MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
四谷三丁目で「男のひとりめし」|鶴兆(焼肉)

四谷三丁目で「男のひとりめし」|鶴兆(焼肉)

グルメ雑誌 おとなの週末「男のひとりめし」特集掲載店舗「鶴兆」。焼く前から、その輝く肉質を見ただけで「旨い!」と声が出そうになるレベルの肉をはじめとするメニュー。加えて、13種に及ぶベルギービールをも擁するアルコール類の充実。[交]東京メトロ四谷三丁目駅から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》四谷三丁目で「男のひとりめし」|鶴兆(焼肉)の画像をチェック! navigate_next

鶴兆(最寄駅:四谷三丁目駅)

男の本能赴くまま焼いて喰う。それがひとり焼肉(

シェードで仕切られた半個室のブースが並ぶ店内。もちろんメインターゲットはグループ客や接待である。しかし!2階に鎮座する店へと続く照明の落とされた階段を、勇気振り絞り一人で登ったその先には、誰の視線をも気にすることなく、己の好きな焼き加減で肉に火を入れ、好きなタイミングで頬張り喰らえる、さながら暴君のような悦楽の肉食体験が待っている!もちろん悦楽なのは、プライバシーを重視したインテリアだけではない。 焼く前から、その輝く肉質を見ただけで「旨い!」と声が出そうになるレベルの肉をはじめとするメニュー。加えて、13種に及ぶベルギービールをも擁するアルコール類の充実。一人で自分を誉めたい時、男なら勇気を持って階段を登れ!!

カルビ
1296円

(手前から時計回りに)「カルビ」、「キムチ」、「厚切りロース」、「特選厚切りタン塩」

厚切りロース
1296円

特選厚切りタン塩
2700円

キムチ
432 円

ルート・ボック
1242円

ベルギービール、左「ルート・ボック」(1242円)。「パウエル・クラック」(1458円)

パウエル・クラック
1458円

レアステーキ寿司
540円

最上級の肉“特選ザブトン”の「レアステーキ寿司」

鶴兆

[住所]東京都新宿区愛住町5-26アムス四谷三丁目2F [TEL]03-5363-0295 [営業時間]17時~翌3時(翌2時半LO) [休日]無休 [席]108席 カード可/予約可/サなし [交通アクセス]東京メトロ四谷三丁目駅から徒歩1分

電話番号 03-5363-0295
2015年9月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
適度に脂ののった赤身肉や絶品のホルモンでお酒を楽しんだら、〆はさっぱりと仕上げたい――そんな“オトナ焼肉”を愛する方におすすめしたいのがこちら。ピカピカと輝く自慢のホルモンは黒毛和牛の内臓を一頭買いしたもので、旨み、甘みとも抜群だ。
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
最新記事
野菜や豚骨などのスープを煮込んで作るスパイスカレー。辛さが選べ、激辛好きの聖地としても有名だ。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
コロッケ、ハムエッグ、明太子…人気のおかずの多くは、惣菜パンとして商品化されています。皆さんのおススメ商品は何でしょうか?個人的なお気に入りは断然「ちくわパン」です(北海道出身です)。 JR東日本のエキナカの「NewDays」「NewDays KIOSK」で開催中(9月27日まで)の「北海道フェア2021」で、そのちくわパンがラインアップされていると聞いてチェックしました。ちくわパンといえば、札幌の人気パン店「どんぐり」が発祥です。どんぐりのちくわパンとの比較もしてみました。
三軒茶屋の銘酒居酒屋で腕を磨いた店主が満を持して開店した和食店。レアなものから人気なものまで取り揃える日本酒が自慢だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から取り上げるのは、“ユーミン”ことシンガー・ソングライターの松任谷由実。今も胸に残る初対面の時の言葉とは…。
get_app
ダウンロードする
キャンセル