MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
全国47都道府県のカップ酒と相性抜群の肴に酔いしれる(日本酒バー/新宿三丁目)

全国47都道府県のカップ酒と相性抜群の肴に酔いしれる(日本酒バー/新宿三丁目)

棚に並ぶのは各地の蔵元が作る純米酒のカップ酒やカップ焼酎で、47都道府県すべてを網羅する。個性的なラベルの酒も多く、眺めているだけでも心が弾んでくる。

てんてんてん 新宿店(最寄駅:新宿三丁目駅)

それに合わせるつまみは、オーナー・布施さんや、店長・安田さんが手作りする旬の食材を使った素朴で優しい味わいの家庭料理。くつろげる雰囲気の店内は居心地も抜群。ついつい長居したくなる1軒だ。

鮎の塩焼き
840円

新鮮な鮎のほろ苦いワタや身からあふれる特有の香りが日本酒にピッタリ

夏野菜のあげびたし
620円

茄子、ズッキーニ、オクラなど素揚げした夏野菜をカツオと昆布から丁寧にひいたダシで作るツユにつけこんで上品な味わいに仕上げている

雪男 純米
840円

「鶴齢」で知られる新潟県青木酒造から直送。すっきりとしたキレがあり、どんな料理にもあわせやすい

豚の角煮 煮玉子付き
730円

下茹でした豚バラ肉を、継ぎ足して作るタレで8時間かけてじっくり煮込む。箸でスッと切れるほどの柔らかさだ

てんてんてん 新宿店

東京都新宿区新宿3-12-4 ☎03-3226-6331 [営]16時半〜24時(23時LO)、日15時半〜22時(21時LO) [休]無休 [席]カウンター6席、テーブル6席 計12席/全席禁煙/カード可/20時までの入店のみ予約可/サなし [交]地下鉄副都心線ほか新宿三丁目駅E4出口から徒歩1分

電話番号 03-3226-6331
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
日本酒の聖地と称される大塚。でもワインの店だって、続々と誕生しているのだ。
カウンター7席のナチュラルワインバー。店をひとりで切り盛りする女性店主は元パティシエール。
天然水の強炭酸ソーダと溶けにくい特製氷で作った、冴えた飲み口のハイボールがなんと30種類以上! 
シードルとウイスキーを愛する店主・藤井さんが2015年に開いたバー。午後3時から営業しているのも魅力で、シードルはグラスでも楽しめるほか、料理も充実。
バックバーに並ぶのは山椒、コーヒー、ラベンダーなどを漬け込んだ約50種の自家製リキュール。これをベースにソーダやトニックウォーター、はたまたリクエストに応えて、とフレキシブルに飲ませてくれる。
硬めに茹で、ミンチにしたベーコン、玉ネギ、トマトの旨みが溶けたコンソメスープに浸し、味を染み込ませたマカロニがポイント。ロングマカロニは手で折ってから茹でているため、ソースとのなじみも抜群だ。
基本的に定食類、弁当類は、鶏唐揚げデフォルトの脂っぽいおっさん女子とは、私のこと。 自粛要請というもののおかげで、今まで行かなかった居酒屋系の、ランチでのテイクアウトを食することができたのである……。そこで今回は、吉祥寺のおつまみ系鶏唐揚げのおすすめをご紹介だ!
三鷹の人気焼鳥店『焼鳥 山もと』が、火・水・金・土曜の昼限定で鶏そば専門店をスタート。プロの目利きに叶った大山鶏のガラや丸鶏、手羽先、手羽元、串打ちの際に生じる端材肉などを使い、上品な無化調清湯に仕立てている。
豊富な資源を持つ山形県河北町と、三軒茶屋界隈で6店舗経営する和音人が強力タッグを結成! 和と洋を融合した“出汁フレンチ&ビストロ割烹”をオープンした。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt