MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
「okudo 東京」の担々麺は切れ味抜群!花椒香り深みある旨さを堪能(担々麺/新宿)

「okudo 東京」の担々麺は切れ味抜群!花椒香り深みある旨さを堪能(担々麺/新宿)

ゴマ風味を前面に押し出した担々麺とは一線を画し、四川の花椒テイストを最初にパンッ! と感じさせてくれる「okudo 東京(オクド トウキョウ)」の担々麺。切れ味抜群だ。 ※ランチタイムあり

perm_media 《画像ギャラリー》「okudo 東京」の担々麺は切れ味抜群!花椒香り深みある旨さを堪能(担々麺/新宿)の画像をチェック! navigate_next

Okudo東京(最寄駅:新宿御苑前駅)

かつてこちらにあった「Tongking」の人気の担々麺を縁あって引き継ぎ、復活させた味わいでもある。 花椒の香りはもとより、オリジナルという四川風のラー油と醤油ダレが利いたスパイシーなスープがよい。中太のストレート麺がよく絡み、少し甘めの肉味噌を崩していくと、ニラ、ネギ、ゴマとも一体化して、口の中はなんともシアワセな旨々に。食べ進むにつれて、辛いだけじゃない旨みと奥行きが感じられるのである。食後はスパイシーな爽やかさ、それもまたよし。

担々麺
750円

まずはスープの香りと痺れを堪能すべし。ついでその深みと辛さを味わいたい。辛さレベルは「3」

☝︎ココに注目!
スープとラー油には桂皮(シナモン)が利いている。本場の花椒の風味もばっちり

香鶏麺(シャンチーメン)
800円

ハモンセラーノと鶏ガラから取る塩味のスープ。蒸し鶏には熱々のネギ油がかけられ、白髪ネギとパクチーもどっさり

純レバー炒め
800円

新鮮なレバーを炒めた人気の一品。ふわふわでレバーの旨みが濃い

[その他のメニュー]
辛口ミミガー500円、ベトナム風春雨サラダ950円、黒酢の酢豚1200円、本日の鮮魚650円〜、つぶ貝とニンニクの芽の上湯炒め650円、カニ肉チャーハン1000円など

Okudo東京

東京都新宿区新宿1-15-14 オムニビル1F ☎03-3354-1049 [営]11時半〜14時半(14時LO)、17時半〜23時(21時半LO) [休]日祝 [席]カウンター8席、テラス2席、テーブル8席、計18席/室内禁煙/カード不可/予約(夜)可/サなし・夜はワンドリンク注文を [交]地下鉄丸の内線新宿御苑前駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-3354-1049
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
『ホテルオークラ』や『希須林』で中華の腕を磨き、担々麺の某名店でも働いた経験を持つ店主が満を持して独立。昼間は「汁なし担々麺」と「担々麺」を看板に掲げる専門店ながら、夜はその腕を生かして、お酒が進む一品中華も提供する。
 和食屋、ラーメン店、定食屋と経験した店主が、その魅力を忘れられずに再びラーメンの世界へ。有名ラーメン店で働いていた頃に生み出したというふたつの無化調担々麺を引っ提げて、専門店として新たなスタートを切った。
唐辛子9種類、香辛料9種類を使って作られる香り豊かなラー油。香りが飛ばないように毎日挽かれる花椒の痺れ。
テーマは“毎日食べたくなる担々麺”。濃厚ながらも重くなく、カラダにやさしい汁なし担々麺を提供する。
中華の経験を活かした“痺れ系”ラーメンの専門店で、“汁あり”、“汁なし”、夏は“冷やし”と3種の担々麺を展開する。定番の“汁あり”は、豚をメインにした厚みのあるスープ。
最新記事
日本在住のロンドンっ子たちの間で話題になっているお店が表参道にオープン。その名は『リナストアズ』。ロンドンのソーホー地区で1944年に創業し、今もなお人気を誇るイタリアンデリカテッセン&レストランです。英国外初の出店となる1号店に伺いました。
琥珀色の米粒から、ぷぅ~んと匂い立つ醤油の香ばしさ。1929年の開業時から受け継がれた味だ。
『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。第1回は、国民的バンドとなったサザンオールスターズの桑田佳祐です。
活躍中のカメラマン・鵜澤昭彦氏による、美味なるマグロ探訪記。第3回は新宿山吹町にある、小料理屋『ぐり』の「天然生マグロづけ丼」。極上の「マグロ丼」は人と人との不思議な巡り会いで誕生した。
並のロースは税込800円。しかも羽釜で炊いたご飯と丼にたっぷりの豚汁付きでってところもうれしくなる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル