MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
太田屋|牛肉たっぷりなのに、脅威のコストパフォーマンス!(弁当/駒場東大前)

太田屋|牛肉たっぷりなのに、脅威のコストパフォーマンス!(弁当/駒場東大前)

精肉店が、社会人にも学生にも大人気の弁当を販売。甘辛いタレでご飯が進む。手軽にガツンとスタミナを付けたいときに選びたい。太田屋 (オオタヤ)[交]駒場東大前から徒歩4分 ※ランチタイム有

太田屋(最寄駅:駒場東大前駅)

精肉店が、社会人にも学生にも大人気の弁当を販売。甘辛いタレでご飯が進む。手軽にガツンとスタミナを付けたいときに選びたい。

牛カルビ弁当
460円

太田屋

東京都目黒区駒場1-27-11 ☎03-3466-4329 [営]9時半〜20時 [休]日・祝 [交]駒場東大前から徒歩4分

電話番号 03-3466-4329
2016年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
海苔の品質にこだわった海苔弁専門店が今年7月にオープン。有明海で獲れた新芽を使った海苔を使用しているため、海苔の"箸切れ"がよく、口の中でやんわり溶けていく。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
『ミシュランガイド東京』で7年連続三ツ星を得た『えさき』の江崎シェフが展開する弁当屋。ご飯にはこんにゃく米を混ぜ、低糖質にこだわる。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7950views ラーメン特集

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt