MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
うどん!? 担々麺!? 東京で唯一無二の醤油ラーメン

うどん!? 担々麺!? 東京で唯一無二の醤油ラーメン

ラーメンは日々進化し続けています。その中でも、2020年にお目見えした醤油ラーメンはインパクト抜群。もちろん、味も絶品です。そんな、ココでしか食べられない一杯をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》うどん!? 担々麺!? 東京で唯一無二の醤油ラーメンの画像をチェック! navigate_next

【きつねラーメン】ふわっふわの大判お揚げから甘い煮汁がじゅわり!

中華蕎麦 きつね
(芦花公園)

中華蕎麦(850円)
分厚いお揚げは重ねると潰れてふわふわ感が損なわれてしまうため、日に何度も仕込んでいる

「ラーメンのトッピングにお揚げ?」という違和感も、ひと口かじれば一気に吹き飛ぶ。

青森からわざわざ取り寄せるというふわっふわのお揚げからはじゅわりと甘めの煮汁があふれ出し、ダシ感を強調させたスープと驚きのマリアージュで魅了する。

お揚げの存在を際立たせるため、スープの塩分は強めにチューニング。白醤油ベースのタレでダシの印象を強めたスープにお揚げの甘い煮汁が混ざることで、少しずつ表情が変わっていくところも面白い。

ラーメンの無限の可能性を感じさせる一杯だ。

[住所]東京都世田谷区南烏山3-3-1
[電話]非公開
[営業時間]11時~20時※スープが無くなり次第終了
[休日]水(臨時休業あり)
[交通]京王線芦花公園駅北口から徒歩1分

【うどん系ラーメン】うどんを極めた店主が粉から手打ちする中華麺

粉麺小屋
(新中野)

中華そば 中(880円)
豚肩ロースのレアチャーシューにつくねなど具材も楽しい

四半世紀以上もの間、うどんを打ち続けた店主が、その集大成として手打ち麺でのラーメン作りに乗り出した。

温度管理した熟成庫で2日間寝かせた麺は、跳ねるようなコシを感じた後から、力強い小麦の風味が広がり、それがひと啜りごとに増していく。

スープは丸鶏やモミジなどの動物系に、頭と腹ワタを除いた瀬戸内産の煮干しのダシをブレンド。雑味のない透き通るような旨みと、天然素材を積み重ねた香りの深さに惚れ惚れする。

麺をがっつり味わうなら上質なオランダ産カメリアラードを使った油そばを!

麺作りは生地伸ばしや包丁切り、そして熟練の経験が必要な手揉みまで、すべて手作業で行う

[住所]東京都中野区本町3-32-17
[電話]03-3378-9292
[営業時間]11時半〜14時半、18時〜20時(土は昼のみ)
[休日]日・祝
[交通]地下鉄丸ノ内線新中野駅3番出口から徒歩7分

【醤油坦坦麺 】まさに前代未聞! 醤油スープのあっさり担担麺

人類みな麺類 RED
(赤坂)

担担麺 原点(1350円)
黒ゴマ入りの自家製麺は足で踏んで生地を鍛えているため、むちっと独特の弾力がある

大阪の大人気店『人類みな麵類』の醤油ラーメンを担担麺風にアレンジ

ベースは鶏ガラで炊いたダシに醤油ダレを合わせたシンプルなスープで、魚介で香り付けた特製ラー油を加えている。

面白いのは芝麻醤を使わないということ。その代わりに、黒ゴマを練り込んだ自家製麺と和歌山青山椒の香り、醤油と砂糖で炊いた肉味噌で坦坦麺感を演出している。

ほのかなカラシビにアクセントを加えるのは南高梅のやさしい酸味。やさしい醤油スープなのに、それでもちゃんと担担麺として着地しているからすごい。

ラー油はカツオ節やサンマ節などで香り付けて作る

[住所]東京都港区赤坂3-13-14
[電話]050-3138-6137(予約専用)
[営業時間]11時~翌5時
[休日]無休
[交通]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩1分

どれも一風変わった醤油ラーメン。まさに唯一無二と呼べるビジュアルと味、一度ご賞味あれ。


撮影/西﨑進也、小島 昇(粉麺小屋) 取材/松井さおり、菜々山いく子(粉麺小屋)
※店のデータは、2021年2月号発売時点の情報です。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
麺モノはまさしくタンメンのみ。昼時ともなればこの一杯を求め、新橋界隈のビジネスマンが行列を作るのだ。
琥珀色のスープに映える黄が鮮やかな薄焼き卵、青菜の青、中央にあしらうナルトまで、完璧に配された見た目と味、その全ての要素が90年近く受け継がれる店の源、中華そばだ。作り上げたのは店主・久保さんの祖父である初代。
チャーハンを頬張る学生の横で餃子とビールを楽しむサラリーマン。大井町で長年愛される中華料理店の変わらぬ日常。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル