MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
揚子江菜館|シンプルな焼きそばに秘められた丁寧な仕事ぶり(中華料理/神保町)

揚子江菜館|シンプルな焼きそばに秘められた丁寧な仕事ぶり(中華料理/神保町)

「揚子江菜館」は明治39年創業という老舗の上海料理店。昭和初期に2代目店主が考案し、看板料理のひとつになったのがこの「上海式肉焼きそば」だ。[交]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》揚子江菜館|シンプルな焼きそばに秘められた丁寧な仕事ぶり(中華料理/神保町)の画像をチェック! navigate_next

揚子江菜館(最寄駅:神保町駅)

専用に特注する麺は、厳選した卵をふんだんに練り込んだ細麺。茹でてから洗ってヌメリを落とし、冷蔵庫で寝かせることでモッチリとした食感を生み出す。これにタレをもみ込み、軽く炒めてからいったん冷まして味をしみ込ませ、さらに注文を受けてから具材と共に再度炒めることでパリッと香ばしい焼き目をつけている。これが“二度焼き”というこの店ならではの手法だ。手間ひま惜しまぬ丁寧な仕事ぶりで、今も変わらぬ伝統の味を守り続けている。

上海式肉焼きそば
1300円

味つけはシンプルに醤油と塩・胡椒。具材に玉ねぎをふんだんに使用することで甘みを出している。食通としても知られる作家の池波正太郎もこの焼きそばのファンだった

すぶた
2260円

モモ肉の中でも特に柔らかい部位“シンタマ”を使用。衣は極薄くあっさり。大振りに切られたサツマイモやキュウリなど酢豚には珍しい具材も入る

揚子江菜館

■『揚子江菜館』
[住所]東京都千代田区神田神保町1-11-3
[TEL]03-3291-0218
[営業時間]11時半〜22時(21時半LO)
[休日]年末年始
[座席]テーブル120席、4名〜35名用個室5室 計170席/禁煙席なし/カード可/予約可/サなし、個室のみテーブルチャージ1卓1000円
[アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅A7出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

電話番号 03-3291-0218
2016年6月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
そもそも「焼飯」とは何か、チャーハンと何が違うのかという話がありますが、メニューに「焼飯」と書かれた料理は数少なく……。その上、「ソース焼飯」ときた。この謎のメニューを追跡。実態を調べてみました。
横浜といえば、焼売。多くの店で食べられます。崎陽軒をはじめ、お土産としても名高いです。そんなハマの焼売がいつから愛されてきたのか。そのルーツをもとめて“シウマイ”の店を巡りました。
新幹線が止まるターミナル駅ながら、駅ビルにビックカメラや高島屋があるなど、実は生活に密着し、機能的な新横浜。そこで、横浜土産といえば、やっぱりコレ! なテイクアウトできる全焼売を食べ比べてみた。
飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル