MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「くりから」は個性派メニューも人気を呼ぶうなぎ串の雄(うなぎ/中井)

「くりから」は個性派メニューも人気を呼ぶうなぎ串の雄(うなぎ/中井)

「くりから」の店主自ら問屋に足を運んで仕入れるのは、国産の中でも特に質の良い三河一色産のうなぎ。

くりから(最寄駅:中井駅)

毎朝串打ちし、備長炭で丁寧に焼き上げることで部位によって異なる個性が光る。
また頭をじっくり揚げた「しゃれこうべ」や、身や肝にパクチーをあしらった「うなパクチー」など、創意工夫あふれるメニューも人気。

3点盛 
690円

写真上からくりから、肝焼き、ヒレのセットで、まずはこれを注文するのがこちらのスタイル

しゃれこうべ
290円

2〜3時間かけてうなぎの頭をじっくり揚げる。サクサクとしてスナック感覚。ビールのお供にぴったり

うなぎつくね串
380円

店で挽いたうなぎミンチで作る。炙れば濃厚なコクがあふれる

くりから

東京都新宿区中落合1-13-5 ☎03-6908-1607 [営]17時〜23時(22時半LO)、日祝は17時〜22時(21時半LO) [休]水 [席]カウンター11席、テーブル4席×3卓 計23席/禁煙席なし/カード不可/テーブル席のみ予約可/サなし [交]西武新宿線中井駅から徒歩3分

電話番号 03-6908-1607
2016年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
JR寺田町駅すぐという現在の場所で30年以上、前身の川魚の販売店から数えると80年以上の歴史を誇る。こちらの特徴はなんといってもその調理法。
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
1681年創業。うなぎの名産地として知られる柳川を代表する名店だ。
関東では一般的と言っていいうな串。関西ではほとんど見かけることのないこのスタイルで、10年以上前から人気を集めている。
明治から受け継がれる店の伝統は、とにかく質のいいうなぎを使うこと。上物をいかにたくさん継ぎ足しのタレにくぐらせるか。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt