MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
麺屋 西川|国産黒毛和牛のローストビーフが2枚ものる お値打ちの牛骨ラーメン(ラーメン/曙橋)

麺屋 西川|国産黒毛和牛のローストビーフが2枚ものる お値打ちの牛骨ラーメン(ラーメン/曙橋)

麺屋 西川の店主は元和食の料理人。看板「牛骨麺」のスープは美しく澄んだ牛清湯で、牛ゲンコツを丁寧に8時間炊いて作る。 ※ランチタイム有

麺屋 西川(最寄駅:曙橋駅)

その牛骨スープに別鍋で炊いたスジ、ネック、テールでとった肉のダシを合わせ、甘みやコクを重ねて使用する。主役に牛を選んだのは店としての個性を打ち出したかったから。比較的調理のしやすい白湯ではなく、あえてスープとじっくり向き合う必要のある清湯をセレクトしたところに料理人としての自信が伺える。

「特製牛骨麺」にのるのは、大きな2枚のローストビーフ。国産和牛の本格派のローストビーフが、ラーメン店で、しかもこの値段で楽しめるとは超お値打ちだ。

特製牛骨麺
1000円

スジやテール、ネックを甘辛く炊いた煮込みがのる。麺は低加水の極細麺。〆には雑炊がオススメだ

豚骨麺
750円

魚介のダシを加えてまろやかに仕上げた豚骨ラーメンで、豚バラチャーシューと煮込みがのる

麺屋 西川

東京都新宿区住吉町2-12 山崎ビル1階 ☎03-3356-5559 [営]11時~15時LO、18時~24時LO(スープがなくなり次第閉店) [休]日の夜 [席]カウンター6席、テーブル16席全22席/禁煙/カード不可 [交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩1分

電話番号 03-3356-5559
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まるで和食の吸い物のような上品なスープだ。穴子、ヒラメ、真鯛など季節の魚のアラを丁寧に血抜きしてから炙って、じっくり炊き出すダシからは、荒々しさやクセはみじんも感じられない。
写真を見て驚かないでほしい。そう、丼を覆い尽くすのはピンク色に輝くA5黒毛和牛のリブロース。
丼の隅々まで手間をかける理由を聞くと、「だってラーメン屋ですから。普通のことでしょう?」とキョトンとするご主人に似て、同店の一杯は奥深くも食べる者をどこかリラックスさせる。スープは鶏と豚のベースに、サバ節と4種の煮干しのダシを合わせたもの。
青森市を中心に5店舗を展開する人気店が、ご当地の味“津軽ラーメン”を引っ提げて東京へ。もともと「津軽そば」から派生して生まれたご当地ラーメンだけに、津軽そばのダシ同様、水と煮干しだけで旨さを体現することにこだわった。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
「新虎通り」開通以前の2015年2月オープン。京の町家を思わせる外観が目を惹く。
週替わりでひと工夫された魅力的な惣菜が並ぶデリカテッセン。「デリボックス」はテイクアウトで1080円~(イートインは1350円~)。
新型コロナウィルスの蔓延防止のため、多くの飲食店が休業や営業自粛によって苦境に陥っている。そんな飲食店を応援しようという『さきめしSupported by SUNTORY』プロジェクトが始まっている。
143views F&D 最新情報
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt