MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
大岩食堂で「男のひとりめし」西荻窪のひとり南インド(インド料理/西荻窪)

大岩食堂で「男のひとりめし」西荻窪のひとり南インド(インド料理/西荻窪)

おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「大岩食堂」。雨が降ろうが、西荻窪駅から“ほぼ”濡れないでたどり着けるガード下商店街の中の南インドカレーとスパイス料理の店。大岩食堂 (おおいわしょくどう) [交]JR西荻窪駅から徒歩3分 ※ランチタイム有

大岩食堂(最寄駅:西荻窪駅)

「外から丸見えっぽくて、ひとりで入るにはちょっと……」 一見そう思ってしまうほど明るいカフェ風インテリアだが、カウンター席は、外からは死角位置にあるため、実はひとりめしにとって理想的立地条件! ここでは南インドの定食「ミールス」を、ひとりゆっくり食べられる。さらに呑みたい派にうれしいのが、ミールスを頼めば、生ビールは200円引き、自然派ワインが100円引きというサービスに加え、その時々で内容の変わる前菜が5~6品載った「前菜盛り合わせ」もある。 この組み合わせで、西荻窪が完璧なひとり南インドと化す。

ベジミールス
1500円

ほぼ日替わりで変わるメインカレーや豆カレー(内容はお店のツイッターで発信)に、飯を喰いたい野郎にはたまらぬバスマティライスお替り自由の「ベジミールス」(1500円)

前菜盛り合わせ
480円

南インドの惣菜から、オーナーシェフ・大岩俊介氏手作りのハムやペーストなども並ぶ

大岩食堂

東京都杉並区西荻南3-24-1 ☎03-6913-6641 [営]11時~15時(14時半LO)、18時~23時(22時LO) [休]月。木はランチ休 [席]14席(カウンター4席)/カード不可/予約可/サなし [交]JR西荻窪駅から徒歩3分

電話番号 03-6913-6641
2015年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ママの出身地大分の料理と、美味しいカレーを食べられる店なのです。カレーはもともと昼の人気メニューで、辞めちゃった人からママが受け継いだ味だとか。
骨付きスペアリブに、ごろっと大きな根菜類、スープの中には自家製豆腐も浮かんでいる。専門店が放つインパクト抜群の豚汁だ。
埼玉屈指のカレーの名店『negombo
33』@西所沢が、高円寺に姉妹店を開店。本店は営業時間が11時半~15時だが、こちらは21時まで営業。
キッチンカーからスタートして評判となり、2016年に開店。店主の伊藤さんは、バックパックでインドを訪れ、すっかりカレーの虜になってしまったとか。
スープカレーの先駆け的存在。サラリとしたスープは甘みとコクがたっぷり。※ランチタイムあり
創業は大正8年。「ラーメンは昔からあって、みそラーメンは僕が中学のころから」と語るのは現ご主人。
ほんのり黄色がかった中太ストレート麺が浸るのは、ガツンと濃厚な醤油スープ。京都の老舗『新福菜館』から届く基本のタレを、野菜、豚、鶏からじっくり取ったスープで割っている。
餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子
美味しい牛肉が食べたい!と思ったら、どんな料理を想像するだろうか? 焼肉やステーキ、しゃぶしゃぶ……。一つ忘れてはいないか? すき焼きがあるではないか。 名古屋には旨いすき焼き、それも朝採れのクレソンをふんだんに使ったオシャレなすき焼きを食べさせてくれる店があると聞き、美食家の女友達、A子といっしょに行ってきた。
スイーツ好きの熱い支持を集める店だ。フレンチレストランやフランスのパティスリーで修業した店主が、仕入れ、製菓、サーブまで全てひとりで行う。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt