MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
美味しいビール揃ってます! グランスタ東京のほぼ全泡制覇

美味しいビール揃ってます! グランスタ東京のほぼ全泡制覇

東京駅はビアスポット激戦地。2020年8月に開業したグランスタ東京にある最新店を、年間約300杯は呑んでいるビール好き編集・戎が巡りました。

perm_media 《画像ギャラリー》美味しいビール揃ってます! グランスタ東京のほぼ全泡制覇の画像をチェック! navigate_next

ニッポンのビールを実感!!

『DEPOT』のスイングカラン サッポロ黒ラベル(680円)

まずは、丸の内と八重洲を結ぶ北地下自由通路沿いにある『DEPOT』。

昔ながらのスイング式で注ぎ口が蛇口という“スイングカラン”でサッポロ黒ラベルを飲ませてくれる。薄張りグラスでお出ましだ。

きめ細かい泡の後から麦汁がクーッと喉を伝い、麦芽の香りが鼻を抜ける。プハァ、 これぞニッポンのビール。 旨い!

ビールのお供に、どうしても食べたかった「ナポリタン」を注文。浅草開化楼の低加水麺を使ったパスタは極太で、もっちもち! ピーマンのザクザク食感も小気味よく、ペロリと完食。

『DEPOT』のミルコ(690円)。
競走馬・ソダシもビックリの真っ白さである

デザートってわけじゃないけど、ここで飲みたかったビールをオーダーした。ミルコだ。なんとこちら、グラスの9割が泡という代物。飲むと淡雪のごとく、クリーミーな泡が飛び込む。かすかに残る麦の香りがいい。

ついにミルコまで飲めるようになるとは、東京駅はつくづくビールタウンだと思う。

大好きな「SORACHI」もあるが、他の店も制覇したいので我慢。バーのようなレトロな雰囲気がたまらない『DEPOT』、また来たいなぁ。

ミルコ、おかわり!

『Tokyo Station Beer Stand』のKALAKUCHI MILKO(550円)。
競走馬・シロニイもビックリの真っ白さである

このミルコ、改札内の『Tokyo Station Beer Stand』でも飲める。入場券を買って改札へGO!!

スーパードライで作るそれは、あの極上のキレを泡が包み込むことで、飲み口が軽くなり、スッと胃袋に収まった。

メキシコからのイタリア! ビールで海外トリップ

『北出タコス』の本日のクラフトビール、MURAKAMI SEVEN IPA(858円)

そのまま改札内を闊歩し、『北出TACOS』へ。日本橋の人気店『北出食堂』がタコスに特化した店だ。

編集の武内から「メキシコビールがある」と聞いていながら、クラフトビール好きの私、大手メーカーのビールが続いたので、「本日のクラフトビール」の誘惑に負けて、そっちを呑んでしまう。ごめんなさい。

「MURAKAMI SEVEN IPA」というスプリングバレーブルワリーのビール。欲していたホップ由来の柑橘の香りに「コレコレ!!」と思わず口を突く。

『東京パニーノ アロマフレスカ』のペローニ ナストロアズーロ(880円)

そして1階へ上がり、『東京パニーノ アロマフレスカ』でイタリアビール「ペローニ ナストロアズーロ」の生をいただく。

これがキレがあって爽快感抜群。1杯目に最高だが、もうすでに4杯呑んでいる。それでも口当たりの良さからグビッと飲み干す。

大好きなクラフトビールでフィニッシュ!!

『常陸野ブルーイング 丸の内』のニッポニア(750円)

最後は、大好きなクラフトビールを。

丸の内1階北改札を出て左手にある『常陸野ブルーイング 丸の内』だ。ネストビールを全10種類取り揃えている。イートインはもちろんのこと、テイクアウトも可能。ここでは「SORACHI」のリベンジとばかりに、ホップ・ソラチエースを使った「ニッポニア」を選んだ。

写真を撮るまでに我慢できずに少し呑んでしまってるのはご愛嬌

外で東京駅舎を見ながら“ソーシャルディスタンス呑み”でほっこり。

ソラチエースの杉やヒノキ、レモングラスのような香り(個人的にはブルーチーズを思わせる味だと思っている)が好きなので満足。苦み、コクもしっかりしている。〆にピッタリ! これだけバーッと飲めばお腹がたぷたぷ。

このように東京駅丸の内駅舎を見ながら飲むのもよし、新幹線のお供にしてもよし。想像が膨らむグランスタ東京のビール巡り、楽しいぞ!


※店のデータは、2021年1月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
当サイトでグルメ系YouTubeを紹介しているライター・菜々山いく子。無類のTKG好きである彼女が、つい何度も見てしまう卵かけご飯動画を厳選。見ると必ずTKGが食べたくなること必至です!
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から、山下達郎が登場します。第1回は、山下達郎へのインタビューを通じて「アーティスト」の呼称について考えます。
北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」のプライベートブランド(PB)商品を、大手ドラッグストアチェーン「ウエルシア」など道外の小売店でも見かける機会が増えました。セイコーマートを運営するセコマ(本社・札幌市)が道外にも商品を卸す外販事業に注力しているためです。同社執行役員で広報部部長の佐々木威知さんにその理由についてオンラインで聞くと、北海道への熱い思いが伝わってきました。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
最新記事
丁寧なスジ切りをし、粗めの衣で揚げられたカツは香ばしく、さっくり噛み切れる柔らかさ。サワラや牡蠣など季節の魚介フライも用意されており、様々な美味しさを楽しめるのも魅力だ。
北海道では秋が収穫どきな小豆。そんな、今まさに旬!な小豆を使った「あんパン」と「あんバター」から、厳選された逸品をご紹介します。昔ながらのあんパン派の『おとなの週末』ライター池田と、今どきのあんバター派の編集・戎によるあんこバトルも開戦?
芸能界イチのパン好き女優・木南晴夏さん。好きが高じて2020年3月に自身初となる著書『キナミトパンノホン』を上梓しました。東京を中心に関東のパン屋さんから9カテゴリ全48軒が登場しています。その中から、オンラインショップでも買える5軒を厳選。木南さん本人のおすすめポイントと共にご紹介します。
読者の皆さん(特に男性)、異国情緒あふれるお洒落な店内に尻込みするべからず。何てったってココは極旨のローストポークがあるんだから! 
コロナ禍で、食材や料理を産地から新幹線で直送するニュースを見かけます。それを超えるスケールで展開するのが「サバヌーヴォー」。ノルウェーから飛行機で水揚げから約60時間でやってくるのです。しかもこれが相当な美味というのです。サバジェンヌ渾身のレポートをご覧あれ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル