MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「たくあん牡丹亭」のランチタイム限定で食べられるカレー(カレー/新宿)

「たくあん牡丹亭」のランチタイム限定で食べられるカレー(カレー/新宿)

西新宿にある『たくあん牡丹亭』は、カレーを主体とする店ではない。和牛を使ったすき焼き・ステーキの店だ。ちなみに、夜は結構いいお値段します。[交]都営大江戸線西新宿五丁目駅清水橋出口より徒歩5分 、東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩7分 、山手線新宿駅西口より徒歩12分 ※ランチタイム有

たくあん牡丹亭(最寄駅:西新宿駅)

コチラはスパイス感あふれるカレーではない。いただいた「キーマエッグドライカレー」は、炒めた玉ネギの甘み、挽き肉のコクがたっぷり。それを包み込むような、おだやかな香りと辛さがご飯に超絶合う! これぞまさしく“ニッポンのカレー”だ。なんでも女将さんの母親が信州でカレー屋を営んでいた時のレシピで今も作っているそう。老若男女に愛されるカレーとはこういうものを言うのでしょう。

キーマエッグドライカレー
1080円

たくあん牡丹亭

東京都新宿区西新宿4-15-1 ☎03-5354-3071 [営]11時半~15時LO、17時~22時LO [休]無休 [交]都営大江戸線西新宿五丁目駅清水橋出口より徒歩5分 、東京メトロ丸の内線西新宿駅より徒歩7分 、山手線新宿駅西口より徒歩12分 ※ランチタイム有

電話番号 03-5354-3071
2016年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt