MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
煮干しつけ麺 宮元|パンチがあるのに食べやすい 煮干しがガツンと利いた極濃つけめん(ラーメン/蒲田)

煮干しつけ麺 宮元|パンチがあるのに食べやすい 煮干しがガツンと利いた極濃つけめん(ラーメン/蒲田)

小岩の人気店「麺屋 一燈」出身の店主が独立し「煮干しつけ麺 宮元」を開店。看板メニューは「極濃煮干しつけ麺」。[交]JR蒲田駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

煮干しつけ麺 宮元(最寄駅:蒲田駅)

「極濃煮干しつけ麺」のつけ汁のベースは鶏ガラや丸鶏、モミジなどの鶏で、ゲンコツや背ガラなどの豚と8対2の割合で作る。そこに大量の煮干し類を加え、独特の苦みやえぐみ、雑味をプラス。ガラ類も煮干しも普通の店では考えられないほど大量に使い、驚くほど深く濃厚な味わいに仕立てている。個性の強い煮干しの味をマイルドな動物スープが受け止めてくれるので、クセはなし。

「極上濃厚煮干しそば」にも鶏と豚、煮干しを使うが、材料が異なるためスープは別どりする。濃厚ながらも脂分をあまり含まないので、スープを飲み干していく客も多いそう。

特製極濃煮干しつけ麺
1030円

チャーシューは、オーブンで低温調理した肩ロースと高温で焼き目をつけた後、低温でじっくり火を入れる豚バラ肉の2種類がのる

極上濃厚煮干しそば
780円

生醤油を使ったタレを合わせ、濃厚なスープをきりりとまとめ上げている

煮干しつけ麺 宮元

[住所]東京都大田区西蒲田7-8-1
[TEL]03-5703-0213
[営業時間]11時~15時、18時~21時
[休日]年中無休
[座席]カウンター10席/禁煙/カード不可
[アクセス]JR蒲田駅西口から徒歩5分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5703-0213
2016年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
本郷三丁目の人気店『ねむ瑠』が手掛けるセカンドブランド。濃厚な“イカ煮干し”ラーメンで名を馳せる本店に対して、こちらは“カキ煮干し”ラーメンで注目を集めるが、店主の推しは “淡麗醤油”というから驚く。
シャキッと小気味いい野菜に、ゴツゴツとパワフルな縮れ麺。両者の相反する食感が、口の中で鮮やかに調和し引き立て合う。
桑名産ハマグリと宇和島直送の真鯛に、乾物からひいた和風ダシをあわせたトリプルスープ。そこに石臼挽き全粒粉をブレンドした自家製麺を浮かべた見事な一杯だ。
麺を持ち上げるとズッシリ重い。讃岐うどんさながらの剛麺ながらも、その口当たりはソフト。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
端正で見目麗しく透き通るほどの美しさ。これぞシンプルの極みの関西ダシ文化の賜物!
続々と登場している「進化系サバ缶」。なんと、福岡県北九州市小倉から「発酵系サバ缶」がデビュー!   しかも、「100年級のサバ缶」。タイムカプセルのような、絶品サバ缶をご紹介!
名前通り、土佐清水市と連携協定を締結し、アンテナショップ的な役割も果たす居酒屋だ。土佐清水が発祥の地とも言われるカツオのたたき(藁焼き)や「清水さば」をはじめ、産地直送で届く鮮魚。
スイーツ好きにとって垂涎の的である名パティスリー。ガトーフレーズの外見はまさに王道だが、シンプルだからこそ、オーナーシェフ・和泉光一さんのこだわりを体感できる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt