの麻衣子さんの3人が経営する。

昭紀さんは、カフェで勤務後、フランス・イタリア・スペイン料理のレストラン、一方、善紀さんはサラリーマンから転身、同じくカフェで勤務したのち、タイ、メキシコ、インド料理などのレストランで本格的に料理を学んだ。


よって、タコス、アヒージョ、ピタパン付きフムス、ニース風サラダなど40ヵ国以上のグローバルなグルメがずらりと並ぶ。 

杉山ブラザーズの経験がふんだんにいかされたメニュー展開だ。

さまざまな国のアイテムが飾られた明るく、
広々とした店内で世界の料理が楽しめるトランク カフェ。
近隣のオフィスワーカー、
子育てママなど幅広いお客さんでにぎわう。
ふるさとの味を懐かしんで訪れる外国人も多い。

世界各地のドリンクも提供。
約30ヵ国以上のビール、
20ヵ国以上のワインがそろう。




「たまたまふたりとも、同じタイミングで自分の店を持ちたいと考えるようになったので、お互いの経験をいかして『多国籍』ということになりました(笑)」と昭紀さん。

いまは、昭紀さんが調理と店舗管理、善紀さんが店舗経営とPRを担当する。

調理を担当する、杉山昭紀さん。
身長180センチ越えのイケメン! 
そしていたって明るい! 
お話上手でトークが尽きない(笑)!

 


そんなトランク カフェで、大人気なのがトルコ名物の「サバサンド」だ。

ランチで人気の「サバサンド」。
昭紀さんが、現地を訪ねて研鑽を重ねた
「スパイスカレー」も絶品。




しかし、そもそもメニューに「トルコ料理」があったわけではない。

サバサンド登場のきっかけは「なんとなく」だった。

「兄の思い付きです(笑)」と昭紀さん。

「ランチのサンドイッチメニューを検討しているときに、『サバサンド』はどうかな?と兄が提案したので、あ、いいかなと思って」

杉山ブラザーズは茨城県筑西市出身。

海がない町だけれど「地元でサバは身近な存在。よく食べるんですよ」と昭紀さん。

とくに、サバの干物はしょっちゅう食卓に並んでましたね」。

したがって、もちろん、サバ好き。


かくして昭紀さんは、試作を重ねてサバサンドを完成。

提供すると、「想像以上の人気でした」。

とはいえ、看板商品にするほどのつもりはなかったため、1ヵ月の限定販売。

「月替わりで、いろんな国のサンドイッチを提供しようと思っていました」。


かくして1ヵ月後、サバサンドの販売は終了。

新たなサンドイッチに切り替わった。

ところが、である。

お店に「サバサンドロス」現象が吹き荒れた。

「お客さんが口々に『サバサンドはないの?」とおっしゃって。

なんだかすごくガッカリされてしまう方が多かったんです」 


お客さんを悲しませてはなるまい。

というわけで、サバサンド復活。


お客さんは喜び、いまや遠方からもサバサンド目当てで訪れる人も多いという。

「うちは『サバサンドのお店』だと思っている方も多くって(笑)。

ありがたいことに、お客様が店の名物料理を作ってくださったという感じです」と昭紀さん。


思い付きからはじまり店の名物になってしまったサバサンド。 

それはもちろん、昭紀さんの料理の腕前あってこそ。 

「誰でも気軽に訪れてほしい」という想いから店名には「カフェ」とあるが、料理はいたって本格派。 

そして、調理に「多国籍」な経験が存分にいきているのだ。


厳選したサバに、フランス西海岸・ブルターニュ地方で生産された「ゲランドの塩」をふって焼き上げる。

「塩の味を際立たせたいので、無塩の冷凍サバを仕入れています」と和紀さん。

サバは、
粒が大きめのゲランドの塩をふり、
フライパンで焼く。


パンは国産小麦、天然酵母、オーガニック食材を使ったパンが人気の「カワイイブレッド&コーヒー」のバケットを使用。

「地元・八丁堀のベーカリーのものが使えればと、探していました。こちらのバケットは、皮がバリッとして、中がもちもち。サバとの相性がぴったりでした」

提供前に、サバは再度、カワイイブレッド&コーヒーの
バケットとともに、オーブンで焼いて仕上げる。


具は、あれこれはさんでみた結果、トマトと赤玉ねぎをセレクト。

バケットにサバと野菜をサンド。
野菜は最もトマトと赤玉ねぎが、
目指す味にぴったりだったそう。


そしてサバ、バケット、野菜をつなぐ秘密兵器が特製の「アリオリソース」。

スペイン料理でよく使われる、にんにく、卵黄、オリーブオイル、レモン汁などを使ったソースで、いわば「スペイン風マヨネーズ」。

肉・魚料理や、パエリア、スパニッシュオムレツなどに添えられている。


トランク カフェのサバサンドの
味の決め手となる「アリオリソース」。
ソースは、ニンニクの味が決め手となるので、
厳選したスペイン産のニンニクのみを使用。


「バケットにバターをぬるより、アリオリソースを使う方が、全体のバランスがよく仕上がったんです」と和紀さん。

スペイン料理の技がサバサンドの“グッド サバランス”にいかされたのだ。


アリオリソースはまず、バケットにたっぷりかける。

そしてサバ、トマト、赤玉ねぎをはさんでから、さらにたーっぷりふりかける。

きわめて「アリオリソース『ダク』」で仕上げる。

バケットにも、サバにもアリオリソースをたっぷりかけて完成!


トルコ名物サバサンドと、スペインの出合い!! 

その味わいはいかに!?


ガブリとかじる。 

小麦の味をしっかり感じられるバケットに、ニンニクの風味が利きつつ、爽やかさを兼ね備えたアリオリソースがしみしみ。

脂のりはよくても、どこか品のよいサバと野菜といっしょに口に入ると、じつに全体がしっくりした味わい。

マヨネーズだと、重たくなるところを、アリオリソースがじつに軽やかに、やさしくまとめ上げている。

アリオリソースによる「一体化現象」。

さらに「ワインに合うであろう現象」!!


これだけでは終わらない。

「サバサンドをサルサと一緒に食べてみてください」と昭紀さん。

まさかの「味変」! 

サバサンドのプレートには、トマト、タマネギなどを使った自家製の「サルサ」が添えられている。

うわ、兄・善紀さん仕込みのメキシコ技登場!!

サバサンドは、サラダ2品、サルサ、レモンを添えたプレートで提供。

たまねぎ、トマト、ハラペーニョの
バランスにこだわった「自家製サルサ」で、
サバサンドが華麗なる「味変」!



はい、改めまして。

トルコ名物サバサンドと、スペインとメキシコの出合い!


ギャー!! 

トマト、タマネギ、ピリッとした辛み! 

グググッとパンチの効いた味わいに、サルサで、サバサンドがビールをくれ現象。

「レモンもしぼってみてください」と昭紀さんに促されてしぼると、またまた味変! 

「スパークリングワインに合うであろう現象」! 

そしてもはや「どこの国にいるかわからない」現象!


ちなみに「お店に訪れた、トルコ人のお客さんが『美味しい!!』食べてくださいました」と昭紀さん。

トルコから回遊したサバサンドは、八丁堀で美味しく進化。

杉山ブラザーズの経験がギュッとはさまった「多国籍サバサンド」にかぶりついて、美味しい世界一周を!


■トランク カフェ
サバサンドはランチにて提供。
https://www.instagram.com/TRUNK_CAFE/
https://www.facebook.com/trunkcafe/?ref=tabelog








池田陽子(いけだ ようこ)
サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。著書に『ゆる薬膳。』(日本文芸社)、『缶詰deゆる薬膳。』(宝島社)、『春夏秋冬ゆる薬膳。』(扶桑社)、「ゆる薬膳。」はじめたらするっと5kgヤセました!(青春出版社)、『サバが好き!』(山と渓谷社)など。

このグルメ記事のライター
池田 陽子@まとメシ

サバファンの集い「鯖ナイト」や、日本中のサバ好きが集まる「鯖サミット」などの活動を担う「全さば連(全日本さば連合会)」広報担当/サバジェンヌとして活躍。本業は薬膳アテンダント/食文化ジャーナリスト。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 サバを扱う生産者、加工会社、流通、飲食店、サバに関わっている方々に、取り扱うサバ(サバ商品)、ご当地サバの魅力、そして「ご自慢のサバレシピ」を、「たっぷりのサバ愛」をこめてサバトン(……バトンです)をパスし、リレー形式で紹介する企画だ。
近年、さまざまな味付けのサバ缶が増えているが、洋風サバ缶の代表格といえば「トマト味」。 なんとなく「トマト系サバ缶って、想像のつく味……」というイメージがあるけれど、昨年、そんな既成概念を覆す、とんでもない商品がデビューした。 それが、千葉県銚子に位置する「信田缶詰」の「BISTORO缶 美味しいトマトとさば」だ。
おうちごはんの必要性から、またまた注目を集めているサバ缶。なんと、「サバ缶専用レトルト商品」が登場! サバ缶でいともカンタンにメインディッシュが完成、しかも味わいはリストランテ級の本格派イタリアン!という、ミラクルな商品がデビューした。
サバブームって、もう一段落したでしょ……というあなた、そんなことないって!  サバ業界にまたまた新たなスターが登場!  その名は「サバチ」。日本初の「サバのチップス」だ。2月の発売以来、なんと1ヵ月で35万個という爆発的な売れ行きを誇っているのだ。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt