MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
西多摩・青梅ではマジなパプアニューギニア料理を体験できる……らしい

西多摩・青梅ではマジなパプアニューギニア料理を体験できる……らしい

なかなか海外に行けない今、知っておきたい店がある。そこに行けば、ある国へ行った気分になれるという。ここは青梅か、パプアニューギニアか……。現地の潜入ルポをお届けします。

perm_media 《画像ギャラリー》西多摩・青梅ではマジなパプアニューギニア料理を体験できる……らしいの画像をチェック! navigate_next

パプアニューギニアと聞いて思い浮かぶのは……?

パプアニューギニアと聞いて、どんなイメージが浮かぶだろうか。その位置は把握していたけれど、地理的にオセアニアに属することを私は知らなかった。そして国の印象は、失礼ながら皆無だ

今回、担当編集者が見つけた店『ニウギニ』。それが青梅にあると聞いて私は耳を疑った。パプアニューギニア料理の店が青梅に? 確か熱帯の島国だから、まだ“青海”の方が納得もいく。しかしそれはもちろんお台場ではなく、新宿から特快に揺られて1時間、山々に抱かれた青梅の地にあったのだ。

お寺の中に店が……!!

地図を見ると駅からそう遠くない。しかしやたらと坂を下ったり登ったり。ようやく着いたと思ったら、今度は寺の石段が。

『ニウギニ』は「清宝院」の中にあったのだ。

境内には道順を示す看板が出ているものの、それでもやたらと迷わせる。やっと辿り着くと、それは寺の境内にある普通の民家。ただ庭にはバショウ(ジャパニーズバナナ)の木が、厳冬でもすくっと茂っていた。

店内は意外や意外、爽やかなカフェ風。しかしあちこちに頭蓋骨のような置物がある。

「向こうの部族をモチーフにしています。マッドメン(泥の男)の異名があるんですよ」と教えてくれる常連さん。そして鼻に棒(ヒクイドリの骨)を挿し、頭にトサカのような被り物(ヒクイドリの羽根)をした店主が現れる。

ついに対面のときと身構えるも「アポ・ホリグチといいます。よろしくお願いいたします」と思わぬ低姿勢に拍子抜け。

南国定食(1500円)

パプアニューギニア料理のプレート「南国定食」を注文すると、付き添って丁寧すぎるほどに説明してくれる。サツマイモは庭に生えたバナナの皮で包んで蒸すが、これが甘いこと! 爽やかな味わいの焼き&揚げバナナが現地では主食だそうだ。

そして、ご飯には即席麺が。「スープも入れてクタクタに炊いてのせます」。炭水化物オン炭水化物も、食材が豊富ではない現地で人々が考えた生活の知恵だ。

現地のコーヒー。1杯600円で提供

「子どもの頃に世界紀行の番組で見て憧れの地だったんです」。30代でパプアニューギニアの村を訪れたアポさん。以降は毎年訪れる蜜月ぶり。また店では現地の料理だけでなく、蕎麦の実を石臼で挽いて打つ蕎麦やカレーも提供

いにしえ蕎麦(1500円)。つけダレに魚のダシを使わないくるみ汁が提供される

今や後者目当ての客が多いが、集う人が増えるほど、パプアニューギニアの情報も発信されるだろう。海から離れた青梅から、熱帯の島国の魅力が広まり始めている。

店主 アポ・ホリグチさんと担当記者のO
マッドメンマスクを被ってアポさんと記念撮影!

[住所]東京都青梅市大柳町1203 清宝院内
[電話]050-1282-1799
[営業時間]HPをチェック
[休日]HPをチェック
※売り切れ終い



撮影・取材/岡野孝次

※店のデータは、2021年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル