MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
とんかつ あけぼの(とんかつ・牛かつ/有楽町)ここのカツ丼は生涯最高!惚れ込むファンが後を絶たない!

とんかつ あけぼの(とんかつ・牛かつ/有楽町)ここのカツ丼は生涯最高!惚れ込むファンが後を絶たない!

開店のゴングが鳴ると、たちまち大行列が。有楽町に暖簾を掲げて58年。上質なラードで揚げるカツを頬張ると、サックサクの衣と溢れる肉汁に、もうめろめろ。

perm_media 《画像ギャラリー》とんかつ あけぼの(とんかつ・牛かつ/有楽町)ここのカツ丼は生涯最高!惚れ込むファンが後を絶たない!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

とんかつ あけぼの(最寄駅:有楽町駅)

行列必至でも逢いに来て! 有楽町の殿堂入りカツ丼

なかでも「ここのカツ丼は生涯最高!」と惚れ込むファンは後を絶たない。家族経営を率いるのは2代目の中村文造さん。「油の弾ける音のリズムや、お客さんの立てる食事の音。すべてに耳を研ぎ澄ましながら、カツの揚げ具合やオペレーションに気を配ります」。職人技が凝縮されたカツ丼は、てっぺんのインゲンまでもが神々しい。羽釜で炊くコシヒカリの美味しさにも泣ける。この立地、このクオリティで1000円。もはや奇跡だ。

かつ丼
1000円

ラードの旨みを纏った衣は、卵でとじてもサックリ感が残るように計算。煮干しでダシを取った丼つゆの塩梅も絶妙だ

サービス定食(四種盛)
1300円

ヒレカツ、アジフライ、エビフライ、カニコロ。ご飯、キャベツ、味噌汁はお代わり無料

お店からの一言

店主 中村文造さん

「タルタルソースやお新香も自家製にこだわった自慢の味です!」

とんかつ あけぼのの店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館地下1階 [TEL]03-3211-3934 [営業時間]11時~15時、17時半~20時、水11時~15時 ※ランチタイム有 [休日]土(不定休)・日・祝 [席]カウンターのみ、全11席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか有楽町駅D8出口直結


電話番号 03-3211-3934

撮影/谷内啓樹 取材/林 匠子

2020年3月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
業界は豚肉の部位食べ比べの波がきている。コース専門の珍しいとんかつ料理店として昨年夏に開店したのが『銀座かつかみ』。
とんかつ好きなら誰もが憧れる高級とんかつ。それは一体、如何なるものか? ちょっぴり高いけど払うだけの価値があるその魅力を確かめに、潜入取材してきました。
ブランドビルが立ち並ぶ7丁目の路地裏。昭和2年に洋食店として創業し、昭和45年に現在のとんかつ店として暖簾を掲げた。
「焼きかつ」とはその名の通りフライパンで一枚ずつ揚げ焼きしたとんかつのこと。『上野精養軒』で修業した初代がフランス料理の“コートレット”を元にアレンジした、昭和12年の創業からの看板だ。
最新記事
ゲンコツと背ガラ、豚足で炊く豚骨100%のスープは、近年稀に見るこってり度。どろりと濃厚、あえてざらつきを残してワイルドに仕立てているが、豚骨臭は皆無で驚くほどクセがない。
スープと同じくラーメンの味を左右する麺。自家製麺の店も増えているが、今回は業界を代表する 3つの製麺所に注目。『おとなの週末』ライター肥田木が取材しました。それぞれの麺作りの姿勢は……いやあ、こうも奥深いものとは。感動を呼ぶ(?)麺物語。今回は浅草開化楼!
わずか6席のカウンター空間は店主の三浦さんが繰り広げる舞台だ。磨き上げられた厨房が美味の時間を予感させる。
油揚げは、刻んでお味噌汁に入れたり、柔らかく煮たあとにすし飯を入れてお稲荷さんにしたり……。そんなイメージがありますが、ステーキのように焼く食べ方で熱い支持を得ている油揚げが北陸にあります。「谷口屋の、おあげ」のことです。
こちらは渋谷の人気店『鬼そば 藤谷』が手掛ける甲殻類ラーメンの専門店。看板は、2019年10月に行われたNYラーメンコンテストで優勝を果たした「ロブスター味噌らぁ麺」。
get_app
ダウンロードする
キャンセル