MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
築地トゥットベーネ!|築地で発見! 海鮮の旨みが詰まった名物ピッツァ(ピザ/築地)

築地トゥットベーネ!|築地で発見! 海鮮の旨みが詰まった名物ピッツァ(ピザ/築地)

人気イタリアン「築地パラディーゾ!」の2号店「築地トゥットベーネ!」。薪窯を使った料理を看板にオープンした。数あるピッツァメニューの中でもここでしか味わえない独創的な1品が、その名も「パラディーゾ」。[交]築地駅1番出口から徒歩5分、新富町駅から徒歩8分、築地市場駅から徒歩11分 ※ランチタイム有

築地トゥットベーネ!(最寄駅:築地駅)

数あるピッツァメニューの中でもここでしか味わえない独創的な1品が、その名も「パラディーゾ」。肉厚のハマグリやホタテなど築地で仕入れた新鮮な魚介を生地が見えなくなるほど敷き詰め、味付けにはトマトソースのほかに海鮮から出たダシを余すところなく加えている。ボリューム満点の具をしっかり受け止めるのは、イタリア産と国産の小麦粉をブレンドした生地。適度な弾力と軽さが心地よい口当たりで、見事にマッチ。

パラディーゾ
2592円

ハマグリやムール貝など7、8種類の魚介を使う。それぞれ別に火を通した後、薪窯で焼いた生地にのせて再び窯で仕上げる。魚介のエキスが味の決め手

マルゲリータ
1296円

トマトそのものの酸味を生かしたソースとモッツァレラチーズがたっぷり。450℃ほどの火力の薪窯で香ばしく焼き上げている。使用するのはナラと杉の薪

魚介の窯焼き盛り合わせ
(2~3人用)4104円

手長エビやハマグリ、天然ホタテなど5種類を豪快に窯焼きにした、食材のシンプルな旨みを楽しめる

イタリアンパセリとパルミジャーノチーズのスパゲティ
1728円

太めの麺はモチモチとした食感。パルミジャーノチーズとイタリアンパセリがふんだんに入る

築地トゥットベーネ!

東京都中央区築地7-10-10 ☎03-6278-7048 [営]11時半~14時、 18時~22時LO [休]日 [席]1階カウンター11席、2階テーブル2席×6卓、4席×2卓、計31席/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜のみコペルト216円別(変更の予定あり) [交]地下鉄日比谷線ほか築地駅1番出口から徒歩5分、東京メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩8分、都営地下鉄大江戸線 築地市場駅 徒歩11分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6278-7048

トゥットベーネ!の関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
石神井公園『ピッツェリア ジターリア ダ フィリッポ』|「貧乏人のスパゲティ」は目玉焼きを崩してパスタに絡めた素朴な料理。カルボナーラの原形とも言われている。
浅草の人気ロメスパといえばここ。メニューは4種類のみだが、店名に掲げている通りイチオシはカルボ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt