MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
手土産にも自分用にも◎ 麻布十番のおやつ(2)洋菓子・つまみ編

手土産にも自分用にも◎ 麻布十番のおやつ(2)洋菓子・つまみ編

まんじゅう、お菓子、ケーキetc.…麻布十番をぶらり歩けば、そこかしこでおやつにぴったりなアイテムに出会います。自分用によし、手土産によしな逸品を集めてみました。今回は、洋菓子・つまみ編!

perm_media 《画像ギャラリー》手土産にも自分用にも◎ 麻布十番のおやつ(2)洋菓子・つまみ編の画像をチェック! navigate_next

洋菓子編

『ニジサン』

純生クリーム&ミックスフルーツ(800円)

左からベリー×ベリー(830円)、マンゴー×マンゴー(830円)、バナナチョコレート(580円)

カラフルなフルーツに心もウキウキな美味しさ

ケース内に並ぶカラフルな色合いが何とも眩しいフルーツサンドのテイクアウト専門店だ。

いずれも旬のフルーツがボリュームたっぷりで溢れんばかり。果物に合わせた爽やかなオリジナルのクリームも相性抜群

“ミックスフルーツ”はイチゴ、キウイ、オレンジ……5種類のフルーツバクダン。ゴージャスなフルーツ感!

[住所]東京都港区麻布十番3-11-3 センチュリー元麻布1階
[電話]03-6434-5513 
[営業時間]11時~17時
[休日]月
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩6分

『ニジサン』

『ミラノ ドルチェ トレ・スパーデ』

手前からプレーン、ジャポーネ、アランチャ(各435円)

きめ細かく濃厚! クリーミーさが 口に溶けていく…

ミラノプリンは、オーナーの川邊シェフが北イタリアの伝統レシピをアレンジ。

濃密なプリンは2センチ厚ながらすっくと自立し、スプーンを入れればきめ細かくなめらか。濃厚なクリーミーさを感じさせながら口にすっと溶けていく

プレーンのほかに、オレンジ風味、抹茶風味、ピスタチオ風味など、各種選べるのも楽しい。

[住所]東京都港区東麻布2-12-3 島口ビル1階
[電話]03-5544-8828
[営業時間]10時~20時(日・祝~18時)
[休日]不定休
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅6番出口から徒歩5分

『ミラノ ドルチェ トレ・スパーデ』

『ハドソン マーケット ベーカーズ』

左上から時計回りにダブルチョコレートクッキー(320円)、ピーナッツバターソルトクッキー(350円)、トリプルナッツブラウニー(420円)、ジンジャースナップクッキー(320円)

NYスタイルの心地よく楽しいケーキや焼菓子を!

ニューヨーカーがコーヒーと一緒に楽しむような焼菓子やケーキ。オーナーが10年のNY 生活で出合った世界観が香る。

毎日手作りで焼き上げる焼菓子は、黒糖や雑穀、ナッツなどの自然な素材が使われ、食感も◎

ピーナッツバターやジンジャーテイストのクッキーをはじめ、ナッツたっぷりのブラウニーとか、おすすめ!

[住所]東京都港区麻布十番1-8-6
[電話]03-5545-5458
[営業時間]11時15分~19時
[休日]無休
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩2分

『ハドソン マーケット ベーカーズ』

『ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店』

奥:抹茶(220円)
手前:カスタード(200円)

とろとろ濃厚 熱々クリームが斬新に美味しい!

ややハード、カリッとしたパンのような外生地から、バニラビーンズの香り、ミルクの甘さも感じさせる厚&とろっとろのカスタード濃が溢れ出す。

しかも、注文後にクリームを詰めるというこだわりの味。

風味抜群の抹茶味、贅沢に和栗を使いカスタードとコンビにしたモンブラン味もいい!

[住所]東京都港区麻布十番2-11-3 ドエル麻布1階 
[電話]003-6809-5766
[営業時間]11時半~20時
[休日]月
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩5分

『ほっぷしゅうくりーむ 麻布十番店』

『麻布十番 杵屋』

杵屋のぽてち(ひと袋470円)

揚げパスタ ナポリタン(ひと袋470円)

やさいミックス(ひと袋740円)

ふた味は違う! 大人のおつまみチップス&揚げパスタ

たとえば、彩り鮮やかな5種類の野菜を姿形もそのままにチップスにした「やさいミックス」。ビジュアルに感激、素材の風味が生きた味わいにさらに拍手。

“素材の味を大切に”をポリシーに仕立てた、ポテトや野菜のチップスや揚げパスタは、見て楽しく、味わいのバリエーションも多々。ふた味は違う大人のおつまみ菓子だ。

[住所]東京都港区麻布十番1-6-5 ラミュウーズ麻布十番1階
[電話]03-6804-1647
[営業時間]11時~20時
[休日]無休
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩5分

『麻布十番 杵屋』

つまみ編

『フィオール ディ マーゾ FIOR DI MASO』

生ハムとゴルゴンゾーラチーズのフォカッチャ(1200円)

チーズ盛り合わせ(小、2000円)

北イタリア直輸入の高級チーズと生ハムを がぶりと満喫!

「フィオール ディ マーゾ」は北イタリアのヴェネト州にあるチーズやサラミの会社。同社の一般向け初めての小売直売店がココなのだ。

地下にはイタリア直輸入のチーズの熟成庫もある。厳選された本場の高級チーズや生ハムをサンドしたフォカッチャはボリュームも満点。

一度にいろいろ堪能できるチーズ盛り合わせも◎!

[住所]東京都港区麻布十番3-7-3 十番コアビル2 1階・地下1階
[電話]03-6722-6303
[営業時間]11時~22時
[休日]月
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩5分

『フィオール ディ マーゾ FIOR DI MASO』

『楽万コロッケ店』

肉巻き 楽万メンチ(388円)

和牛たっぷり特上コロッケ(324円)

大人のスパイシーカレーコロッケ(280円)

厳選キタアカリと和牛を使った やさしい旨さ!

まずは何にも言わずに「和牛たっぷり特上コロッケ」をどうぞ。

国産和牛とニセコのキタアカリを使ったシンプルなコロッケなんだけど、ほくほく、うっま~。ていねいにきれいに作られたコロッケ、いい~。

素材や製法にこだわり、店頭では5分で揚げたてを用意してくれる。日替わりや肉巻き 楽万メンチもおすすめっす。

[住所]東京都港区麻布十番1-5-26 ストーク麻布十番1階
[電話]03-6434-0664
[営業時間]11時~20時
[休日]無休
[交通]地下鉄南北線ほか麻布十番駅4番出口から徒歩7分

『楽万コロッケ店』

このバラエティ感 目移りするのも楽し!

どこか下町然とした懐かしさもある一方、近隣には各国の大使館もあってインターナショナル。感度の高い新しい店があるのも麻布十番。そんなわけで、続いて洋菓子もハントするのだ。

で、メインストリートから路地を入ったところでフルーツサンド専門の新店『ニジサン』を発見! ハワイアンな雰囲気の店内にカラフルなサンドが並ぶ。オリジナルのクリームと溢れんばかりのフルーツのコラボ。バクリと豪快に。ヘルシ~~!

そして絶大な女子ウケを誇る(個人調べ)のが『ミラノ ドルチェ トレ・スパーデ』のミラノプリンだ。しっかり濃縮されて薄くカットされているのに、ひと口スプーンで口に運べば、す~っと濃密に溶ける~~。まだ、未体験の方は今すぐに!

ふふふふふ。大好きな焼菓子系もまわるで。『ハドソン マーケット ベーカーズ』ではNYスタイルのハンドメイドクッキーをゲット。ほどよい甘さと心地よく砕ける食感、バラエティも楽し。

そして『ほっぷしゅうくりーむ』がいい。そもそもシュークリームが大好きなのだが、サクカリッのシュー生地の中に入っているクリームがもうとろっとろで溢れんばかり。どこにもないオリジナルでリピート決定!

そして自称“大人のおつまみ菓子専門店”というだけあって『麻布十番 杵屋』の大人スナックがなんともお洒落。素材厳選、化学調味料を一切使わないポテトチップスとか、シャリリと食べるとなんと繊細な~と驚きまっせ。

麻布十番は街中のところどころに広場や公園もあるので、青空を眺めながら、買い食いの収穫物を満喫するのもおすすめだ。特に小腹が空いた折、つまみ系をゲットしたときにはぴったり。

というわけで最後はつまみ編。まずは『フィオール ディ マーゾ』のフォカッチャに大満足。本場の生ハム、キノコのマリネたっぷりにチーズがとろけ、やさしいフォカッチャが包む。

自家製羅臼の昆布塩で食す、『楽万コロッケ店』のコロッケは、コロッケの良心っすね。しみじみ旨々。

いやあだけど、もうお腹いっぱいっすー。

撮影/鵜澤昭彦、小澤晶子(ハドソン マーケット ベーカーズ) 取材/池田一郎
※店のデータは、2021年5月号発売時点の情報です。


※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
モデル兼料理家でもある浅野美奈弥さんが、自粛期間中にテイクアウトのお弁当を販売。内容は日替わりだが、どれも栄養バランスに富み、やさしい味わいで美味。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
どうです、この鮮やかさ! 予約の取れないマグロ料理専門店のチラシ弁当は、容器の竹かごまで美しい。
世界中から厳選されたワインのほか、ワインを楽しむためのおつまみやグッズなどあらゆるものが勢揃いするお店。ワインパーティーに必要なものがここですべて揃うほどの充実ぶりだ。
国内ナンバーワンシェアを誇るデリバリーピザチェーンのドミノ・ピザが、ご飯とピザをひと皿で味わえる「ピザライスボウル」シリーズの第2弾を発売しました。9月から新に加わったテイストは、「北海道3(スリー)チーズ」と「明太マヨモチ」の2種類。「洋」でありながら「和」を一層意識させるメニューは、さらに日本人の心と胃袋をがっちりつかめるのか、そのお味は?
最新記事
マレー半島を旅しているような気分にどっぷり浸れる店だ。数年前、酷暑のクアラルンプールを歩き、汗だくになりながら有名な肉骨茶専門店を訪ねたことがある。
串焼きされた状態で提供されることの多い焼きとん。が、焼肉のように自分で焼いて楽しませる店も。職人の匠の味には及ばないかもしれないが、火を囲み、好みの焼き加減に仕上げるのは、魅惑の食時間なのだ。
コロナ騒動から始まった2021年は、全国に広がる緊急事態宣言やワクチン接種の開始、東京オリンピック・パラリンピック開催に自民党総裁交代など、1年を通じてどこか落ち着きがなかったかも。そんな2021年を締めくくる12月は、「整える」エネルギーを持つ四緑木星が司る。さあ、心も体も環境もすべて整えて、2022年を迎えよう!
コロッケ大好きな店主が開いたコロッケ専門店。潰したものと角切りのものの合わせ技で、ジャガイモの甘みをしっかり表現したコロッケは、イカスミをはじめとするオリジナル味も楽しい。
野外で楽しむバーベキューといえば夏のイメージですが、寒い季節も人気を集めていることはご存知でしょうか。焚き火や炭火で、グリルに肉を豪快にのせて焼くだけでなく、冬は魚介など旬の食材で鍋料理も魅力です。そんな冬レジャーの新たなトレンド「ウインターバーベキュー(BBQ)」が楽しめる東京都内のBBQ会場で、焚き火の使用が解禁されました(一部会場では12月11日から)。会場は、都内なのでアクセスも便利、しかも手ぶらで行ってもOK!ゆらめく炎を前にゆったりした時間を過ごせば、みんなの心の距離もグッと縮まります。本格的な冬BBQのシーズン到来です。
get_app
ダウンロードする
キャンセル