MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
創業300年以上の蔵元9蔵が集結した日本酒文化の発信地(しゃぶしゃぶ/銀座)

創業300年以上の蔵元9蔵が集結した日本酒文化の発信地(しゃぶしゃぶ/銀座)

 福井県大野市の「源平酒造」をはじめ日本酒の老舗酒蔵8蔵と醤油蔵1蔵が共同で、2016年7月1日銀座に開店。昼は糀カフェ、夜は日本酒しゃぶしゃぶ専門店のふたつの顔を持つ。 [交]地下鉄銀座駅B5出口から徒歩5分 ※ランチタイムあり

悠久乃蔵(最寄駅:銀座駅)

 日本酒しゃぶしゃぶは、一升瓶に入った日本酒を約5合分鍋に注ぐ豪快かつ贅沢な料理。火をつけてアルコールをとばしたら、豚バラや肩ロース、野菜の盛り合わせをサッとくぐらせて食べる。豚肉は、麹を混ぜた飼料を食べて育った、同店オリジナルの「銀座蔵麹豚」。酒の旨み成分が、豚の甘みを引き出す。 昼の糀カフェは、定食や糀ドリンクを提供。日本酒を使ったスイーツもあり、店内での食事はもちろん、 持ち帰りも可能だ。各蔵自慢の日本酒(1合680円〜)は、一升瓶のボトルキープも可能。吞兵衛はご注文を。

日本酒 しゃぶしゃぶセット
1人前3900円〜

豚肉、野菜をゴマダレや無添加の粉末醤油・黄金ソルトでいただく。前菜3種、甘味付き。〆は釜炊きご飯で雑炊かうどんから選べる

蔵麹豚味噌焼定食
1100円

5種類あるランチのひとつ。味噌に吟醸酒粕を加え、ひと晩寝かせることで柔らかくなり、肉の旨みが味わえる。お米は飛騨コシヒカリを使用

ラテ プレーン、糀ソイラテ プレーン
各450円

発酵を止めて甘みだけを活かした、ノンアルコールの甘酒をベースにアレンジ。11時半〜16時半のランチ・カフェタイム限定

糀スムージー ミックスベリー
500円

糀かき氷
1000円

糀と豆乳、ノンアルコール甘酒を混ぜ、ふわふわの氷にする。そこへ甘酒を細かく潰した「糀ミルク」をかける夏季限定品

悠久乃蔵

東京都中央区銀座6-7-18 デイム銀座2階 ☎03-6264-5752 [営]11時半〜14時(13時半LO)、14時〜16時半、17時〜23時(22時LO、土・日・祝〜21時、20時LO) [休]無休 [交]地下鉄銀座駅B5出口から徒歩5分

電話番号 03-6264-5752
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
客はそれをネギのタワーともチョモランマとも呼ぶ。看板「葱豚しゃぶしゃぶ」のネギのことである。
牛タンの花に心も浮き立つ。均一の見事な薄さに手切りした"花びら"は1頭からわずかしか取れないタン元を使う贅沢なひと皿だ。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
世界700店以上で愛されている「本格薬膳蒙古火鍋しゃぶしゃぶ」が楽しめる。スープがとにかく秀逸で、看板メニューでもある「麻辣紅湯」は花椒が利いていて、旨みが深くクセになる味。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt