MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
サイアム オーキッド 八重洲地下街南口店(タイ料理/東京)|タイ人コックが作る本場の味に胃袋までタイ一色♪

サイアム オーキッド 八重洲地下街南口店(タイ料理/東京)|タイ人コックが作る本場の味に胃袋までタイ一色♪

ヤエチカにはタイもあった。腕を振るうのはタイ人のコックさん。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

サイアム オーキッド 八重洲地下街南口店(最寄駅:東京駅)

タイ人コックが作る屋台飯 週替わりのセットも狙い目

ホールを行き交うスタッフも現地出身者が多く、屋台通りのような店内はここが東京のド真ん中だと忘れてしまいそう。昼も当然、屋台飯。週替わりメニューで登場するガパオ&パッタイセットは定番の2種が両方食べたい欲張りな人(私です)にピッタリだ。鶏挽き肉炒めがたっぷりのガパオライス、米粉の麺を使う具だくさんのパッタイ、共に現地の調味料やハーブを使った本場の味で、食べれば胃袋までもタイ一色。卓上の粉唐辛子など調味料で味変できるのも現地流だ。夜はパクチー食べ放題も実施中!

ガパオ&パッタイセット(週替わりメニュー)
1019円

鶏挽き肉炒めはタイバジルやナンプラーなどで味付け。ご飯はジャスミンライスと日本米をブレンド。甘酸っぱさが独特のパッタイはセンレックという米粉の平麺を使う

タイのチキンライス(カオ・マン・ガイ)
819円

蒸した鶏肉とライスを生姜ベースのピリ辛のタレで食す

カニと玉子のふんわりカレー炒め(プーニム・パッポン・カリー)
1210円

卵味がマイルドなカレーと素揚げしたソフトシェルクラブを炒めたもの。柔らかいのでそのまま豪快にかぶりつこう

お店からの一言

店長 菊池徳彦さん

「屋台の雰囲気と本場の味を楽しんで。寒さもタイ料理で吹っ飛ばそう!」

サイアム オーキッド 八重洲地下街南口店の店舗情報

[住所]東京駅 外堀地下2番通り [TEL]03-3516-6663 [営業時間]11時~23時(日・祝は22時まで、ランチは17時まで)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンターあり、全73席/分煙(15時から喫煙席あり)/夜のみ予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]八重洲地下南口改札から徒歩5分


電話番号 03-3516-6663

撮影/大西尚明 取材/肥田木奈々

2020年1月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店内には赤いアフガニスタンの絨毯が敷かれ、かの地の調度品も置かれているのが味わい深い。天井に吊るされたパオ(遊牧民のテント)の屋根は、30年前裏庭で営業を始めたときの名残だというから筋金入りだ。
2019年4月に生まれたここ『桜樺苑』は、光がいっぱい入る気持ちいい台湾茶藝館だ。赤と青を基調にした異国情緒を感じさせる色鮮やかな空間は、ふと日常を忘れさせてくれる。
台湾の軽食や甘味が楽しめる。豆乳プリン・豆花に舌鼓を打つのもいいが、寒い冬には「鹹豆漿」がおすすめ。
中国にはお茶にまつわる資格がふたつある。お茶を淹れる茶藝師と茶葉を鑑定する評茶員だ。このふたつの資格を持つのが浅草『香香天風』の安井さん。「わかりやすく言うと茶藝師はバリスタ、評茶員はソムリエ」と笑う。
最新記事
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。
ウイスキーの新しい可能性を探るカクテル、“ウイスクテイル”を広めているのが、店主の静谷さん。日本に9人しかいないマスター・オブ・ウイスキーのひとりだ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル