SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

ヤエチカ(八重洲地下街)を中心に地下街が広がるこのエリア。リーズナブルな飲食店が並ぶのが特徴だ。2022年は新店に加え、ヤエチカに「トウキョウカレーカルテット」や「東京ラーメン横丁」なるエリアや、一部開業した「東京ミッドタウン八重洲」も大調査。

【注目エリア ヤエチカ、グランルーフフロント、東京ミッドタウン八重洲】

グランルーフフロントには新店が、ヤエチカには新店のほか、カレーとラーメン店が集まったエリアが新設。またヤエチカ奥にはバスターミナルである東京ミッドタウン八重洲が開業。にぎやかさがパワーアップした

『オーバカナル ヤエチカ店』 @ヤエチカ

パリのカフェを彷彿とさせる美食とインテリア

開店するやお客さんがひっきりなし。そりゃそうですとも。昼はカジュアルなランチが充実、午後は麗しきスイーツでホッとひと息、夜は夜でワイン片手にステーキフリットなどのビストロ料理で大満足。アンティーク調の家具やシャンデリアが目を引くクラシカルな店内で、フランスの日常を彩る食やカフェ文化を1日中気ままに楽しめるのだから。

煮込みハンバーグとビーフシチュー 1300円(ランチメニュー・11時~17時)

『オーバカナル ヤエチカ店』煮込みハンバーグとビーフシチュー 1300円(ランチメニュー・11時~17時) ハンバーグは牛と豚の合挽き肉を手ごねで仕込んだジューシーな味わい。ビーフシチューは柔らかく煮込んだ牛肉と牛タンが入る

とりわけランチタイムは名物のスフレオムライスなどがセットでお得。しかもですよ、11時から17時まで注文できるのがうれしいじゃないの。上にどどんと紹介したのは煮込みハンバーグとビーフシチューがひと皿で味わえる人気品。赤ワインなどで仕込んだデミグラスソースのコク深い旨みにうっとりだ。

さらには下にバターライスを忍ばせてるなんて……ニクいよ店長さん。キャロットラペなどさりげない付け合わせひとつにもパリのエスプリを感じさせる。てことでパリっ子気分で言っちゃお、セボーン!

『オーバカナル ヤエチカ店』

[住所]ヤエチカ 八重洲地下1番通り
[電話]03-6665-6717
[営業時間]11時~22時(21時LO)
[休日]施設に準ずる
[交通]東京駅八重洲地下中央口から徒歩2分

『立食い寿司 根室花まる』 @東京ミッドタウン八重洲

味よし、気配りよし。新施設で必食の気軽な寿司店

東京駅発のバスターミナルに隣接した新施設『東京ミッドタウン八重洲』。いち早く開業した地下の飲食店は、テイクアウトをメインとしたカジュアルな店が多く、同店も全席立ち食いスタイルとなっている。

お好み (二階建てほたて 370円、真だち 370円、こまい子 190円、ぼたんえび 370円)

『立食い寿司 根室花まる』お好み (手前より 二階建てほたて 370円、真だち 370円、こまい子 190円、ぼたんえび 370円) ホタテが2重にのった名物やタラの白子(真だち)、こまい子など北海道の美味が揃う

タラの白子、ニシン、ホタテなど北海道の漁港から仕入れる鮮魚を中心にした握りは、どれもプリプリで味わいも濃く、頬張るたびにむふふと笑みが溢れてしまう。

ところで、酢飯にななつぼし使用は他店と同じだが、酢加減が少しだけ強めだそう。テイクアウトしてバス旅することも考えてのこと。この気配りも◎。もちろん会社帰りや平日のランチにももってこい。おいしい穴場です。

『立食い寿司 根室花まる』

[住所]東京駅改札外 東京ミッドタウン八重洲地下1階
[電話]080-6083-8487
[営業時間]10時~21時(20時半LO)
[休日]施設に準ずる
[交通]東京駅地下中央口改札から徒歩6分

次のページ
『鳥藤 とりそばスタンド』 @グランスタ...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...