SNSで最新情報をチェック

東京・日本橋兜町(にほんばしかぶとちょう)と言えば東京証券取引所や銀行の支店もあり、金融街としての印象が強いが、トレンドをおさえたグルメスポットも増え、街は日々進化中だ。そんなエリアで立ち寄っておきたい注目の昼飲みスポットをご紹介したい。

icon-gallery

「B by The Brooklyn Brewery」はまるで秘密基地!「ブルックリン・ブルワリー」のフラッグシップ店へ

このエリアを訪れたらぜひ足を運んでおきたいのが、アメリカを代表するクラフトブルワリー「Brooklyn Brewery(ブルックリン・ブルワリー)」のフラッグシップ店「B by The Brooklyn Brewery(ビー バイ ザ ブルックリン・ブルワリー)」だ。元銀行を改修した歴史的建物の階段を下りていくと、まるで秘密基地のような、広々とした空間が広がる。

同店ではここでしか味わえない直輸入ビールをはじめとする約20種のビールや、オリジナルビアカクテルを土曜、日曜は13時から満喫できる。タップがずらりと並ぶカウンター席は20メートルほどもありで、6000個以上の無垢材のピースによるモザイクで仕上げられている。目の前で注がれる様子を楽しみつつ、ビールを満喫しよう。そのほかに、テーブル席やゆったりくつろげるソファ席もある。

『B by The Brooklyn Brewery』

おすすめは、クラフトビール初心者でも楽しみやすい「WELCOME TO BROOKLYN(ウェルカム トゥ ブルックリン)」(2300円)だ。ブルックリン・ブルワリーの定番3種のビールと3種のタコスのペアリングを、スタッフによる解説付きで楽しめるこのプラン。最後にはお土産のブルックリンラガーまで付いてくる。

「WELCOME TO BROOKLYN」

タコスは、日本橋馬喰町で人気を誇る「北出食堂」監修のメニュー。化学調味料不使用で、国産のトウモロコシを使用した生地はすべて手作り。本格的なメキシカンタコスを中心に、各ビールとの相性を考慮した、おすすめのフレーバーが揃う。

同店でもうひとつ注目すべきは、コンスタントに入れ替わるアート展示である。多様な著名アーティストとのコラボレーション作品を飾ることで、ニューヨーク・ブルックリンの感性を東京に伝えているそうだ。

アート展示

店内でリズミカルなタッチが目を引く巨大な壁画は、ブルックリンを拠点に活躍するアーティスト「Masaya Nakayama」さんの作品だ。「NYと東京をつなぐ絵」として描かれたこの作品には、よく見るとブルックリン・ブルワリー創業者のスティーブ・ヒンディや、ブリューマスター(ビール製造の責任者)のギャレット・オリバーの姿、そしてこのブルワリーの建物に点在している植物などが描かれている。ブルックリンの景色と東京の景色が交差するアートをじっくり堪能しつつ、乾杯しよう。

■「B by The Brooklyn Brewery」(ビー バイ ザ ブルックリン・ブルワリー)
[住所]東京都中央区日本橋兜町3-5 B1階 
[営業時間] 月~金16時~23時、土・日13時~23時
[電話] 03-6661-0616
[定休日]無休
[交通]都営地下鉄浅草線「日本橋」駅から徒歩4分

次のページ
個性派ブルワリーパブ「平和どぶろく兜町醸造所」で酒の楽しみ方...
icon-next-galary
1 2 3icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中村友美
中村友美

中村友美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…