SNSで最新情報をチェック

東京・高円寺と言えば、JR中央線の中でも、昭和風情が漂う商店街に、古着や古道具、輸入雑貨などを扱う店が目立ち、周辺にはライブハウスも点在するカルチャー色の強い街だ。安くてうまい個人経営の飲食店も多く、コスパグルメの激戦区でもある。その魅力的なエリアを今回は「昼飲み」の視点で歩いてみた。元高円寺在住ライターが、明るいうちから陽気に飲める、味も確かな店4選を紹介したい。

焼き鳥が週末1000本以上売れる名店 @『高円寺やきとり大将本店』 

休日は昼間から多くの人で賑わう『高円寺やきとり大将本店』

昼飲みのメッカと言えば、ここだろう。一階にはカウンター席とテーブル席があるが、ビールの空きケースを使った席にも多くの人が集い、いつもどこからともなく、ごきげんな笑い声が聞こえてくる。

焼き鳥は焼くことでおいしさが引き立つ素材を厳選

40年以上愛され続けてきた同店の焼き鳥は、「串刺し」の職人が串を刺し、「焼き場」の職人が備長炭で一串一串丁寧に焼き上げている。ポン酢でさっぱりと砂肝が味わえる「スタミナ漬」(250円)や、サクとろ食感の「チーズinハムカツ」(290円)など、懐にやさしい一品メニューも満載だ。

左から「焼き鳥おまかせ(タレ)」、「梅干しチューハイ」、「大將マカロニサラダ」

おさえておきたいのは、焼き鳥(1串120円~)だ。平日は1日数百本、週末になると1日1500本程度売れるという。取材時は「焼き鳥おまかせ(タレ)」(5本660円)をオーダー。外はカリっと中はジューシーで絶妙な火入れ加減。40年継ぎ足しの秘伝のタレは、甘辛さがクセになる味わい。

サイドメニューには、人気の「大將マカロニサラダ」(450円)を合わせるのがおすすめ。クリーミーなマヨネーズとコンビーフの旨み、キュウリのシャキっとした食感が調和したこのつまみは、不思議と箸が進む一品だ。

■『高円寺やきとり大将本店』
[住所] 東京都杉並区高円寺南4-27-10
[営業時間] 月~金15時~24時、土・日・祝日14時~24時
[電話] 03-3312-1047
[休日] 年中無休
[交通]JR高円寺駅南口から徒歩1分

おばんざいと珠玉のレモンサワーで乾杯! @『酒場ニホレモ』

『酒場ニホレモ』

高円寺の庚申通りから1本入った隠れ家的な立地にありながら、レモンサワーと日本酒の専門店として密かに人気を集めるのが、『酒場ニホレモ』である。ここでは、トマトと塩麹レモンを合わせた「塩レモントマトサワー」や、セロリを組み合わせた「本気レモンセロリサワー」など、常時8種のレモンサワー(すべて620円)が味わえる。

広島の「瀬戸田レモン」や大分の「べっぴんレモン」など地方の名産レモンを皮まで利用することで果物本来の味わいを引き出しているそうだ。同時に日本酒も8種ほどラインナップ。3勺・5勺・1合と3つのサイズから選び、利き酒にトライしやすい点が魅力だ。

『酒場ニホレモ』の「女将のおばんざい盛り合わせ」と「本気レモンサワー」

イタリアン出身の店主が手がける創作料理は、ひと捻り利いたメニューで、見た目も華やか。いちおしは、「女将のおばんざい盛り合わせ」(1380円)だ。骨董の器に美しく盛られた料理は、まるで割烹料理屋のような佇まい。

とろたくの上に自家製の食べる醤油ととびっこを添えた逸品は、あと引くおいしさ

種類は日替わりで入れ替わるが、3時間かけて煮込んだほろほろの牛すじ大根や、サクサクのしば海老と甘じょっぱいタレが病みつきになる南蛮漬け、招き猫型のもなかにリエットが入った一品など、とにかく豪華。複数人で楽しく飲めることはもちろん、1人で来てもハレの日気分が味わえる。

■『酒場ニホレモ』
[住所]東京都杉並区高円寺北3-20-19 マガザン高円寺
[営業時間]月~木曜日11時半~23時、金曜日11時半~24時、土曜日12時~24時、日曜日、祝日12時~23時
[電話] 03-5356-7662
[休日] 年中無休(年末年始、不定期で店休あり)
[交通]JR高円寺駅北口より徒歩4分

次のページ
日本ワイン約140種×小皿料理がうれしいワインバー  @『葡...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

この記事のライター

中村友美
中村友美

中村友美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…