MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
日仏バル level神楽坂(バル/飯田橋)国産ワインと和フレンチが美味しいバル♪

日仏バル level神楽坂(バル/飯田橋)国産ワインと和フレンチが美味しいバル♪

鮮やかな野菜たっぷりの皿が運ばれてくると、気分も晴れやかになる。同店の人気メニュー「野菜の盛り合わせ」はフレンチでありながらなんとも優しいテイスト。

perm_media 《画像ギャラリー》日仏バル level神楽坂(バル/飯田橋)国産ワインと和フレンチが美味しいバル♪の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

日仏バル level神楽坂(最寄駅:飯田橋駅)

和テイストの優しいフレンチを日本ワインと

というのも、シェフの白神さんは京都の懐石料理出身。そこで培った繊細な食材使いはもとより、味噌やダシを上手に取り入れ、フレンチに滋味深い和の要素をプラスしている。
 合わせるワインは日本ワインを愛するソムリエ・大久保さんが飲み頃を見極めて選んだもの。おひとりさまにはひと皿の量を半分にするなど、ホスピタリティにもあふれている。物腰の柔らかなふたりが迎えてくれるここは、神楽坂の繁華街にありながらもエアポケットのように落ち着ける、大人のための一軒だ。

お野菜の盛り合わせ(4種)、いくらの醤油漬けをのせた嶺岡豆腐、ルバイヤート甲州シュールリー2017
1510円、1020円、880円

ソフトな樽香のあるルバイヤートの甲州は、みずみずしい野菜料理や牛乳から作られるなめらかな嶺岡豆腐と相性抜群

鴨胸肉のグリル無花果とフランボワーズのソース
2783円

厚切りの鴨肉はしっとりジューシーで柔らか。フルーツを使った酸味のあるソースのひと皿には、果実味たっぷりの赤を合わせて。肉料理の付け合わせの野菜も、ふんだんなのがうれしい

長野のドメーヌ・ナカジマの「ペティアン・ナチュール・ロゼ」、 ダイヤモンド酒造の「ダイヤモンド・マスカットベリーA Plus」など

お店からの一言

ソムリエ 大久保修正さん、シェフ 白神美紀さん

「一杯からでも気軽に飲みに来てください」

日仏バル level神楽坂の店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂4-3 TKビル1階 [TEL]03-6280-8220 [営業時間]18時~24時(23時LO)、日~23時(22時LO) [休日]月 [席]カウンターあり、全18席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し代550円別 [交通アクセス]JR総武線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩5分


電話番号 03-6280-8220

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2020年5月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
ああ、体が肉を欲してる! そんな日はこの店へ。人気のグリル盛り合わせは、ひと皿に黒毛和牛、銘柄豚、和牛ハツ(たまに鶏肉!)と肉、肉、肉のオンパレード。
2020年12月7日にオープンした『ebisu NUKA factory.』は、様々な素材を使った“恵比寿ぬか漬け”が楽しめるお店。お酒も含めて健康志向なメニューが揃い踏み!!
カレーは、チキン、ラムキーマビンダル、サメ、チャナマサラ(ひよこ豆)に月替り限定の5種類。ジャスミン米を使ったライスともども、いずれも香りよくスパイシーながらさらさらっとライトで、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、どれにも合う! 
おとなの街・神楽坂の路地裏「かくれんぼ横丁」に浮かぶネオンの看板。ここは地元の八百屋『神楽坂野菜計画』と、農家から直送される果物を使ったサワーが飲める店だ。
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル