MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
BBQレストラン ドン・ガウチョ(洋食/九段下)アルゼンチン流BBQが絶品♪名物「ミラネッサ」も◎

BBQレストラン ドン・ガウチョ(洋食/九段下)アルゼンチン流BBQが絶品♪名物「ミラネッサ」も◎

ガウチョ(牧童)が絞めて解体した牛を薪で焙り、野外で肉を片手に呑み、かつ喰らう――そんなアルゼンチン流のワイルドなBBQ「アサード」を味わえる店だ。肉を焼くのは、青春時代をアルゼンチンで過ごした伊澤義之さん。

perm_media 《画像一覧をチェック》九段下にあるアルゼンチン流BBQが絶品のお店「BBQレストラン ドン・ガウチョ」 navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

BBQレストラン ドン・ガウチョ(最寄駅:九段下駅)

熟練の肉職人が焼き上げたアサードを堪能すべし!

現地の友人たちに幾度も肉を振る舞ってきた筋金入りのアサード職人だ。「BBQは男の仕事ですから」と寡黙に語る、そんなガウチョのような男が焼いた肉を頬張れば、九段下のオフィス街も南米の広大な草原(パンパ)に思えてくる。岩塩を振り、パリージャ(焼き場)で焼き上げる肉の火入れは完璧。肉汁したたる牛肉に、無心に喰らいつこう。

アサードコース
3500円

アサードコースの肉(写真は3人前)は、骨付きカルビ、カイノミ、イチボ、チョリソーなど6~7種。前菜とサラダが付く

アサードコースの前菜

この日の前菜はパテやピンチョスなど7種

ミラネッサプレート
910円(ランチ限定)

アルゼンチンのソウルフード「ミラネッサ」

アサードに欠かせない自家製ソース「チミチュリ」

お店からの一言

店長 伊澤義人さん

「アルゼンチン流の豪快なBBQを味わいに来てください!」

BBQレストラン ドン・ガウチョの店舗情報

[住所]東京都千代田区九段北1-10-5 九段櫻ビル2階 [TEL]03-6256-9792 [営業時間]11時半~14時、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンターあり、全21席/全席禁煙/予約可/カード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄東西線九段下駅7番出口から徒歩1分


電話番号 03-6256-9792

撮影/貝塚隆 取材/カイトモオ

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
豪州は移民国家。食文化も多様な国のミックスだ。「受容度の高い国民性で料理もフリーダム。
住んでいる街に旨い洋食屋があるのは人生を豊かにする大事な要素。蒲田にもありました、直樹さんの店『キッチン直樹』。
量があるけど薄くてカリッとしてるから2枚、3枚とつい手が伸びる。これにワインを合わせれば、肉の脂も揚げ物摂取の罪悪感も、おまけに日々の悩みまでスルスルと流されちゃう(かも!)。
秋田県出身のご兄弟と奥様3名で経営する温かいお店。兄と弟はそれぞれソムリエとシェフを務め、和洋のテイストを融合させた色彩豊かなメニューでおもてなししてくれる。
アフリカの濃い空気がギュッと詰まったわずか8席の小さな空間。扉を開けるとまずは陽気なリンガラ(コンゴ)ミュージックが迎えてくれる。
最新記事
20年前、私はひたすら世界を旅をしていました。南米から中米の旅を終えて、メキシコから国境を越え、いよいよ自由の国アメリカへ。テキサス州ヒューストンまでの夜行バスと図書館で遭遇した驚きのルールをご紹介します。
ハワイ名物から、オリジナルフードまで味わえるレストラン「ザ・アイランド」 1号店が12月2日、東京・銀座にオープンしました。現地定番の味や創意工夫を凝らしたメニューはもちろんのこと、ホテルのロビーのような洗練された店内も大きな魅力です。ゆったりとした時間が流れる優雅な空間で料理をいただけば、慌ただしい師走にあっても、南国ハワイにいるような自分だけのくつろいだ時間を送ることができるでしょう。
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
get_app
ダウンロードする
キャンセル