SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。今回から歌手・中森明菜のシリーズが始まります。1982年5月1日、16歳の時にシングル「スローモーション」でデビュー。圧倒的な歌唱力で瞬く間に、80年代を代表する歌手としてスターの座に駆け上がりました。その歌声は、アイドルの枠を大きく超え、“歌姫”の称号がふさわしい。名だたる作曲家、作詞家が書いた数々のヒット曲は、デビュー40周年を迎えた今も色褪せません。第1回は、東京・六本木で目撃された信じられないようなエピソードから……。

高視聴率だった1989年の伝説のライヴ

中森明菜が1989年4月29日と30日、東京都稲城市のよみうりランドEASTで行ったライヴが2022年7月9日、NHK総合テレビで『中森明菜 スペシャル・ライブ1989 リマスター版』として放送された。同番組は同年4月30日にNHK‐BSプレミアム・BS4Kで放送され、好評だったので地上波でのオンエアとなった。

放送時間は土曜夕方。どのくらいの視聴率となるか関係者は注目した。結果、関東地区の世帯視聴率は4.6%だった。この時間のNHK総合は前4週の平均視聴率が3.3%。通常より1.3ポイントも高かった。そもそも視聴率の低い土曜日の夕方からすると、かなりの高視聴率だったと言える。

中森明菜は2017年12月のディナーショーを最後に、芸能活動を事実上中断している。NHK地上波が放送された時点でおよそ4年半、活動をしていない。シングルもアルバムもリリースされていない中、NHKの高視聴率は、いかに中森明菜の復活を待っているファンが多いかが伝わる。

1989年の伝説ライヴを収めたCD『AKINA EAST LIVE INDEX-XXIII』(左上)

テレビの歌番組の前で、歌う天才少女

ぼくはこれまで中森明菜と2度逢っている、初めて逢ったのは1984年1月、冬の寒い日だったと記憶している。1月1日に7枚目のシングル「北ウイング」が発売された直後だった。この年には、11月14日に初期の彼女の代名詞となる作詞・作曲が井上陽水の「飾りじゃないのよ涙は」がリリースされている。

FM東京の日曜夕方の番組『レコパル音の仲間たち』のゲスト・コーナー収録のために、虎ノ門にあったFM東京の子会社FMサウンズに彼女はやって来た。テレビで観るよりはずっと小柄で細身だったのを覚えている。当時の彼女は18歳。少女なのに大人の女性の持つ色気が感じられ、年相応のキャピキャピしたところはまったく無かった。

番組の構成者として、30分ほどインタビューをした。18歳の少女が喜びそうな話題を振ってみる。“ええ”、“そうです”と答えは返ってくるのだが、ノリが今ひとつ悪い。そこで音楽の話をすると反応が良くなった。

“物覚えの無い幼い頃から、歌うのが好きだったみたいです。テレビの歌番組の前で、言葉もしゃべれないのに歌っていたそうです”

後に歌姫の本領を発揮していたのだ。

“歌って、いいじゃないですか。人の心を変えられるでしょう”

そう言った18歳の少女の言葉を今も覚えている。そして、彼女はすでにオーラを身に纏っていた。

次のページ
「あそこまで歌が巧い人は知らない」...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...