MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
Ristorante HiRo CENTRO|東京の中心で、絶景と共に味わう一流の味に酔いしれる(パスタ/丸の内)

Ristorante HiRo CENTRO|東京の中心で、絶景と共に味わう一流の味に酔いしれる(パスタ/丸の内)

夜はコース1万円以上する高級店のパスタの味を、平日ランチならお手頃価格で楽しめる。〝ジャパニーズイタリアン〟を掲げるこの店のメニューは、日本の暦や旬、話題の食材に合わせて数週間ごとに変わるのが特徴。 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》Ristorante HiRo CENTRO|東京の中心で、絶景と共に味わう一流の味に酔いしれる(パスタ/丸の内)の画像をチェック! navigate_next

Ristorante HiRo CENTRO(最寄駅:東京駅)

ランチのパスタも厳選された肉や魚を使い、見た目や味だけでなく、香草などを上手に利用することで香りを大事にして調理しているという。デザートやカフェまで、最高のサービスで供してくれるのもうれしい。 ライブ感があふれる広々としたオープンキッチンも魅力だが、忘れてはならないのは目の前に広がる35階からの絶景だ。ため息が漏れるほど美しい東京の街並みと共に、一流シェフの味を堪能できるのだから、これはもう訪れない手はない。

Pranzo A(平日限定)
1620円

パスタは3種から選べる。写真は「コンフィにしたマグロのカマのスパゲッティ〝プッタネスカ〟ハーブの香りを添えて」。オリーブなどを加えたトマトソースの酸味がオイル煮にしたマグロのカマに合う。これに自家製パン、デザート、カフェが付く

カッサータシチリアーナ

ランチのデザートの1種。リコッタチーズにドライフルーツなどを混ぜたアイスケーキ

広島県産もち豚とロメインレタスのスパゲッティーニパルミジャーノを仕上げに

豚もも肉やバラ肉など数種類の部位をそれぞれ火入れし、最後に全部を合わせて軽く煮込む。それをパスタと合わせ、パルミジャーノチーズとレモンの風味で優しい酸味をプラス

Ristorante HiRo CENTRO

[住所]東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング35階 [TEL]03-5221-8331 [営業時間]11時~15時半(14時LO)、18時~23時(21時LO) [休日]無休(施設に準ずる) [席]テーブル58席、個室(4名~8名)1室、計66席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10%、夜のみ窓側の席はチャージ1080円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩2分

電話番号 03-5221-8331
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
郷愁そそるナポリタンを、古書の街・神保町の喫茶店で食べる……それは単なる古本探しの最中の腹ごなしなのか? 覆面で実食の結果、そこにはこの街とナポリタンの不思議な関連性が見えてくるのだった。
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル