MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
魅惑のスパイスライス「ビリヤニ」がキてます

魅惑のスパイスライス「ビリヤニ」がキてます

カレーの要であるスパイスをまとったご飯「ビリヤニ」は、スパイスカレーとはまた別次元の旨々メニュー! しかも最近、じわじわとファンが増殖中。注目&食べどきの、スパイスフード界のキラーメニューなのです!

perm_media 《画像ギャラリー》魅惑のスパイスライス「ビリヤニ」がキてますの画像をチェック! navigate_next

【野菜ビリヤニ】エキゾチックなスパイス香るリッチな味わい

南インド料理 ダクシン 八重洲店
(東京駅)

南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。

チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。海外で仕事をした商人が多く住むことから、インドではあまり使わない八角などのエキゾチックなスパイスを取り入れるのも特徴。スパイスを贅沢に使うので香りも味わいも豊かで鮮やか。

野菜ビリヤニ(1269円)

同じくチェティナード風のチキンカレーなどもおすすめだ。

チェティナード・チキンカリー(1458円)

ビリヤニ以外の米料理も豊富で、なかでも珍しいバンガロール地方のおじや「ビシベレバット」は未知の米の美味しさ!

ビシベレバット(1269円)

[住所]東京都中央区八重洲2-5-12 プレリービル地下1階
[電話]03-6225-2640
[営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)、土・日・祝 ~22時(21時LO)
※木・金、ならびに混雑時は2時間制
[休日]無休
[交通]JR中央線ほか東京駅八重洲南口から徒歩5分

【定食ビリヤニ】おかず豊富で好きな具材をチョイス可能

ビリヤニ食堂
(北千住)

民家を改装したおしゃれなビリヤニ専門店。

ビリヤニは4種の具材から選ぶ定食スタイルで、ミントとピスタチオのポテトサラダ、パクチーとココナッツの豆乳オムレツ、スリランカ料理のルヌミリス(ふりかけ)、マッルン(野菜料理)など8種の副菜付き

ホロホロスペアリブのビリヤニ(1350円)

食後のデザートやチャイの用意もある。

大人のカスタードプリン(454円)

[住所]東京都足立区千住2-31
[電話]03-5284-8375
[営業時間]12時~15時LO
[休日]月~木、不定休あり
[交通]地下鉄千代田線ほか北千住駅4番出口から徒歩4分

【マトンビリヤニ】この街のを食べずには何も語れない

エリックサウス マサラダイナー
(渋谷)

『エリックサウス』各店のなかでもモダンスタイルを提案するこちら。

ここのビリヤニは、メッカとして知られるインド中南部の街ハイデラバード式だ。ココットで炊き上げるビリヤニはフタを開けてびっくり。

ハイデラバード風 骨つきマトンビリヤニ(1458円)

白いご飯が来たかと目を疑うが、2段重ねのうな重のように米と米の間にマサラ(スパイシーなソース)が挟まっている

層を崩さずに取り分け、あえて“味のムラを楽しむ”ため、軽く混ぜるのが正解。骨付きマトンなのでかぶりつくときは気を付けて。

カレイのミーンモーレーパンケーキドーサ添え(1296円)

[住所]東京都渋谷区神宮前6-19-17 GEMS神宮前5階
[電話]03-5962-7888
[営業時間]11時半〜15時(14時半LO)、17時半〜23時(22時LO)
[休日]無休
[交通]JR山手線ほか渋谷駅西口から徒歩8分

カレー好きでご飯好きならビリヤニも絶対好き!

スパイスで炊き上げたインドの米料理「ビリヤニ」をご存じだろうか? スパイシーな炊き込みご飯といった風情で、熱々のご飯にスパイスの刺激がピリっと走り、思わず「うまーい!」と叫んでしまう。米好き日本人の心を蕩かす魔物ですよ、これ。

インド全域で食べられているビリヤニのルーツは諸説あり、一説ではペルシャから伝わった料理がインド料理と出合って生まれたとか。現在のパキスタン辺りがその発祥という。このビリヤニが日本でブームを巻き起こしている。

かつてはディナーで見かける程度だったが、今やランチの定番に昇格した注目株。ビリヤニめがけて食べ歩く人も多く、人気店ともなれば週末ランチは売り切れ必至とか。

具材や調理法、地方色などビリヤニには様々なタイプがある

例えば『南インド料理ダクシン』の野菜ビリヤニは、鼻に抜けるスパイスの高貴な芳香がカレー好きの心をくすぐる逸品。ふんわかライスとホクッと崩れるニンジンやじゃがいもが口中で溶け合うのがたまらない。

名物はビリヤニという街、ハイデラバードのレシピで出すのは『エリックサウス マサラダイナー』。生の肉を米と一緒に炊くハイデラバード式なので骨付きマトンから染み出た旨みが米に溶けこんでいる。実はひとりでビリヤニを頼むツワモノも少なくないそうで、炊きあがりを待つ間のおつまみを付けたカウンター限定おひとりさまセットもあるほど。

こうしてビリヤニ人気は留まるところを知らず、専門店もどんどん増えている。北千住に今年オープンした『ビリヤニ食堂』もそのひとつ。ビリヤニに魅せられた店長渡辺さんが作る進化系ビリヤニは、仕上げに梅干しを使うのがミソ。爽やかな酸味と旨みのある塩気にスプーンが止まらない。

余談だけど本格派(?)のビリヤニマスターによれば、時には手で食べてみるのも面白いとか。それはともかく、ビリヤニは料理人や店によっても十人十色のバリエーションが楽しめる料理。至高のひと匙を求めて、ビリヤニホッピングに出かけてみては?

撮影/西﨑進也 取材/岡本ジュン
※店のデータは、2019年8月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
下北沢を、いや東京を代表するカレー専門店。人気のチキン、エビをはじめ、ここのカレーは素材の旨みがしっかり感じられるものばかりで、とにかく旨い。
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
大阪でのブレイクをきっかけに東京でも広まったスパイスカレー。小麦粉不使用が基本であるものの、これといった決まりがないと言います。フリーダムな顔ぶれの中でも美味なる一杯をカテゴリ分けしてお届け!
カレーライスは専門店だけにあらず。喫茶店にも、蕎麦屋にも、店によってはラーメン屋でも、美味しいひと皿があります。しかも、メインメニューに負けない存在感を発揮しているのです。そんな、カレー“も”美味しい店をご紹介します。
日本で独自の進化を遂げて、愛されてきた「カレー」。その進化は様々で、日本で生まれた「蕎麦」と融合したり、中国で生まれた「チャーハン」と手を結んだり。それぞれを存分に楽しめる店をご紹介します。
最新記事
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ドイツの年末の風物詩が横浜で楽しめます。クリスマスまであと1カ月。恒例行事となった横浜赤レンガ倉庫のクリスマスマーケット『Christmas Market in 横浜赤レンガ倉庫』(11月26日~12月25日)が始まります。12回目となる2021年は「ギフト」をテーマとして、日本初上陸のグッズ販売に加えスノードームの手作り体験やファーストクラスの機内食の出店など、普段はなかなか体験できない、思い出に残るスペシャルな催しが盛りだくさんです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル