MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
タイ料理研究所(カレー/渋谷)│まろやかでクリーミーランチは生春巻きとスープもついてお得!

タイ料理研究所(カレー/渋谷)│まろやかでクリーミーランチは生春巻きとスープもついてお得!

22席の小ぢんまりした店内は、オープンキッチンの賑やかな音とスタッフの間で飛び交うタイ語でいつもエネルギッシュな雰囲気。ランチの「鶏肉のグリーンカレー」(1080円)は、タイから厳選して取り寄せるペーストにバイマクルやバイホーラパー(タイのスイートバジル)などを加えて香り高い仕上がり。※ランチタイムあり

perm_media 《画像ギャラリー》タイ料理研究所(カレー/渋谷)│まろやかでクリーミーランチは生春巻きとスープもついてお得!の画像をチェック! navigate_next

タイ料理研究所(最寄駅:渋谷駅)

ココナッツミルクを利かせ、かなりクリーミーな味わいだ。「エビとアボカド入りグリーンカレー」(1280円)もおすすめ。

ゲーン・キィオ・ワン・ガイ(鶏肉のグリーンカレー)
1080円

▲カレーの具は柔らかく煮込まれたチキンとナス、ピーマン。スープは辛み・酸味のあるものが基本で、辛くないタイプに変更可能。ディナーは1100円

パッ・タイ
1000円

▲エビ、モヤシがたっぷり入り、甘酸っぱい味付けが絶妙な麺料理。ディナーは1080円

タイ料理研究所

■『タイ料理研究所』
[住所]東京都渋谷区桜丘町24-8 新南平台マンション102号室 
[TEL]03-6455-3229 
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO) 
[休日]不定休 
[座席]カウンター6席、テーブル2席×4卓、4席×2卓 計22席/全席禁煙/夜のみ予約可/カード可/サなし 
[アクセス]JR山手線ほか渋谷駅南口から徒歩5分

電話番号 03-6455-3229
2016年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
東京都内に点在する自治体のアンテナショップでは、普段はお目にかかれない地方の特産品に出会えます。香川県と愛媛県が共同で運営する「せとうち旬彩館」の4月の「かくれた逸品」に選ばれたのは、香川の食品メーカーが開発した美味しいこんにゃく麺でした。
「ありそうでなかった、中華(広東)とタイ料理のいいとこどり」がコンセプト。屋台風の店内はカジュアルで、いつも活気に満ちている。
米麺で作るタイの炒め焼きそば“パッタイ”。後を引くコクと甘酸っぱさは、日本人の味覚にもっともハマるタイ料理のひとつだと思う。
ひっきりなしに訪れる客、エネルギッシュに飛び交う店員の声、ルミネの地下とは思えぬ、タイの屋台さながらの活気だ。現地から直輸入した調味料、スパイス、ハーブを駆使した、タイ人のベテランシェフによる料理は、どれを食べても本場の味に引けを取らない。
ホッピー、バイス、サワー類を揃え、昭和の大衆酒場的に楽しめるタイ料理だ。タイの中でもイサーン地方のグルメに特化し、現地から取り寄せる調味料やスパイスで、とことん本場の味を追求している。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル