MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
China Dining 羽龍|繊細な味わいのモダン中華に舌鼓(中華料理/銀座)

China Dining 羽龍|繊細な味わいのモダン中華に舌鼓(中華料理/銀座)

高級感の漂う店内でいただけるのは、中国料理の伝統を守りながら和・洋の技法や素材を巧みに融合させ、繊細な味に仕上げた料理の数々だ。China Dining 羽龍[交]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅4番出口から徒歩5分 ※ランチタイム有

China Dining 羽龍(最寄駅:東銀座駅)

 高級感の漂う店内でいただけるのは、中国料理の伝統を守りながら和・洋の技法や素材を巧みに融合させ、繊細な味に仕上げた料理の数々だ。例えば日替わりの「Cランチ」(1380円)の黒酢酢豚はカリッと揚がった豚肉の食感が絶妙で、サクサクした長芋の歯応えもいいアクセント。黒酢餡の酸味と旨みのバランスも秀逸だ。また、限定15食の「特製チャーシュー麺」(1280円)は圧力釜で柔らかく仕上げた豚トロの自家製チャーシューがド迫力。丸鶏の澄んだスープも滋味深く、ペロリといけてしまう。

特製チャーシュー麺
1280円

ボリューム抜群のチャーシュー麺。日替点心、サラダ、ザーサイ、デザート付き

Cランチ
1380円

本日のランチは3種類あり、Aランチ900円、Bランチ1000円、CランチはAとBのハーフ&ハーフ。写真は黒酢酢豚、海老とアスパラ炒め。ライス、サラダ、スープ、ザーサイ、デザート付き

海老と帆立と鯛のロースト 南瓜ソース添え
1380円

見目麗しい前菜は4月からの新作ディナーメニュー。トマトと南瓜の自然な甘みと酸味がエビとホタテに絶妙にマッチする

China Dining 羽龍

[住所]東京都中央区銀座7-15-5共同ビルB101 [電話番号]03-6264-7986 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、月曜日~金曜日:17時30分~23時(22時半LO)、土曜日・祝日:17時30分~22時(21時半LO) [休日]日曜日(祝前日の日曜日は営業) [座席]カウンター7席、テーブル4席×6卓、最大20席、個室3室(4名~20名) 計最大71席/昼は全席禁煙、夜は分煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜はお通し代380円別 [アクセス]地下鉄日比谷線ほか東銀座駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6264-7986
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。
JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt