SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

今年も東京駅には新たなエリアやお店が続々とオープン。その中からそこでしか買えないものを中心に実食。手土産に持っていきたい商品を厳選しました!「グランスタ東京」内に新たにオープンした「京葉ストリートエリア」は、奥まったエリアに美味が集結。それだけに意外と穴場。今持っていけばレア度が高いかも!

『boB(ボブ)』の「半熟カヌレ ティーフレーバー」

半熟カヌレ ティーフレーバー 4個セット 1600円

『boB(ボブ)』半熟カヌレ ティーフレーバー(ほうじ茶、抹茶、桃とアールグレイ、プレーン) 4個セット 1600円

香ばしい生地の表面、中はとろりなめらかな かつてない食感

外はカリッ、中はしっとりとした半熟カヌレの専門店。生地に抹茶がたっぷり練り込まれていたり、自家製発酵ほうじ茶を使うことで香りを際立たせていたり、それぞれのフレーバーのバランスが絶妙。東京駅限定「朝焼き半熟カヌレ プレーン」(350円)は、さらに中身がクリームのようにとろとろ。

【お店はココだけ!】

『和卵菓ららら』の「たま月-らんぐどしゃ-」

たま月-らんぐどしゃ- 1缶 1550円

『和卵菓ららら』たま月-らんぐどしゃ- 1缶 1550円

ヤミツキになる軽~いサクサク感と素朴な甘み

栃木県の養鶏場「卵明舎」が立ち上げた新ブランドで、常設店はここだけ。すべてにブランド卵「磨宝卵ゴールド」が使われ、「たま月」はその卵白で作られている。薄く焼き上げられた香ばしさと、生地の中と表面にまぶされた黒糖のコクのある甘みがやさしく、食べ始めると止まらない!

『あまみカオリ研究所』の「KASA-NETA」

KASA-NETA 2本入 各850円

『あまみカオリ研究所』KASA-NETA 2本入(手前からラムレーズン×ショコラ、ピスターシュ×フランボワーズ) 各850円

甘みや酸味、香り、口当たりなどのベストバランスを追求

今までにない味のマリアージュがテーマ。研究を重ねた組み合わせを楽しめるのが、「KASA-NETA」。ピスターシュのコクとフランボワーズの酸味は相性抜群だ。ホロッと崩れるサブレとの重なりも秀逸。持ち運び時間が短いときは自分で味を選べる生ケーキのセレクトスイーツをどうぞ。

【ココだけの商品!】

『きりのさか by  ChuokenSenbei』の「RICEPALETTE」

RICEPALETTE 4個入 1080円

『きりのさか by  ChuokenSenbei』RICEPALETTE(ドライフルーツ&ナッツ、パルミジャーノレジャーノ各2個) 4個入 1080円

カラフルな見た目、斬新な組み合わせはワインにもぴったり

老舗の『中央軒煎餅』が新しいおかきの世界を提案。「RICE PALETTE」は洋菓子のようだけど、ベースは玄米おかき。パルミジャーノレジャーノは、トマトパウダーやピスタチオ、ベーコンなど新しいハーモニーに感動。ドライフルーツ&ナッツはひと口ごとに味変するのも楽しい。

次のページ
『Ivorish(アイボリッシュ)』の「...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...