MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
APANESE FISH NOODLE ウミのチカラ(ラーメン/仲御徒町)|魚の旨みが詰まった「真鯛らーめん」が絶品☆

APANESE FISH NOODLE ウミのチカラ(ラーメン/仲御徒町)|魚の旨みが詰まった「真鯛らーめん」が絶品☆

船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラ(最寄駅:仲御徒町駅)

高級魚も丸ごと使用!魚の旨みが詰まった究極の鮮魚ラーメン

材料の3割が“身”という定番の「真鯛らーめん」はとろりとクリーミーで、まるで鯛をそのまま食べているような味。トッピングのすり身団子は、あえて鯛ではなく旬の魚を使い、食べ飽きない工夫をしている。ちなみに今の季節は真鱈のすり身団子。冬はアンコウ、夏はハモなどを使う予定だという。毎週水・土曜に提供している「限定らーめん」(20食限定)には、ノドグロやクエ、メヌケ、ハタ、オニオコゼといった1㎏8000円は下らない高級魚を使用。究極の鮮魚ラーメンがお目見えする。

味玉真鯛らーめん(塩)
980円

身の脂を乳化させてクリーミーに炊き上げる。茨城県産の豚肉で作る低温調理チャーシューも絶品

寿司屋直伝の漬けダレに漬けた「旬の海鮮漬け丼(小)」(350円)。この日は、長崎県産の生サバがのった。マグロやカツオ、マンボウがのる日も!

お店からの一言

店長 渡辺誠さん

「あっさり派には鯖だしらーめんがおすすめです!」

JAPANESE FISH NOODLE ウミのチカラの店舗情報

[住所]東京都台東区台東1-32-6 [TEL]03-6806-0735 [営業時間]11時~15時、17時~21時(土11時~21時)※ランチタイム有 [休日]日(連休にかかる場合は最終日) [交通アクセス]地下鉄日比谷線仲御徒町駅1番出口から徒歩6分


電話番号 03-6806-0735

撮影/瀧澤晃一 取材/松井さおり

2019年12月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
純宍道湖産のシジミで作る旨みあふれる中華そばは、“塩”と“醤油” の二本立て。“塩”は、動物系のダシが下支えをするシジミスープに、シジミのダシを利かせた塩ダレ、風味たっぷりのシジミ油を合わせた一杯で、ひと口目からガツンと“シジミ”を感じることができる。
透き通った醤油スープに浮かぶまっすぐな麺の美しさに、誰もが目を奪われる。使われているのは、秋田県湯沢市の「佐藤養悦本舗」の干し中華麺。
店主の木村氏は、ジロリアンに絶大な人気を誇る『富士丸』で腕を磨いた人物。オープン初日には、名立たるラーメン店主から開店祝いの花が届けられたが、「ほとんどが富士丸時代の常連さんですね」というから聞いて驚く。
シンプルな味の追求はその力量が問われる。「いかに鴨本来の旨みとコクを出せるか」。
大正3年に日本橋浜町で創業。スーラーメンなど名物料理は多いが、今回はザ・王道と呼びたくなるラーメンに注目したい。
スパイシーなんだけどそれだけじゃない。エビならエビ、マトンキーマならマトンの風味がしっかり広がり、サクサクとスプーンが進む。
極太で真っ黒な見た目がインパクト大! 北海道で最も人口が少ない街、音威子府村で今からおよそ90年も前から親しまれてきた、なんとも荒々しい風情の蕎麦だ。
なんと今回は、牛乳です。 ある日、三鷹のパン屋さんで『パン好きの牛乳』という200mlのパック牛乳を発見し、ハマってしまった次第。 ほかにも。美味しい牛乳があった気が……、ということで吉祥寺のスペシャルな牛乳をご紹介したいと思います。
江戸時代から同じ場所で五代続く店のばらちらし。醤油をささずにすみ、時間が経ってもしっとり酢の頃合いがよいままなので、かつて料亭や置屋があった頃から芸者や商いのお客に好まれたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル