MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ロイヤルホスト「オニオングラタンスープ」はモンローが愛した味

ロイヤルホスト「オニオングラタンスープ」はモンローが愛した味

ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」の看板メニューのひとつ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」には、知る人ぞ知るエピソードがあります。今から67年前に来日したマリリン・モンローが愛した味だというのです。

perm_media 《画像ギャラリー》ロイヤルホスト「オニオングラタンスープ」はモンローが愛した味の画像をチェック! navigate_next

「ロイヤル中州本店」を訪れた世界の大スター

全国に219店舗を展開するファミリーレストランのロイヤルホストは1971年12月に北九州市で1号店が誕生しましたが、ルーツは53年11月に福岡市で開店した本格的なフランス料理店「ロイヤル中州本店」(現「花の木」)にさかのぼります。

映画スターのマリリン・モンロー(1926~62年)は54年2月、メジャーリーグのヤンキースの名選手だった夫のジョー・ディマジオ(1914~99年)と新婚旅行で来日。福岡も訪れ、ロイヤル中州本店でディナーを楽しみました。その時、モンローはオニオングラタンスープをとても気に入ったといいます。地元の西日本新聞社には、夫妻の食事風景の写真が残っていますが、モンローの手元にオニオングラタンスープが映っています

伝統の味を受け継ぐ逸品

モンローが気に入った味を受け継ぐ「ロイヤルのオニオングラタンスープ」

「ロイヤルのオニオングラタンスープ」は、モンローが好んだ味を手軽な値段で楽しめるようにしたもの。税込み495円(一部店舗は550円)とお手頃です

牛挽肉と香味野菜(玉ねぎ、にんじん、セロリ)を主要な食材として使い、卵白をまとわせて澄んだコンソメスープを作ります。夕方に仕込んで一晩煮こむという手間をかけ、じっくり炒めたオニオン(玉ねぎ)をあわせます。器に入れたこのスープに、クルトンとグリュイエールチーズをのせてオーブンで焼き上げ、最後にパセリ・アッシェ(みじん切り)を振って、蓋をして提供されます。

焦げ目のついたきつね色の表面がなんとも美味しそうです。鮮やかなパセリの緑が、色合いを引き立てます。スプーンですくって一口。玉ねぎの甘さが口の中に広がり、食欲を刺激します。スープの深い味わいに、心が和みました。うん、うまい!!

ヘルシーな154kcal

「ロイヤルのオニオングラタンスープ」は、東京都内の店舗を訪れた際、「アンガスサーロインステーキ&海老のグリルと紅ずわい蟹のクリームコロッケ」とのセットで注文しました。

カロリーは154kcalで、両メニューを合わせてもカロリーは800kcal台にとどまります。スープ単品でも満足なボリュームなのに、このヘルシーさ。定番メニューであり続ける理由がわかりました

アンガスサーロインステーキ&海老のグリルと紅ずわい蟹のクリームコロッケ

料理と組み合わせるドリンクバー付のお食事セットは、オニオングラタンスープセットの場合プラス649円(平日ランチタイムは583円)とお得です(値段は店舗によって異なります)。他にも、コーンポタージュのスープセットや、オマール海老のクリームスープセットなどがあり、この2品も美味しいですが、個人的にはやはりオニオングラタンスープセットが“推し”です!!

撮影・文/堀晃和


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連するキーワード
関連記事
全国の契約農家から直送される野菜を多用し、味わいや食感はもちろん、彩りも実に豊か。旬の野菜に応じてどんどんメニューが変わるのが魅力だ。
醤油は香り付け程度とシンプルな味付けの焼きめしは、噛むほどにご飯の甘みと、大きめにカットされ食感を残す玉ネギ、豚ロースの旨みがじんわりと広がる。そのあと引く味わいに、「ずっと噛み締めていたい」という衝動に駆られた。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。
最新記事
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
get_app
ダウンロードする
キャンセル