MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おとなの塩soba(ラーメン/西川口)|化学調味料不使用の体に優しい軽やかなラーメンが旨い♪

おとなの塩soba(ラーメン/西川口)|化学調味料不使用の体に優しい軽やかなラーメンが旨い♪

「最近ラーメンはちょっと重くて……」そんな“おとな”世代にうれしい一杯を作るのが、オーナーの大谷さん。鶏、和風、海鮮の3種類のダシを合わせたトリプルスープは、分厚い旨みがありながらも軽やかな仕上がり。

perm_media 《画像ギャラリー》おとなの塩soba(ラーメン/西川口)|化学調味料不使用の体に優しい軽やかなラーメンが旨い♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

おとなの塩soba(最寄駅:西川口駅)

無化調&国産小麦粉で身体にやさしく、世代を問わない旨さ

化学調味料不使用の上品でおだやかな味わいだ。さらに麺は国産小麦粉を店内の一画に設けた工房で打った自家製で、絹のようになめらかな舌触りと歯切れの良さがなんとも爽快。麺自体の風味を直球で味わうなら「ざるそば」をチョイスすべし。まるで日本蕎麦を手繰るかのように、スルッと喉を通っていく。

塩そば
880円

黄金色のスープは約20種類もの天然素材からとるダシで構成されており、舌に染み入るような深い旨みがある。飲み干してしまうほどすっきりとした味わいだ

おとなのカレー
380円

丸鶏、ガラ、手羽などを炊いた鶏スープがベースで、濃厚な中にもキレのあるスパイス感が光っている

特製塩ざるそば
1100円

冷水で〆た麺はさらなるコシが生まれ、弾力ある歯応えも堪能。最後はつけ汁に麺の茹で汁を注ぎ、蕎麦湯風にいただく

お店からの一言

オーナー 大谷高廣さん

「大人にも子供にも身体にやさしいラーメンです」

おとなの塩sobaの店舗情報

[住所]埼玉県川口市上青木西1-19-34 スズキビル1階 [TEL]048-234-7479 [営業時間]11時~14時半、18時~20時(夜は金・土・日・祝のみ)※ランチタイム有 [休日]木(祝日は営業) [席]カウンターあり、全10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR京浜東北線西川口駅東口から徒歩18分


電話番号 048-234-7479

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。
琥珀色のスープに映える黄が鮮やかな薄焼き卵、青菜の青、中央にあしらうナルトまで、完璧に配された見た目と味、その全ての要素が90年近く受け継がれる店の源、中華そばだ。作り上げたのは店主・久保さんの祖父である初代。
チャーハンを頬張る学生の横で餃子とビールを楽しむサラリーマン。大井町で長年愛される中華料理店の変わらぬ日常。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル