MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
吉祥寺のタピオカバブル Season2、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(164)

吉祥寺のタピオカバブル Season2、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(164)

吉祥寺のタピオカティーブームは、まだまだ衰えていない、というのがおっさん女子の見解です。なぜならタピオカ屋が閉店しても、さらに同じ場所にまたタピオカ屋が入る、という状態だからです。私が確認した吉祥寺の某場所では、すでに3軒目のタピオカ屋ですよ……。 なので今回は、異色のサイドメニューを擁するタピオカ屋を2軒、ご紹介したいと思います。

perm_media 《画像ギャラリー》吉祥寺のタピオカバブル Season2、の件/おっさん女子の吉祥寺パトロール(164)の画像をチェック! navigate_next

吉祥寺のタピオカバブル Season2、の件


吉祥寺のタピオカティーブームは、まだまだ衰えていない、というのがおっさん女子の見解です。

なぜならタピオカ屋が閉店しても、さらに同じ場所にまたタピオカ屋が入る、という状態だからです。

私が確認した吉祥寺の某場所では、すでに3軒目のタピオカ屋ですよ……。

3~4ヵ月サイクルですな……。

あとですね、タピオカティーから逸脱してスムージーとか、フレッシュフルーツジュースとか、もはやタピオカ屋っていうより、ドリンク屋みたいになっている傾向にありますね。

そこでおっさん女子調べですが、タピオカからの逸脱ではなく、台湾への回帰という店が増えてきている印象があります。

台湾といえば、ご飯が美味しい、デザートも最高! という女子に人気の国ですが、最近、吉祥寺のタピオカ屋はデザートの充実に手を染めているのです。

はい、パイナップルケーキや、豆花などを販売する店が増えてきました。

しかーし、私は脂っぽいおっさん女子です。

異色のサイドメニューを擁するタピオカ屋を2軒、ご紹介したいと思います。

イラスト/小豆だるま


1軒目のタピ推し店は、吉祥寺丸井裏の『台湾茶café K』


まず1軒目。

丸井裏の『台湾茶café K』です。

ここは店構えやメニューなど、雨後の筍のようなタピオカ屋とは一線を画している雰囲気です。

コロナ禍のなか、メニューにテコ入れをして5月にリニューアルをしたのですが、なんと新サイドメニューが登場。

その名も『胡椒餅』です! 

これがうまい! 

ヤバイ! 

ハマる味! なんですよ。ルックス的には、肉まんくらいの大きさですが、表面がパリッ&カリッと焼いてあり、中身は具がギッシリ、そしてスパイシーなんです。

胡椒の味がしますが、ラーメン屋にあるようなテーブルコショウの味ではありません(苦笑)。

もっと華やかで奥深い香辛料の味です。

豚肉がゴロゴロ入っていて、1個でかなりの満足度です。

ちなみに1個450円(税別)。

私はすっかりファンになってしまい、タピオカティーではなく、無糖の台湾茶といっしょにテイクアウトしております(苦笑)。

ここのお茶は美味しいので、こちらもおすすめだ!

ちなみに『胡椒餅』は、冷めても美味しいです。

タピオカティーは飲んでいないので、わかりません(苦笑)。


2軒目のタピ推し店が、吉祥寺パルコのトイメンのビル2Fにあるタピオカ屋『B』


そして2軒目。

吉祥寺パルコのトイメンのビル2Fにあるタピオカ屋『B』。

実はこの場所は、別のタピオカ屋が入っていたので、2店目です(苦笑)。

前のタピオカ屋はオープン当日が豪雨でしたが、それでも大行列&2時間待ちという、狂ったような状況を生み出していました(遠い目)。

しかし、現状『B』は平和です。

平和すぎて心配ですが、ここのサイドメニューもヤバい。

なんとチキンなんですよ。

台湾元祖ジーパイと銘打った、辛いフライドチキンがあるのです。

さらにチキンのハンバーガー、ポテトなどもあって、鶏唐揚げ好きのおっさん女子的には見逃せないラインナップ。

やっぱりスパイシーで、香りが華やかでカラッと揚がっていて美味しいです。

台湾美味しいぞ! 

台湾行きたいぞ! と思うおっさん女子であった。

ドリンクは、100%フレッシュジュース推しですが(苦笑)、ここのは果肉がどっさり入っていて、非常にフルーティ。

ドラゴンパッションフルーツティーなど珍しいものもあります。

タピオカティーは飲んでないので知りません(笑)。


いかがでしょうか? 吉祥寺のタピオカ屋 Season2。 


なんだかカオスになってきました……(笑)。









天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。




小豆だるま
高校の国語教員を経てイラストレーター・漫画家になる。ギャグとシリアスを行ったり来たりする作風で雑誌・書籍・webなどで活躍中。著書は「日々ズレズレ」(小学館)その他。好物はタイ料理と辛いもの。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
天野七月@おとなの週末

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

関連記事
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
今までの吉祥寺の和風のカフェ、喫茶店、甘味処は、比較的年配のマダムたちの需要が多かった吉祥寺である。しかし最近、けっこう若い女子向けのカジュアルな和風がキテるんじゃないでしょうか? ということで、今回は2020年にオープンした2軒ご紹介してみようと思います。
新型コロナウイルスのせいで、吉祥寺の飲食店は満身創痍という感じな今日この頃……。 メニューの見直し、店舗のリニューアルなどをする店も多いように感じます。 そこで今回は、吉祥寺でのサバイバルのために積極的にリニューアルを続けている定食屋を2軒ご紹介しようと思います。
白いご飯と、鶏唐揚げと、チーズが大好きなおっさん女子とは私のこと。 しかし最近、食パンに対する愛も芽生えてきたので、適度に食パンも食べ散らかしているのですが、最近、吉祥寺のチーズ食パンが熱い!っていうかチーズ教信者の私だけが、熱いのかもしれない……。というワケで、今回は吉祥寺の美味しいチーズ食パンをご紹介したいと思います。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル