MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
実は親和性が高い「カレー×音楽」を注目のミュージシャンが語る!【前編】

実は親和性が高い「カレー×音楽」を注目のミュージシャンが語る!【前編】

カレー特集が好評の『おとなの週末』2021年6月号。読めば食べずにいられない、注目店が勢揃いだ。一方、今、音楽界で注目といえば、精度の高いサウンドメイクが幅広い層から支持される4人組バンド・FIVE NEW OLD。メンバーにカレーへの愛と音楽との関連性を聞いた。

perm_media 記事にない写真もあり! FIVE NEW OLDの写真をまとめてチェック!! navigate_next

FIVE NEW OLDとは

FIVE NEW OLD

2010年、兵庫県神戸市で結成。R&B/Black Music/Gospel/AOR/Alternative Rockなどの要素を昇華させたワールドスタンダードなポップサウンドを展開。2017年「BY YOUR SIDE EP」でメジャーデビューし、2021年4月には4枚目のフルアルバム『MUSIC WARDROBE』をリリース。『サンカット(R) プロディフェンス』(コーセーコスメポート)のCMソング「Summertime」やボーカル&ギターのHIROSHIさんが役者に初挑戦したドラマ『3Bの恋人』の主題歌「Hallelujah」など、多数の楽曲タイアップを担当。
HIROSHIさんとWATARUさんによるアコースティックツアーが、6月18日(金)に兵庫・music zoo KOBE 太陽と虎※、6月19日(土)は兵庫・Kiss FM トアロードアコースティックフェスティバル vol.3 (EVENT)、6月25日(金)には東京・LIVE HOUSE FEVER※にて開催予定。
※チケット抽選先行あり
7月18日(日)に札幌・PENNY LANE24で「MUSIC WARDROBE tour」、7月23日(金)には大阪・心斎橋BIGCATで「10th Anniversary Live”5 will give you 10”」を開催予定(いずれも振替公演)。
https://fivenewold.com/

FIVE NEW OLDってカレー好きが集まったバンド!?

おかげさまで好評の『おとなの週末』のカレー特集。今これを読んでくださっているみなさまもお手に取ってくれただろうか。

かねてよりカレー好きを明言するバンドメンバーから、カレー作りにハマっているWATARUさん(ギター&キーボード)と、コロナ前はカレー店巡りを楽しんでいたというSHUNさん(ベース)にカレーと音楽について、本誌で紹介している『Japanese Spice Curry wacca』にてお話を伺った。

カレーの如くバンドとしての進化を続ける彼らにとって、カレーとはどんな存在なのか。(本文中、敬称略)

『Japanese Spice Curry wacca』の入り口にて。
写真右がギター&キーボードのWATARUさん、左がベースのSHUNさん

――カレーがお好きとのことですが、日常生活でどのように付き合われているのでしょう?

WATARU「メンバーみんながカレーをよく食べています。今回のアルバム『MUSIC WARDROBE』の制作時のご飯もみんなでカレーを食べることが多かったので、どれもカレーでできた曲と言っても過言じゃないですね(笑)」

SHUNレコーディング中は必ずカレーを食べてるもんね。メンバーもスタッフもみんなカレーがすごく好きなんです。残念ながら今日は来られなかったですが、HIROSHIくん(ボーカル&ギター)がたいてい『カレーで!』と言い出します」

WATARU「そうですね。カレー好きが集まったバンドって感じになってますね(笑)」

SHUN「ライブツアーで全国各地を回らせていただくので、各地で時間があればカレー屋さん巡りをしています

カレー好きとあってインタビューは終始笑顔で進行

なぜ、ミュージシャンはカレー作りにハマるのか?

――WATARUさんがカレー作りを始められたきっかけは?

WATARU「僕らFIVE NEW OLDは2019年から『CURRY&MUSIC JAPAN』というイベントに出演させてもらっていて、そのときにカレーと音楽のつながりをすごく感じたんです。そこでスリランカカレーなどいろんな種類があることと、自分でも簡単にそれが作れることを知って興味を持ちました」

――どんな部分にカレーと音楽のつながりを感じたのですか?

WATARU「ライブスペースの横にいろんなカレーのお店が出店していて、会場の入り口でお皿をもらったら、好きなカレーをチョイスして食べられるんです。

音楽フェスで自分の好きなバンドを観に行くのとすごく似た感じでカレーを食べる素敵なイベントなんです」

――昨年は配信で行われてましたよね。ホフディランの小宮山雄飛さんが司会を務められていて、Dragon Ashの桜井 誠さんやASIAN KUNG-FU GENERATIONの伊地知 潔さんといった、錚々たる“カレーミュージシャン”が集結されていました。

WATARU「ライブの間にトーク&試食のコーナーがあって、カレー作りにまつわる話になるとみなさん止まらないんです(笑)」

SHUN「好きが高じすぎるというか、ミュージシャン同士が音や楽器の話をしているのと同じようなテンションで話されていたところに、音楽とカレーの親和性の高さやクリエイティブをすごく感じました」

カレーを作るミュージシャンの共通項をみつけたふたり。何やら楽しげです

――ミュージシャンでカレーを作る方も多いですよね。

WATARU「そうですね。『CURRY&MUSIC JAPAN』は『カレーフェス』と呼んでいるのですが、桜井さんや伊地知さんは、カレーの監修もされていました」

SHUN「おふたりともドラマーですね。カレー好きはドラマー多め?

WATARU「あ、そうですね」

SHUN「僕は札幌でもうひとつA.F.R.O(アフロ)というバンドをやっていて、そこにMASAYAというメンバーがいるんです。たまに間借りでカレーのお店を出しているくらいめちゃくちゃ料理好きで、スープカレーもスパイスカレーも欧風カレーも作れます。彼もドラマーです(笑)

WATARU「まさかの共通点(笑)」

SHUN「ドラマーはカレー作りが好きって、何か関係があるのかな?」

WATARU「強いて言えば、ドラムってひとまとめで呼びますけど、その中にスネアやタムといった太鼓が何個もあって、ハイハットやシンバルとかいろいろなものを一緒に鳴らすところが、カレーをひとつの料理として成立させることと通じているかも。
だからドラマーが多めなのか⁉」

SHUN「僕たちの中では、そういう結論に至りました(笑)」

凝り性ほどのめり込む⁉ カレー沼

「おと週」のバックナンバーで気になるお店を発見⁉

SHUN「WATARUくんはあのカレーフェス以降、カレーを作り出したと記憶してるんだけど、それがきっかけだったの?」

WATARU「あのイベントがむちゃくちゃトリガーでしたね。スリランカカレーを初めて食べて、こんなシャバシャバしたカレーがあるんだって、ビックリしましたもん!」

SHUN「美味しかったよね」

WATARU「めちゃくちゃ美味しかったですし、すごい衝撃的だったんですよね。
ひと口にカレーと言っても、欧風カレーだったり、インドカレーだったり、インドカレーの中にもいろんな種類があるし、その中でも様々なスパイスの組み合わせがあって。

たくさんの可能性がある中から組み合わせたり、いくつもの要素が混じり合ってひとつのものになるところに、カレー作りと曲作りが似ていると感じました」

音楽フェス「CURRY&MUSIC JAPAN」でカレー&カレー作りに開眼したWATARUさん

――曲作りや音の構築をされるWATARUさんらしいご意見ですね。

WATARU「カレーって、毎回決まったものを作ろうと思えばできるんですけど、作っていくうちにと次はこうしたいというのがどんどん出てきちゃうんです。

毎回新たに自分たちの表現したいことを更新していくのって、曲作りとまったく一緒だと僕は思っていて」

SHUN「まったく一緒なんだ(笑)」

WATARU「そうです(笑)。僕、昨日も晩ご飯にカレーを作ったんですよ」

SHUN「インスタにカレーの写真をアップしてたね」

WATARU「いわゆる南インドのシャバシャバカレーを作って『今日は好きなやつができた!』と思ったんです。でも改めて考えると、もうちょっとこうしたい、次はこうしようというのを延々と繰り返すっていう。カレー作りはハマる一方です」

――SHUNさんからご覧になって、WATARUさんのカレー作りと音楽作りに相通ずる点を感じますか?

SHUN「やりたいことが次々に溢れてくるという点では通じていると思います。それに男の子の収集癖のようにスパイスをいくつも揃えていくというところが、WATARUくんにばっちりハマってますね」

WATARU「うん。収集癖ね。あるなぁ〜(笑)」

SHUN「僕とHIROSHIくんは、作曲も料理もするんですけど、割と大枠をとらえるタイプで。だから料理でも大胆に炒めものとか、煮物でも分量を計ったりしないで味見しながら作るんです。

でもWATARUくんは音楽でも、1つの音が30分〜40分もずっと鳴っていることに向き合い続けられる。細部へのこだわりが強いというか、深く知るほどハマっていくカレー作りは、性格的にも合っているんだと思います」

――ミュージシャンがカレーの沼にハマる理由を見つけたところで中編へ続きます。

撮影協力/『Japanese Spice Curry wacca』

出汁カレー、無水チキンなど、定番のカレーは4種類。土曜限定の海鮮カレーや夜のコース料理など、クリエイティビティに満ちたカレーと料理で世のカレー好きを唸らせている。

[住所]東京都中央区八丁堀2-19-7
[電話]03-6262-8883
[営業時間]11時半〜15時※売り切れ次第終了、18時〜20時
[休み]日
[予約]夜のみ可
[交通]地下鉄日比谷線ほか八丁堀駅A5出口から徒歩5分
https://twitter.com/sekime_wacca

撮影/おざわあきこ

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
市村幸妙

なんでも美味しくいただくのが信条だが、野菜・果物、メンチカツ、サバ、老舗の味、食べ比べが特に好物。発酵食品も大好きで味噌や塩麹などは自家製。麺類は熟考を重ねた結果、“うどん最強説”を唱えている。でも東京出身なので、蕎麦も捨てがたいと揺れ動きつつ。アルコール耐性が低くなってきたことが密かな悩み。落語家の夫と15歳のミニチュアダックスフンドと、日々のんきに暮らす。

関連記事
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の第2回も、「YMO以前」の状況がつづられます。美術家・横尾忠則の要望で、オール・キーボードのアルバムを制作することになり……。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「Genと文庫食堂」。昭和生まれの人、昭和なものが「エモい」と思っている人、どちらも楽しめる動画です。
シュールで過激なのに、眺めていると童心に帰るような懐かしさと親近感があります。「粘土道(ねんどみち)20周年記念 片桐仁創作大百科展」(2021年11月20日~12月19日)は、そんなユニークな中にも観る者の心を和ませる不思議な魅力にあふれた美術展です。お笑い芸人・俳優でありながら、芸術家としての顔も持つ片桐仁さんの集大成。東京都内の会場を訪れると、22年に及ぶ創作の歴史が詰まった圧倒的な光景が広がっていました。
ワインを飲むと具合が悪くなる人がいる。二日酔いの話をしているのでない。「ワイン不耐症」と呼ばれる体質のことだ。その症状は、頭痛、吐き気、発疹、顔面紅潮など。中には赤ワインを飲んだ時に限ってこのような症状が出るという人もいる。人口の7〜8%の人(未成年者を含む)がこの不耐症だと言うのだから、ものすごい数だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から登場するのは、細野晴臣です。1969年に「エイプリル・フール」でデビューしてから半世紀以上、「はっぴいえんど」や「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」などで活躍し、日本のミュージックシーンに大きな足跡を残してきた音楽家が、まだそれほど世間に知られていなかった時代のインタビューで語った印象的な話とは―――。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル