MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
山くじら すき焼 ももんじや|浮世絵にも描かれた“山くじら”をいただく(すき焼き/両国)

山くじら すき焼 ももんじや|浮世絵にも描かれた“山くじら”をいただく(すき焼き/両国)

「山くじら すき焼 ももんじや」は1718(享保3)年創業の山くじら(猪肉)料理の専門店。 [交]総武線両国駅西口から徒歩5分 ※ランチタイムあり

山くじら すき焼 ももんじや(最寄駅:両国駅)

江戸時代には両国界隈にも何軒かあったようだが、今も残るのは同店のみ。猪肉は丹波や鈴鹿などから取り寄せ、基本は味噌仕立ての「すき焼き」で提供。昼は定食や丼もある。

猪丼定食
1200円


山くじら すき焼 ももんじや

東京都墨田区両国1-10-2 ☎03-3631-5596 [営]11時半〜14時※基本的に昼営業は火〜土のみ、17時〜21時 [休]日 ※12月と大相撲開催中は営業 [交]総武線両国駅西口から徒歩5分

電話番号 03-3631-5596
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
8年ほど前から提供しているという名物の「雲丹しゃぶしゃぶ」は今も変わらずこの店の代名詞。目にも鮮やかなオレンジ色のウニスープで、鯛やホタテなど海鮮を味わう鍋。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt