MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
秋の夜長お酒とともに楽しみたい、カルディのお手軽おつまみ5選

秋の夜長お酒とともに楽しみたい、カルディのお手軽おつまみ5選

カルディにはコーヒーや世界の輸入食材だけでなく、美味しいおつまみが多数あります。お菓子に冷蔵品、各国食材が並ぶ棚など配置場所は様々。また種類も数多くどれを買えばいいか迷う人も多いはず。そこで今回は調理不要、開けたらすぐに食べられるお手軽おつまみ厳選5品をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》秋の夜長お酒とともに楽しみたい、カルディのお手軽おつまみ5選の画像をチェック! navigate_next

どんなお酒にでも合う万能タイプ「3種のチーズサンド」

3種のチーズサンド(213円)

北海道チェダーチーズとカマンベールチーズ、クリームチーズの3種から成る濃厚チーズサンド

ひと口サイズで食べやすい

いわゆるチータラのようなものだが、原材料に魚肉加工品(魚肉すり身)とは書いてあるもののタラの記載がないので、チータラではないのだろう。

かといって、何の魚肉のすり身なのかはわからないのだが、魚肉感は十分で、チーズとの相性抜群! 赤ワインをはじめ、ウイスキーやビールなど何にでも合う万能チーズサンドだ。

赤ワインとの相性の良さは言わずもがな

小さめのパックでも食べ応え十分。小腹が空いた時にもおすすめ。

日本酒や焼酎でちびちびいきたい「揚げぎんなん」

揚げぎんなん(238円)

カリッとした軽い食感と、ほろ苦い銀杏の味が楽しめるスナック菓子。

個包装で1袋3個入りなので食べすぎ防止にもなる。

個包装なのもいい

というのも、沖縄県産宮古島の雪塩のまろやかやさしい塩味が程よく、ほろ苦さとカリカリした食感とのバランスが絶妙。ついつい食べてしまい、気付いたら完食してしまう恐れアリ。

日本酒、焼酎、ビールとの相性が良い。

ちびちびと楽しみたい

素揚げ銀杏が好きで秋になるとせっせと殻を剥くけれど、これがあればその手間もなく美味しく手軽に銀杏が楽しめる。

素揚げのむにゅっという銀杏の食感も好きだが、このカリッとした食感もクセになる。銀杏好きにはぜひ食べてほしい。

スッキリした味の酒とぜひ「オリエンタルクリスプ トムヤムカシューナッツ」

オリエンタルクリスプ トムヤムカシューナッツ(332円)

トムヤムスープに欠かせない唐辛子、こぶみかんの葉、レモングラス、ライムと酸味の利いた甘辛いソースが、カシューナッツに絡んでいる

ちょっとカラフルなカシューナッツといった装い

カシューナッツ一つひとつがソースとハーブを纏っていて、食感も面白い。

噛むほどに口の中で味がミックスされ、甘い? あ、辛い! トムヤムクンの味だ! と変化していく。

ちょっぴり大人向けのスナックゆえ好みがわかれるが、タイ料理の基本である、辛み、酸味、甘み、塩味、香味が見事にミックスされている。個人的には定期的に食べたくなる“マイブーム”の波がやってきます。そんな刺さる人にはグッとくる逸品。

ホワイトビールのようなスパイシーなビールに合いそう

ビールはもちろん、白ワインとも好相性だ。

冷やした辛口のロゼで合わせる「生ハム切り落とし」

生ハム切り落とし(338円)

厚めにカットされているので食べ応えがあるが、脂身が少なくさっぱり。しっかりした塩味と柔らかな食感がたまらなく美味しい。

切り落としならではのボリューム感とお手頃な価格が人気の秘訣だろう。

ちょっぴり肉厚!

実はこの生ハム、我が家の常備品であり、カルディで一番購入しているもの。

サラダやパスタ、サンドイッチなどにも最適で使い勝手良し。生ハムとワインの組み合わせは鉄板だが、私は辛口のロゼワインをキリっと冷やして合わせるのがお気に入り。

辛口のロゼワインと合わせて

白ワインがベストパートナー「オマール海老のビスク風ポテトチップス」

オマール海老のビスク風ポテトチップス(203円)

パッケージの商品名通り、オマール海老のビスクをイメージした味で、ワインに合うように作られているらしい。

ワイン好きとしては試さずにいれらない! と早速購入して食べると美味しかったのだが、それ以来なかなか店頭で出合えなかった。人気なのかそうでもないのかわからないが、とにかく私は好き。

袋を開けた瞬間からエビの香りが広がり、それはえびせんとは違い、確かにエビのビスクの香りがする!

見た目は、ザ・ポテトチップス

ちなみにビスクとはポタージュスープの一種で、エビやカニなど甲殻類の旨みがたっぷり入った濃厚でクリーミーなスープ。

このポテトチップスはトマトクリーム味がベースで、噛むとエビの旨みも感じられる。赤、白、スパークリング……どのワインにも合う

ワインはどれも合うが、白ワインを推したい

個人的には白ワインがベスト

ひと皿に盛るとちょっぴり豪勢?

どの商品も日持ちするのでストックしておくのもおすすめ。

秋の夜長に、カルディのおつまみでおうち飲みを楽しんでみては。

取材・撮影/田村佳奈子

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
田村佳奈子

下北沢在住のフードスタイリスト・フードライター。成城石井、カルディをこよなく愛し毎日のように通う。スイーツとお酒、パンが好き。限定品にすこぶる弱い。チョコレートを食べない日はない甘党。

関連するキーワード
関連記事
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。“ユーミン”こと松任谷由実の最終回では、名曲誕生の秘密が明かされます。そして、筆者が推すユーミンのベスト3を紹介します。
SNSやテレビなどで、北海道の人気ご当地コンビニエンスストア「セイコーマート」の話題が耳目を集めています。それに関係してか、東京都内など道外の小売店でもプライベートブランド(PB)商品を見かける機会が増えました。物産展のようなイベントではなく、常時、購入できます。特に大手ドラッグストアチェーンの「ウエルシア」に多くの商品が展開していて、SNSでも話題になりました。2021年現在、都内にセイコーマートの店舗はありません。なぜドラッグストアにセイコーマートの商品が並んでいるのでしょう?
20年ほど前に訪れたルーマニア北部の小さな町。バス停で民泊の客引きをしていたマリア母さんの家に泊まることになった私が、たどりついた家で見た驚きの部屋とは? 第2回目の「世界のへんな夜」は、ルーマニアの夜の出来事を前編に続きお届けします。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル