MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
築地トゥットベーネ!|築地で発見! 海鮮の旨みが詰まった名物ピッツァ(ピザ/築地)

築地トゥットベーネ!|築地で発見! 海鮮の旨みが詰まった名物ピッツァ(ピザ/築地)

人気イタリアン「築地パラディーゾ!」の2号店「築地トゥットベーネ!」。薪窯を使った料理を看板にオープンした。数あるピッツァメニューの中でもここでしか味わえない独創的な1品が、その名も「パラディーゾ」。[交]築地駅1番出口から徒歩5分、新富町駅から徒歩8分、築地市場駅から徒歩11分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》築地トゥットベーネ!|築地で発見! 海鮮の旨みが詰まった名物ピッツァ(ピザ/築地)の画像をチェック! navigate_next

築地トゥットベーネ!(最寄駅:築地駅)

数あるピッツァメニューの中でもここでしか味わえない独創的な1品が、その名も「パラディーゾ」。肉厚のハマグリやホタテなど築地で仕入れた新鮮な魚介を生地が見えなくなるほど敷き詰め、味付けにはトマトソースのほかに海鮮から出たダシを余すところなく加えている。ボリューム満点の具をしっかり受け止めるのは、イタリア産と国産の小麦粉をブレンドした生地。適度な弾力と軽さが心地よい口当たりで、見事にマッチ。

パラディーゾ
2592円

ハマグリやムール貝など7、8種類の魚介を使う。それぞれ別に火を通した後、薪窯で焼いた生地にのせて再び窯で仕上げる。魚介のエキスが味の決め手

マルゲリータ
1296円

トマトそのものの酸味を生かしたソースとモッツァレラチーズがたっぷり。450℃ほどの火力の薪窯で香ばしく焼き上げている。使用するのはナラと杉の薪

魚介の窯焼き盛り合わせ
(2~3人用)4104円

手長エビやハマグリ、天然ホタテなど5種類を豪快に窯焼きにした、食材のシンプルな旨みを楽しめる

イタリアンパセリとパルミジャーノチーズのスパゲティ
1728円

太めの麺はモチモチとした食感。パルミジャーノチーズとイタリアンパセリがふんだんに入る

築地トゥットベーネ!

東京都中央区築地7-10-10 ☎03-6278-7048 [営]11時半~14時、 18時~22時LO [休]日 [席]1階カウンター11席、2階テーブル2席×6卓、4席×2卓、計31席/全席禁煙/予約可/夜のみカード可/サなし、夜のみコペルト216円別(変更の予定あり) [交]地下鉄日比谷線ほか築地駅1番出口から徒歩5分、東京メトロ有楽町線 新富町駅 徒歩8分、都営地下鉄大江戸線 築地市場駅 徒歩11分 ※ランチタイム有

電話番号 03-6278-7048

トゥットベーネ!の関連記事

2015年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
郷愁そそるナポリタンを、古書の街・神保町の喫茶店で食べる……それは単なる古本探しの最中の腹ごなしなのか? 覆面で実食の結果、そこにはこの街とナポリタンの不思議な関連性が見えてくるのだった。
3種のチーズのフレッシュでミルキーな味わいに全身が幸福感に包まれた。併設のチーズ工房では、毎朝東京・清瀬市の牧場から届く搾りたての生乳を鮮度を保ったまま加工。
「たらスパ」の魅力に取り憑かれたオーナーが営む無限大の可能性を秘めたたらこスパゲッティ専門店!
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
とある調査によれば、男性にとってパスタはモノ足りないランチの代名詞なんだとか。しかし、そんなイメージを覆すのが、ボロネーゼ専門店によるこのひと皿。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル