MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
Madeira Entrada|マデイラワインの風味の違いをじっくり賞味する(バー/銀座)

Madeira Entrada|マデイラワインの風味の違いをじっくり賞味する(バー/銀座)

ポルトガル沖の小島、マデイラ島で作られるのがマデイラワインだ。店長の佐藤さんはマデイラワインへの造詣が深く、その話は知的好奇心も満たしてくれる。Madeira Entrada(マデイラエントラーダ)[交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩4分

Madeira Entrada(最寄駅:銀座駅)

店内にズラリと並ぶボトルは壮観。中には1850年に造られたヴィンテージものもある。その味を楽しむには、まずは飲み比べを試すのが一番。条件によりこんなにも差があるのかと実感できる。意外や和食材とも相性がいいので、写真の「マデイラと合う和の物のご提案」と合わせるのも一興だ。紹興酒に似た風味がなんともクセになるが、アルコール度数は19%と高いので、ゆっくり楽しもう。

熟成年数比較 ミディアム・スイート
1500円

写真は左から3年、5年、10年、20年もの。味わい、熟成年数、メーカー別など、6種のテイスティングメニューがある

バカリャウのグラタン
500円

マデイラワインはポルトガル料理にももちろん合う。バカリャウ(塩漬けのタラ)とジャガイモなどのシンプルなグラタン。

マデイラと合う和の物のご提案
600円

Madeira Entrada

東京都中央区銀座7-6-19 ソワレド銀座弥生ビルB1 ☎03-6264-5700 [営]17時~23時半(23時LO) [休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル4席×1卓 計12席/全席禁煙/予約可/カード可(VISA、MASTERのみ)/サなし、チャージ500円別 [交]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩4分

電話番号 03-6264-5700
2016年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
飲み屋街のど真ん中にありながら、スタイリッシュな雰囲気が魅力的。ここで飲むべきは、常時10種類以上揃う季節のフルーツを使ったカクテルだ。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt