MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
三ん寅(ラーメン/江戸川橋)|絶品の札幌味噌ラーメン!味噌とラードのコク、濃厚スープがクセになる♪

三ん寅(ラーメン/江戸川橋)|絶品の札幌味噌ラーメン!味噌とラードのコク、濃厚スープがクセになる♪

札幌味噌の超名店『すみれ』の味に惚れ込み、18年間修業を積んだ店主が満を持して独立。その味の変遷も知り尽くすが、「店を開くならば、25年前、初めて食べた時に受けたインパクトを自分なりに表現したい」と決めていたそう。

perm_media 《画像ギャラリー》三ん寅(ラーメン/江戸川橋)|絶品の札幌味噌ラーメン!味噌とラードのコク、濃厚スープがクセになる♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

三ん寅(最寄駅:江戸川橋駅)

わずか5軒しか存在しない本家『すみれ』のお墨付き店

『すみれ』といえば丼を覆う分厚いラードとガツンとした飲み口が印象的だが、スープは意外にも豚清湯を使っている。乳化させるとくどくなるので、スープは絶対に濁らせないそうだ。ただし、「作りたては爽やかすぎるため、継ぎ足しのスープと合わせることで重厚感を出している」とも。本家よりもスープの濃度を高め、味噌は甘めにし、かつてのインパクトを再現した。

味噌らーめん
850円

麺は加水率高めの玉子麺。ちぢれは強めで、熱々のスープでものびにくいプリッとした食感のものを合わせる。途中、スープにショウガを溶かすと後味がさっぱりとして、最後まで飽きずに楽しめる

醤油らーめん、煮玉子
850円、150円

実は味噌をも凌ぐ人気を誇り、これしか食べない常連客も多いそう。タレは濃口醤油とチャーシューダレを合わせてじっくり7~8時間煮詰めて作ったもの。鍋肌でほんのり焦げた醤油のビターな風味がクセになる

お店からの一言

店主 菅原章之さん

「『すみれ』を初めて食べた時の感動の味を再現しました!」

三ん寅の店舗情報

[住所]東京都新宿区山吹町362 プレステージ362 [TEL]03-6265-3989 [営業時間]11時~15時LO、17時半~20時LO ※ランチタイム有 [休日]不定休 [席]カウンターあり、全17席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線江戸川橋駅1b出口から徒歩1分


電話番号 03-6265-3989

撮影/小島 昇 取材/松井さおり

2020年2月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル