MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おとなの趣味、事はじめ おいしい「寄席」東京おすすめ9店(和食/東京)

おとなの趣味、事はじめ おいしい「寄席」東京おすすめ9店(和食/東京)

面白さは無限大、いま落語がアツい!「落語」、聴いたことありますか?たったひとりの人間が、語り一つで繰り広げるその世界観は、まさにミラクルな小宇宙。ウィットにあふれ、小粋なネタが満載の落語はおとなの趣味にうってつけ。さぁまずは、寄席に行ってみませんか? エリア:新宿三丁目/浅草/上野/池袋/田原町

喫茶 楽屋【新宿三丁目】 寄席:末廣亭

寄席餅

新宿末廣亭の真裏。昭和33年開業の和の佇まいが落ち着く純喫茶。〝楽屋〟の名前通り、噺家さんが打ち合わせや休憩にもよく利用していて、壁には深夜寄席の番組表なども。磯辺餅と甘辛餅に昆布茶が付いた「寄席餅」などもおすすめ。寄席の前後に立ち寄りたい!

東京都新宿区新宿3-6-4 2F ☎03-3351-4924 [営]10時~20時 [休]月2日不定休 [席]24席/禁煙席なし/カード不可/予約不可 [交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目B2出口より徒歩2分

ドン・キホーテ 藤田Bar【新宿三丁目】 寄席:末廣亭

新宿の伝説的バー『いないいないばぁー』で活躍、古谷三敏氏の漫画「BARレモン・ハート」のマスターのモデルとも言われる藤田氏のバー。古谷氏曰く〝日本一のジン・リッキー〟が飲める。マスターは気さくで「まかないバー」とも呼ばれる料理も旨く、お腹が空いても大丈夫

東京都新宿区新宿5-11-29 幸ビル1F ☎03-3341-6800 [営]18時半~翌2時 [休]日・祝 [席]カウンター6席、個室12席、計18席 禁煙席なし/カード不可/予約可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C7出口から徒歩3分

西尾さん【新宿三丁目】 寄席:末廣亭

おでん

魚介系の黒い出汁で煮込まれた黒はんぺんや大根、たまご、1本130円の静岡おでんが名物。自分で鍋から取って、鰹節と青海苔の混じった出汁粉をかける。これと京都の昆布屋から仕入れた昆布入り焼酎のお湯割が最高に合う。予約至難だが口開け早々の時間なら入れるかも

東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビルB1 ☎03-3358-6625 [営]17時~24時(22時半 LO、23時15分飲み物LO) [休]月または日 [席]16席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C1出口から徒歩2分

千束いせや【浅草】 寄席:浅草演芸ホール

天丼

天ぷらは、ごま油をブレンドした高い温度の油で揚げられた江戸前。天丼は100年継ぎ足して熟成されたコクのある丼つゆも特徴だ。土手のいせやとは兄弟店。「下町らしい気遣いのあるいい天ぷら屋さんで、ご主人は五街道雲助師匠のいとこでもあります。おかみさんの笑顔も素敵」

東京都台東区千束2-23-5 第3コンパスビル1F ☎03-3872-5588 [営]11時半~15時、17時~20時半 [休]水 [席]22席(座敷あり) カード不可/予約可 [交]台東区循環バス「北めぐりん」千束2丁目バス停前

BAR ねも【田原町】 寄席:浅草演芸ホール

「浅草は老舗バーも多いですが、こちらは日本を代表する正しいバー。名だたる名人の師匠も皆いらしてるようです」。ご主人の根本寛さんは、洋酒鑑定士や蒸留所公認ウイスキーテイスターの称号を持ち、スコッチの在庫だけでも7400種類。特にグレンファークラスは見逃せない

東京都台東区浅草1-11-11 ☎03-3841-1650 [営]17時~翌2時 [休]無休 [席]カウンター20席/カード不可/予約可 [交]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩4分

酒場 やきとり 文楽【上野】 寄席:鈴木演芸場

上野アメ横のガード下。いつも賑わっていて、昼から楽しめる。焼鳥は鮮度のいい国産の素材にこだわり、ゆっくり時間をかけた煮込みも人気。「上野らしいこの雑踏の賑わいがいいですな。かと思えば、もつ煮込みやレバー、焼きもののレベルは高いですから。拙は焼酎お湯割で」

東京都台東区上野6-12-1 ☎03-3832-0319 [営]14時~23時、土日12時~20時ごろ [休]無休 [席]70席/カード不可/予約不可 [交]JR上野駅広小路口から徒歩5分

岩手屋本店【上野】 寄席:鈴木演芸場

「若い頃兄弟子に連れてこられたのが最初ですが、年を重ねてよさがわかる店。三遊亭圓歌師匠もよくいらしたようです」。くさややひらめ昆布締めなどをアテに、樽に入った岩手の銘酒「酔仙」で一杯。ていねいに磨き込まれた優しい風情のカウンターも落ち着く、大人の居酒屋だ

東京都文京区湯島3-38-8 ☎03-3836-9588 [営]16時~22時(21時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル16席、全24席/カード不可/予約可 [交]地下鉄千代田線湯島駅4番出口から徒歩2分

萬屋松風【池袋】 寄席:池袋演芸場

池袋演芸場の斜向かい。繁華街の中にあって古民家風の趣ある店構えも目を引く。「表もそうですが、使い込まれた板の間の、各席が個室っぽい作りで落ち着きますな。おからコロッケや衣かつぎなどで日本酒をやるのが最高です」。日本酒の品揃えとそれに合う肴、燗もまた絶妙。

東京都豊島区西池袋1-24-5 ☎03-3986-1047 [営]17時~23時半(23時LO) [休]無休 [席]110席/カード可/予約可 [交]JR池袋駅西口から徒歩2分

やきとんのみつぼ【池袋】 寄席:池袋演芸場

店名は平成元年、学習院下で「三坪五席」で始めたことから。当時から「つぶしたて」の焼きとん炭火焼がウリだ。「拙は創業時からお世話になってますが、つぶしたて焼きとんの旨さは変わりません。カシラは外せないところ。鮮度のいいハチノスやセンマイの刺身などもおすすめ」

東京都豊島区南池袋2-16-1 長岡ビル1F ☎03-3988-1396 [営]16時半~24時 [休]日・祝 [席]38席/カード不可/予約可 [交]JR池袋駅東口から徒歩5分

2016年3月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
910views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
19275views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
「ひつまぶし」の激戦区、名古屋駅前にオープンした『ひつまぶし う家』は、通常の1.6倍の大サイズの鰻を使った「大ひつまぶし」が名物。 今年2月末以降、新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で『ひつまぶし う家』はテイクアウトメニューに力を入れてきた。 そして、系列店で同じ建物内にある『札幌 かに家』のテイクアウトも、かにを存分に堪能できるものばかりなのだ。
松戸を中心に店舗展開する超人気店『中華蕎麦 とみ田』が、満を持して東京に上陸。同店の代名詞である超濃厚な豚骨魚介つけ麺と、富田店主が業界入りするきっかけにもなった名店『東池袋大勝軒』のクラシカルなつけ麺を二枚看板で提供する。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
222views F&D 最新情報

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt