×

気になるキーワードを入力してください

SNSで最新情報をチェック

東京の官庁街・霞が関の中心から東京タワー方面に十数分歩くと、高層ビルが林立する一帯に出る。「虎ノ門ヒルズ」だ。森タワー、ビジネスタワー、レジデンシャルタワー、ステーションタワーの高層ビル4棟から成る複合施設。4棟の中で最後に開業したステーションタワーの飲食エリアから、昼飲みに最適な“ネオ酒場”3軒を紹介したい。

icon-gallery

2023 年10月開業、地上49階建て高さ約266m

地上49階建て、高さ約266mの「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」は2023年10月に開業。虎ノ門ヒルズ駅直結のビル内には商業施設、オフィス、ホテルなどが内包されており、中でも地下2階から地上7階の約70店舗が出店する商業施設エリアは、グルメ好きなら注目しておきたいエリアだ。

B2階に誕生した「食」が中心の「T-MARKET(ティーマーケット)」や、4階の和洋中の店舗が揃うダイニングエリアは、はしご酒にぴったり。1日中を通してさまざまなシーンで楽しめ、昼飲みにももってこいだ。これから紹介する3軒には、ぜひ足を運んでほしい。

名物「虎ノ門おでん」をアテに、サク飲みを満喫!@「角打ち KAN」

一次会の前から飲み始める「0次会」や、立ち飲みを楽しむなら、「角打ち KAN」がおすすめだ。同店は、東京・蒲田にある酒屋直営の酒処「榎本酒類」の新業態である。店内には立ち飲みできる「角打ちエリア」に加え、料理と酒を提供する「酒処エリア」もあり、エリアは2つに分かれている。

2つのエリアに分かれた「角打ち KAN」  画像提供:角打ち KAN

「角打ちエリア」では日本酒が約10種楽しめるほか、国内外のクラフトビールを常時5種類以上、焼酎やワインも堪能することができる。さらに、手土産としてテイクアウトできるところも魅力だ。

「酒処エリア」の料理の腕を振るうのは、東京・自由が丘にある「おでん 高太郎」を約10年ほど経営した料理長。静岡産の花カツオと日高昆布でだしをとった、看板メニューの「虎ノ門おでん」は、約25種類の食材が楽しめる。大根、卵、ちくわなどの定番はもちろんアボカド、ミニトマト豚肉巻きなど変わり種の具材もしっかり揃えているところがポイント! 薬味も辛子・生七味・柚子胡椒・柚子味噌と好みに合わせて選べる。

「本日のおでん盛り合わせ5種」(1155円)には、日本酒やビール、サワーも合わせられる  画像提供:角打ち KAN

ドリンクは、滋味深く落ち着いた味わいの「冷酒 農口尚彦 観音下 2018vintage」(759円)や、思わずほっとする「生姜かおる甘酒サワー」(759円)、オリジナルの「ハイボール1936~カフェ スキー~」(605円)など、豊富なラインナップだ。リーズナブルな価格で楽しめるので、ぜひ気軽に立ち寄ってみてほしい。

■「角打ち KAN」
[住所] 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー B2F T-MARKET
[営業時間] 月~金16時~23時、土・日11時~22時
[電話] 03-6661-0616
[定休日]無休
[交通] 地下鉄日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」直結

次のページ
“NEXT JAPAN”がテーマ、和の心を居酒屋から伝える@...
icon-next-galary
1 2icon-next
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

中村友美
中村友美

中村友美

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。5月15日発売の6月号では、「うまくてエモい!…