MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
房総スタイル 金谷丸(魚介・海鮮料理/学芸大学)房総の地魚料理が絶品☆地元名物「黄金アジ」ご堪能あれ!

房総スタイル 金谷丸(魚介・海鮮料理/学芸大学)房総の地魚料理が絶品☆地元名物「黄金アジ」ご堪能あれ!

アジフライが好きなら必ず拝むはず。スックとそびえ立つ堂々たるそのお姿を。

perm_media 《画像ギャラリー》房総スタイル 金谷丸(魚介・海鮮料理/学芸大学)房総の地魚料理が絶品☆地元名物「黄金アジ」ご堪能あれ!の画像をチェック! navigate_next

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

房総スタイル 金谷丸(最寄駅:学芸大学駅)

房総の味を東京でも圧倒的な存在感を放つ黄金アジフライ

これぞ千葉・房総半島の金谷で獲れた地元名物「黄金アジ」。エサが豊富な海底で育つため大きくて脂のりがいいのが特長で、味に惚れ込んだオーナーが東京でも広めたいと出店した。ふっくら肉厚の食感を引き立てるよう、パン粉は細かめ。揚げ過ぎずギリギリに火を通せば、金色に輝くアジフライが皿に降臨する。後はハフッとかぶりつけ! ありがたや~。

アジフライ定食
1080円

肉厚でふっくら食感のアジは感動的

なめろう、ばくだん
680円、1390円

なめろうは地魚を甘めの麹味噌と長ネギ、ショウガなどと叩いたもの。ネギトロ、イカ、タクアンなどを混ぜて海苔で巻いて食す「ばくだん」も人気

アジフライとさんが焼の弁当
700円

なめろうを焼いた「さんが焼」とアジフライのセット

お店からの一言

代表 長田宗伸さん

「黄金アジをはじめ房総の地魚など美味しい食材を存分に味わってください」

房総スタイル 金谷丸の店舗情報

[住所]東京都目黒区鷹番2-8-21プラザ学芸大学westA [TEL]03-6412-7664 [営業時間]11時~15時、17時~22時 ※ランチタイム有 [休日]水 [席]カウンターあり、全23席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、酒類注文時はお通し代200円別 [交通アクセス]東急東横線学芸大学駅東口から徒歩4分


電話番号 03-6412-7664

撮影/小澤晶子 取材/肥田木奈々

2020年7月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
横須賀沖に浮かぶ猿島を望む新安浦港に水揚げされた海産物のみを扱う直売所。
 店頭にはイスとテーブルがあり、買ったばかりの刺身などを、なんともうれしい買い食い感覚で味わえ、常連さんはオニギリなどを持ち込んで東京湾の海の幸に舌鼓を打っているという。
漁協が運営する食堂のパイオニア!
もはやここで食事をすることだけを目的に南房総へ訪れる人も後を絶たない、内房を代表する集客スポットでもあるのが、ここ『ばんや』だ。
横浜シーパラダイスのすぐ横に佇む“柴漁港”。そのかたわらに鎮座する、人気の漁協直営食堂だ。
漁協直営というワケではないのですが、新安浦漁港に隣接する魚市場の社員食堂がこの『はま蔵』。もちろん一般客も利用できます。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル