MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おとなの塩soba(ラーメン/西川口)|化学調味料不使用の体に優しい軽やかなラーメンが旨い♪

おとなの塩soba(ラーメン/西川口)|化学調味料不使用の体に優しい軽やかなラーメンが旨い♪

「最近ラーメンはちょっと重くて……」そんな“おとな”世代にうれしい一杯を作るのが、オーナーの大谷さん。鶏、和風、海鮮の3種類のダシを合わせたトリプルスープは、分厚い旨みがありながらも軽やかな仕上がり。

perm_media 《画像ギャラリー》おとなの塩soba(ラーメン/西川口)|化学調味料不使用の体に優しい軽やかなラーメンが旨い♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

おとなの塩soba(最寄駅:西川口駅)

無化調&国産小麦粉で身体にやさしく、世代を問わない旨さ

化学調味料不使用の上品でおだやかな味わいだ。さらに麺は国産小麦粉を店内の一画に設けた工房で打った自家製で、絹のようになめらかな舌触りと歯切れの良さがなんとも爽快。麺自体の風味を直球で味わうなら「ざるそば」をチョイスすべし。まるで日本蕎麦を手繰るかのように、スルッと喉を通っていく。

塩そば
880円

黄金色のスープは約20種類もの天然素材からとるダシで構成されており、舌に染み入るような深い旨みがある。飲み干してしまうほどすっきりとした味わいだ

おとなのカレー
380円

丸鶏、ガラ、手羽などを炊いた鶏スープがベースで、濃厚な中にもキレのあるスパイス感が光っている

特製塩ざるそば
1100円

冷水で〆た麺はさらなるコシが生まれ、弾力ある歯応えも堪能。最後はつけ汁に麺の茹で汁を注ぎ、蕎麦湯風にいただく

お店からの一言

オーナー 大谷高廣さん

「大人にも子供にも身体にやさしいラーメンです」

おとなの塩sobaの店舗情報

[住所]埼玉県川口市上青木西1-19-34 スズキビル1階 [TEL]048-234-7479 [営業時間]11時~14時半、18時~20時(夜は金・土・日・祝のみ)※ランチタイム有 [休日]木(祝日は営業) [席]カウンターあり、全10席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR京浜東北線西川口駅東口から徒歩18分


電話番号 048-234-7479

撮影/小島 昇 取材/菜々山いく子

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。
爽快な柚子の香りを鼻先に感じつつ、スープを舌に広げたら、名古屋コーチンや大山どりの深いコクがじんわりとやってくる。後味にはごく最近になって素材に加えたというムール貝の風味も重なって、複雑な余韻を楽しめる。
「大人も美味しく食べられるあっさり味噌ラーメンを!」という想いから、修業先である目黒の名店『かづ屋』の「支那ソバ」をベースに、本家にはない「味噌そば」を独自に開発。開業当初こそサブ的な扱いだったが、低加水の細麺で楽しむ孤高のあっさり味噌ラーメンとして、同店の看板メニューにのし上がった。
ここへ来たら“タンギョウ”(タンメン+餃子)で注文すべし。キャベツたっぷりのタンメンは、野菜の甘み際立つライト系。
ラーメン好きならばこの店名にピンとくるはず。こちらの「中華そば」は、東京を代表する醤油ラーメンだ。
最新記事
端正な蕎麦だけが蕎麦屋の魅力ではない。蕎麦だけでなく丼ものやカレーなんてのもしみじみ旨い懐の深さ。そんな肩肘はらず、定食屋使いができる町の蕎麦屋を集めてみました。ここではカツ丼が美味しいお店をご紹介します。
東京・表参道にある新潟県のアンテナショップで、食欲がそそられる一品を見つけました。老舗蒲鉾店「竹徳かまぼこ」の人気ナンバーワン「煮玉子しんじょう」です。丸いしんじょうをふたつに割ると、とろとろの半熟玉子が現れました。
人気店『マル・デ・クリスチアノ』がバカリャウ料理専門店に生まれ変わった! バカリャウとは、塩漬けの鱈の干物。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回はついに海外へ。インドのストリートフードを伝えるYouTube動画をご紹介。ちょっと刺激的なハードボイルド映像の数々、心してご覧あれ。
その丼の中の小宇宙に一瞬で虜になってしまった。香味油がキラキラと反射する奥深き黄金の海。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル