MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
おとなの趣味、事はじめ おいしい「寄席」東京おすすめ9店(和食/東京)

おとなの趣味、事はじめ おいしい「寄席」東京おすすめ9店(和食/東京)

面白さは無限大、いま落語がアツい!「落語」、聴いたことありますか?たったひとりの人間が、語り一つで繰り広げるその世界観は、まさにミラクルな小宇宙。ウィットにあふれ、小粋なネタが満載の落語はおとなの趣味にうってつけ。さぁまずは、寄席に行ってみませんか? エリア:新宿三丁目/浅草/上野/池袋/田原町

perm_media 《画像ギャラリー》おとなの趣味、事はじめ おいしい「寄席」東京おすすめ9店(和食/東京)の画像をチェック! navigate_next

喫茶 楽屋【新宿三丁目】 寄席:末廣亭

寄席餅

新宿末廣亭の真裏。昭和33年開業の和の佇まいが落ち着く純喫茶。〝楽屋〟の名前通り、噺家さんが打ち合わせや休憩にもよく利用していて、壁には深夜寄席の番組表なども。磯辺餅と甘辛餅に昆布茶が付いた「寄席餅」などもおすすめ。寄席の前後に立ち寄りたい!

東京都新宿区新宿3-6-4 2F ☎03-3351-4924 [営]10時~20時 [休]月2日不定休 [席]24席/禁煙席なし/カード不可/予約不可 [交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目B2出口より徒歩2分

ドン・キホーテ 藤田Bar【新宿三丁目】 寄席:末廣亭

新宿の伝説的バー『いないいないばぁー』で活躍、古谷三敏氏の漫画「BARレモン・ハート」のマスターのモデルとも言われる藤田氏のバー。古谷氏曰く〝日本一のジン・リッキー〟が飲める。マスターは気さくで「まかないバー」とも呼ばれる料理も旨く、お腹が空いても大丈夫

東京都新宿区新宿5-11-29 幸ビル1F ☎03-3341-6800 [営]18時半~翌2時 [休]日・祝 [席]カウンター6席、個室12席、計18席 禁煙席なし/カード不可/予約可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C7出口から徒歩3分

西尾さん【新宿三丁目】 寄席:末廣亭

おでん

魚介系の黒い出汁で煮込まれた黒はんぺんや大根、たまご、1本130円の静岡おでんが名物。自分で鍋から取って、鰹節と青海苔の混じった出汁粉をかける。これと京都の昆布屋から仕入れた昆布入り焼酎のお湯割が最高に合う。予約至難だが口開け早々の時間なら入れるかも

東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビルB1 ☎03-3358-6625 [営]17時~24時(22時半 LO、23時15分飲み物LO) [休]月または日 [席]16席/全席禁煙/カード不可/予約可/サなし [交]地下鉄丸ノ内線ほか新宿三丁目駅C1出口から徒歩2分

千束いせや【浅草】 寄席:浅草演芸ホール

天丼

天ぷらは、ごま油をブレンドした高い温度の油で揚げられた江戸前。天丼は100年継ぎ足して熟成されたコクのある丼つゆも特徴だ。土手のいせやとは兄弟店。「下町らしい気遣いのあるいい天ぷら屋さんで、ご主人は五街道雲助師匠のいとこでもあります。おかみさんの笑顔も素敵」

東京都台東区千束2-23-5 第3コンパスビル1F ☎03-3872-5588 [営]11時半~15時、17時~20時半 [休]水 [席]22席(座敷あり) カード不可/予約可 [交]台東区循環バス「北めぐりん」千束2丁目バス停前

BAR ねも【田原町】 寄席:浅草演芸ホール

「浅草は老舗バーも多いですが、こちらは日本を代表する正しいバー。名だたる名人の師匠も皆いらしてるようです」。ご主人の根本寛さんは、洋酒鑑定士や蒸留所公認ウイスキーテイスターの称号を持ち、スコッチの在庫だけでも7400種類。特にグレンファークラスは見逃せない

東京都台東区浅草1-11-11 ☎03-3841-1650 [営]17時~翌2時 [休]無休 [席]カウンター20席/カード不可/予約可 [交]地下鉄銀座線田原町駅3番出口から徒歩4分

酒場 やきとり 文楽【上野】 寄席:鈴木演芸場

上野アメ横のガード下。いつも賑わっていて、昼から楽しめる。焼鳥は鮮度のいい国産の素材にこだわり、ゆっくり時間をかけた煮込みも人気。「上野らしいこの雑踏の賑わいがいいですな。かと思えば、もつ煮込みやレバー、焼きもののレベルは高いですから。拙は焼酎お湯割で」

東京都台東区上野6-12-1 ☎03-3832-0319 [営]14時~23時、土日12時~20時ごろ [休]無休 [席]70席/カード不可/予約不可 [交]JR上野駅広小路口から徒歩5分

岩手屋本店【上野】 寄席:鈴木演芸場

「若い頃兄弟子に連れてこられたのが最初ですが、年を重ねてよさがわかる店。三遊亭圓歌師匠もよくいらしたようです」。くさややひらめ昆布締めなどをアテに、樽に入った岩手の銘酒「酔仙」で一杯。ていねいに磨き込まれた優しい風情のカウンターも落ち着く、大人の居酒屋だ

東京都文京区湯島3-38-8 ☎03-3836-9588 [営]16時~22時(21時半LO) [休]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル16席、全24席/カード不可/予約可 [交]地下鉄千代田線湯島駅4番出口から徒歩2分

萬屋松風【池袋】 寄席:池袋演芸場

池袋演芸場の斜向かい。繁華街の中にあって古民家風の趣ある店構えも目を引く。「表もそうですが、使い込まれた板の間の、各席が個室っぽい作りで落ち着きますな。おからコロッケや衣かつぎなどで日本酒をやるのが最高です」。日本酒の品揃えとそれに合う肴、燗もまた絶妙。

東京都豊島区西池袋1-24-5 ☎03-3986-1047 [営]17時~23時半(23時LO) [休]無休 [席]110席/カード可/予約可 [交]JR池袋駅西口から徒歩2分

やきとんのみつぼ【池袋】 寄席:池袋演芸場

店名は平成元年、学習院下で「三坪五席」で始めたことから。当時から「つぶしたて」の焼きとん炭火焼がウリだ。「拙は創業時からお世話になってますが、つぶしたて焼きとんの旨さは変わりません。カシラは外せないところ。鮮度のいいハチノスやセンマイの刺身などもおすすめ」

東京都豊島区南池袋2-16-1 長岡ビル1F ☎03-3988-1396 [営]16時半~24時 [休]日・祝 [席]38席/カード不可/予約可 [交]JR池袋駅東口から徒歩5分

2016年3月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
最近巷をにぎわせている飲料と言えば、クラフトコーラ、レモンサワーにノンアルビール&サワー。評判の店に行ったり、飲み比べをしたりで、それらの評判に偽りなし!なのかどうかを確かめてみました!
あったか〜いご飯に、卵をのせ、醤油をまわしかけ、かっこむ。言ってしまえばそれだけの卵かけご飯。でもそれが美味しくて、今ではTKGと呼ばれるほどの人気メニューに。各店の個性も出てきて、様々な店で食べるのも楽しいです。そんなTKGのオススメ店5軒をご紹介!
冬の味覚で名前が挙がるものといえば「牡蠣」。生でも焼きでもフライでも、どのように調理しても美味しくいただけます。ここでは、「おとなの週末」で紹介した三ツ星店から5軒ご紹介します!
調理パンの王様的存在は何といってもカレーパンでしょう。揚げた生地のサクサクした食感に、ねっとりとした濃厚な具材の調和が食欲をそそります。 スパイシーな香り、食べた満足感……。「おとなの週末」が選ぶ東京都内で激ウマなカレーパンが食べられるお店はココだ!
寒さが身に染みる真冬は一杯のラーメンが恋しいもの。醤油に塩、味噌、とんこつ……。数あるジャンルの中から選ぶとしたら、この時期は辛さがじんわりとカラダを温めてくれる「担々麺」ではないでしょうか。名店が集う激戦区の東京から5店を紹介します!
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル