MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
撮り鉄の「食」の思い出(85)ザ・ロイヤルエクスプレス乗車編/2018年

撮り鉄の「食」の思い出(85)ザ・ロイヤルエクスプレス乗車編/2018年

前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。 今回は2018年に行われた試乗会の様子です。 実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。

ザ・ロイヤルエクスプレス乗車編/2018年


前回は北海道の大地を走り抜けたザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)の走行と、公開のときに撮影した車内を見ていただきました。

今回は2018年に行われた試乗会の様子です。

実際に旅をして、豪華な食事を出していただきました。

なお、料理は季節などによって異なります。
運転日や実施されるツアーなども変わりますので、ホームページなどでご確認ください。

ロイヤルEXPは横浜駅と伊豆急行の伊豆急下田駅を結ぶ豪華レストラン列車です。

乗車定員は約100名、大規模な列車です。

比較的リーズナブルなゴールドクラスと、座席とレストラン席の2席を確保して、コース料理を楽しむプラチナクラスがあります。

また、ツアーは宿泊つきのクルーズプランと、食事と乗車のみのプランがあり、上下列車で食事の内容が異なるのも特徴です。

青いメタリックのロイヤルEXP(2018年撮影)


旅の始まりは横浜駅地下コンコースにある“ロイヤルラウンジ横浜”です。

出発までの時間も、お茶を飲みながらゆったりと過ごすことができます。

また、プラチナクラス専用のスペースもあります。

このロイヤルラウンジ横浜は、列車運行時には貸し切りになりますが、それ以外の時間は一般の方も利用できます(プラチナクラススペースを除く)。

横浜駅に行ったときには、ちょっとリッチな気分でお茶などいかがでしょうか?

横浜駅地下コンコースの
ロイヤルラウンジ横浜(2018年撮影)

こちらのスペースは、
貸し切り時以外
一般使用も可能(2018年撮影)

カップはロイヤルEXPの
エンブレムつき(2018年撮影)

プラチナツアー
専用スペース(2018年撮影)

選んだツアーによって
異なるバッチをつけて
参加する(2018年撮影)


時間になれば、スタッフのお見送りを受けながら出発です。

ホームには青いロイヤルEXPが待っています。

乗車口は、赤じゅうたんならぬロイヤルカラーの青じゅうたんでお出迎えです。

ロイヤルラウンジ横浜から
お見送り(2018年撮影)

ホームでは青いじゅうたんで
お出迎え(2018年撮影)


静かに列車が走り出し、ウエルカムドリンクで落ち着いたころに食事の開始です。

今回は試乗会ということで、ゴールドクラスとプラチナクラスの上下列車用、計4種類の料理を並べてもらいました。

撮影でちょっと慌ただしかったのですが、実際のツアーではもちろん、ゆったりと出てきます。

ウエルカムドリンクで、
まずはひといき(2018年撮影)

落ち着いたころに
食事が開始(2018年撮影)


<下りゴールドクラス>

ゴールドクラスの料理は、二段重のお弁当とスープ、デザートです。

スープ/三島産にんじんのスープ

上の段/静岡産さざえと春野菜のぬた和え、御前崎の金目鯛塩焼きなど8品

下の段/駿河湾産桜えびの炊き込みご飯です。

デザート/静岡いちごと丹那牛乳アイスのパルフェ


下りゴールドクラスのメニュー(2018年撮影)

三島産にんじんの
スープ(2018年撮影)

上の段の重(2018年撮影)

下の段の、桜えびの
炊き込みご飯(2018年撮影)


<下りプラチナクラス>

プラチナクラスはコース料理です。

アミューズ/駿河湾産桜えびと静岡産筍のおすまし

前菜三種/沼津港より手長えびの椎茸巻きなど

温野菜/静岡産イサキのラザニア 下田クレソンと共に

パン/胚芽ロール

メイン/オックステールの赤ワイン煮込み 春野菜添え

デザート/ゴールドクラスと共通で、静岡いちごと丹那牛乳アイスのパルフェ

下りプラチナクラスのメニュー(2018年撮影)

駿河湾産桜えびと
静岡産筍のおすまし(2018年撮影)

前菜3種(2018年撮影)

静岡産イサキのラザニア 
下田クレソンと共に(2018年撮影)

メインディッシュの
オックステールの赤ワイン煮込み(2018年撮影)

ゴールドクラス共通の
デザート(2018年撮影)


いずれのメニューも静岡産の素材にこだわったもので、味も素晴らしい料理です。

そして、もちろん車窓の海を見ながらです。

さらに、プラチナクラスでは食堂車で生演奏を聴きながら……。

もう言うことなしです。

車窓の海もすばらしい(2018年撮影)

プラチナクラスでは
生演奏も(2018年撮影)


<上りゴールドクラス>

やはり2段重で供されます。

お椀/じゃがいも饅頭の西京味噌仕立て

上の段/れんこんと生姜の甘酢、わかめ入りたまご豆腐など11品

下の段/伊豆一条のたけのこごはん など

デザート/丹那ヨーグルトのクレームダンジュ

上りゴールドクラスのメニュー(2018年撮影)


<上りプラチナクラス>

前菜/しいたけのテリーヌ、鮭のじゃが巻きなど6種

スープ/小玉ねぎのコンソメスープ

メイン/黒船蒸し(下田金目鯛、えびなど)

食事/南伊豆一条のたけのこごはんわっぱ仕立てなど

デザート/丹那ヨーグルトのクレームダンジェ

上りプラチナクラスのメニュー(2018年撮影)

前菜6種(2018年撮影)

メインディッシュの
黒船蒸し(2018年撮影)


食後のコーヒーをいただいているうちに、終着の伊豆急下田駅に近づきます。

沿線の方やスタッフの方が手を振るなか、駅に滑り込みます。

駅では、旅館の女将さんたちの出迎えもありました。

伊豆急下田駅近くでは、
社員の方が敬礼で出迎え(2018年撮影)

ホームでは女将さんたちの
出迎えも(2018年撮影)


今回の乗車終了後、スタッフの方に集まっていただきました。

ほかのレストラン列車にはないほどの人数です。

ひとりひとりの方の対応も素晴らしく、それも大事な思い出になりました。

日常を離れた贅沢な時間を楽しめるロイヤルEXP。


ときには、ちょっと頑張って計画してみても良いのではないでしょうか。


特別に集まっていただいたスタッフの皆様(2018年撮影)





佐々倉実(ささくら みのる)
 鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、初めて鉄道写真を撮ったのが小学生のころ、なんやかんやで約50年経ってしまいました。鉄道カメラマンなのに撮影の8割はクルマで移動、列車に乗ってしまうと、走るシーンを撮影しにくいので、いたしかたありません。そんなワケで年間のかなりの期間をクルマで生活しています。趣味は料理と酒! ヨメには申し訳ないのですが、日々食べたいものを作っています。
 鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、いろいろとお付き合いください。
 ちなみに、鉄道の他に“ひつじ”の写真もライフワークで撮影中、ときどきおいしいひつじの話も出てきます。なにとぞご容赦ください。

このグルメ記事のライター
佐々倉実@まとメシ

鉄道をメインにスチール、ムービーを撮影する“鉄道カメラマン”、鉄道旅と食の話、最新の話題から昔の話まで、お付き合いください。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
今回は、いつもよりずっと贅沢! 豪華列車のお話です。 2020年夏、鉄道ファンの間で大きな話題になったのが、北海道を走るザ・ロイヤルエクスプレス(以下ロイヤルEXP)です。 通常は横浜駅から伊豆急行線の伊豆下田駅までを8両編成で走るレストラン列車ですが、この夏は北海道の大地を駆け抜けました……。
愛媛県といえば真っ先に思い浮かぶのは“みかん”です。 実際に愛媛県の鉄道沿線で撮影していても、急峻な山間にみかん畑が広がり、秋から冬の季節になれば、枝が垂れ下がるほどのみかんを目にします。 今回の撮影目的は、愛媛県松山市を走る私鉄の伊予鉄道です……。
JR九州の路線を走るスイーツトレイン「或る列車(あるれっしゃ)」が走り始めたのは2015年の夏。今年で5周年を迎えます。 それを記念して、デビュー当時のメニューを復刻して7月~8月のツアーで提供されています。 今回は、デビュー直前の試乗会のときのメニューと車内のツアーの様子です。
函館本線は函館駅と旭川駅を結ぶ路線です。 この路線の、長万部(おしゃまんべ)駅から小樽駅の間は、通称「山線」と呼ばれていて、名前の通り峠を越えながら山中を走る山岳路線。 この山線の撮影中によく立ち寄るお店で“きのこ王国”があります。 店内は、その名の通りきのこだらけです……。
旬の食材を生かした活気溢れる熊谷シェフの一皿ひと皿に、店主の赤星氏がピンポイントで合わせる日本酒のペアリングがキレキレだ。食材の食感や香り、旨みや酸味等々と日本酒がピタッと調和して響き合う。
しゃぶしゃぶを提供し続けて40年以上。肉問屋との長い付き合いから、上質な肉を低価格で仕入れられるのが強みだ。
創業90年近い老舗の看板におごることなし。それは地道な仕込みのネタを見ればわかるはず。
小学校以来の食パントラウマを生食パンで癒し、食パンを食べ散らかしているおっさん女子ですが、最近は、あん食(144回)の暴力的なカロリーと美味しさにハマリ、あんこトーストを自宅で自作しているおっさん女子である。 そこで今回は、あんこトーストのお手本にしたい吉祥寺のお店をご紹介だ!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt