MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
コラム
まとめ記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
美味しいビール揃ってます! グランスタ東京のほぼ全泡制覇

美味しいビール揃ってます! グランスタ東京のほぼ全泡制覇

東京駅はビアスポット激戦地。2020年8月に開業したグランスタ東京にある最新店を、年間約300杯は呑んでいるビール好き編集・戎が巡りました。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ニッポンのビールを実感!!

『DEPOT』のスイングカラン サッポロ黒ラベル(680円)

まずは、丸の内と八重洲を結ぶ北地下自由通路沿いにある『DEPOT』。

昔ながらのスイング式で注ぎ口が蛇口という“スイングカラン”でサッポロ黒ラベルを飲ませてくれる。薄張りグラスでお出ましだ。

きめ細かい泡の後から麦汁がクーッと喉を伝い、麦芽の香りが鼻を抜ける。プハァ、 これぞニッポンのビール。 旨い!

ビールのお供に、どうしても食べたかった「ナポリタン」を注文。浅草開化楼の低加水麺を使ったパスタは極太で、もっちもち! ピーマンのザクザク食感も小気味よく、ペロリと完食。

『DEPOT』のミルコ(690円)。
競走馬・ソダシもビックリの真っ白さである

デザートってわけじゃないけど、ここで飲みたかったビールをオーダーした。ミルコだ。なんとこちら、グラスの9割が泡という代物。飲むと淡雪のごとく、クリーミーな泡が飛び込む。かすかに残る麦の香りがいい。

ついにミルコまで飲めるようになるとは、東京駅はつくづくビールタウンだと思う。

大好きな「SORACHI」もあるが、他の店も制覇したいので我慢。バーのようなレトロな雰囲気がたまらない『DEPOT』、また来たいなぁ。

ミルコ、おかわり!

『Tokyo Station Beer Stand』のKALAKUCHI MILKO(550円)。
競走馬・シロニイもビックリの真っ白さである

このミルコ、改札内の『Tokyo Station Beer Stand』でも飲める。入場券を買って改札へGO!!

スーパードライで作るそれは、あの極上のキレを泡が包み込むことで、飲み口が軽くなり、スッと胃袋に収まった。

メキシコからのイタリア! ビールで海外トリップ

『北出タコス』の本日のクラフトビール、MURAKAMI SEVEN IPA(858円)

そのまま改札内を闊歩し、『北出TACOS』へ。日本橋の人気店『北出食堂』がタコスに特化した店だ。

編集の武内から「メキシコビールがある」と聞いていながら、クラフトビール好きの私、大手メーカーのビールが続いたので、「本日のクラフトビール」の誘惑に負けて、そっちを呑んでしまう。ごめんなさい。

「MURAKAMI SEVEN IPA」というスプリングバレーブルワリーのビール。欲していたホップ由来の柑橘の香りに「コレコレ!!」と思わず口を突く。

『東京パニーノ アロマフレスカ』のペローニ ナストロアズーロ(880円)

そして1階へ上がり、『東京パニーノ アロマフレスカ』でイタリアビール「ペローニ ナストロアズーロ」の生をいただく。

これがキレがあって爽快感抜群。1杯目に最高だが、もうすでに4杯呑んでいる。それでも口当たりの良さからグビッと飲み干す。

大好きなクラフトビールでフィニッシュ!!

『常陸野ブルーイング 丸の内』のニッポニア(750円)

最後は、大好きなクラフトビールを。

丸の内1階北改札を出て左手にある『常陸野ブルーイング 丸の内』だ。ネストビールを全10種類取り揃えている。イートインはもちろんのこと、テイクアウトも可能。ここでは「SORACHI」のリベンジとばかりに、ホップ・ソラチエースを使った「ニッポニア」を選んだ。

写真を撮るまでに我慢できずに少し呑んでしまってるのはご愛嬌

外で東京駅舎を見ながら“ソーシャルディスタンス呑み”でほっこり。

ソラチエースの杉やヒノキ、レモングラスのような香り(個人的にはブルーチーズを思わせる味だと思っている)が好きなので満足。苦み、コクもしっかりしている。〆にピッタリ! これだけバーッと飲めばお腹がたぷたぷ。

このように東京駅丸の内駅舎を見ながら飲むのもよし、新幹線のお供にしてもよし。想像が膨らむグランスタ東京のビール巡り、楽しいぞ!


※店のデータは、2021年1月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
自然派医師・本間真二郎さんの腸内細菌を元気にする日々の食卓。2回目は自作の「しょうゆ麹」を使った春のおかずです。しょうゆに米麹を加えて発酵させた調味料がしょうゆ麹。野菜や豆腐との相性も抜群です。
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べました。鶏肉に続き、今回は牛&豚肉を実食!!
自給自足に近い暮らし方を実践中の自然派医師・本間真二郎さん。米や野菜だけでなくふだん店で買うような加工食品までも手づくりし、腸内細菌を元気にしています。そんな日々の食卓を3回に分けて拝見。1回目は「手づくりがんもで作る熱々おでん」です!
冬に軽トラでやってくる「い〜しや〜き〜いも〜」の声と、甘いイモの香りに誘われて石焼きイモを買った人は数多くいるでしょう。では、石焼き芋の石って、そもそもなぜ石で焼くのか? では石だと何がいいのか? 知ってるようで知らない謎を石屋さんに直撃しました!
「非常食」「保存食」のイメージが強い缶詰は、今や「日常食」と呼べるほど、素材や味のラインナップが豊富。そこで、どれが美味しいのか探るべく、巷のスーパーで売られている缶詰を購入し、おと週の編集&ライターが食べ比べてみました。今回は鶏肉の缶詰!
最新記事
自然派医師・本間真二郎さんの腸内細菌を元気にする日々の食卓。2回目は自作の「しょうゆ麹」を使った春のおかずです。しょうゆに米麹を加えて発酵させた調味料がしょうゆ麹。野菜や豆腐との相性も抜群です。
ガッツリ食べたいときも、年末年始でお疲
れ気味のときも、どんと来いなのがこちら。「大阪讃岐うどん」の旗手が提供するのは、茹で置きは一切しない、釜抜きでむっちりとした食感が魅力のうどん。
ここでいきなりクイズです。本記事で紹介する9つの丼はどこのものでしょうか? 正解は記事の最後をご覧ください。店名なんて先入観を捨て、まずは価格と写真を見よ!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
人気のサバ缶に新たな商品が登場。それも恐らく業界初という。以前紹介したチョコのサバ缶とはまた違う異色なもの。一体どんな味なのか、サバジェンヌが実食しました。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル