MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
タッカンマリの滋味深いスープに悶絶するほど癒されればいい!(韓国料理/月島)

タッカンマリの滋味深いスープに悶絶するほど癒されればいい!(韓国料理/月島)

タッカンマリは鶏一羽をさばいてお腹の中をきれいに掃除をし、じっくり煮込んだ韓国の水炊きである。

韓灯(最寄駅:月島駅)

ていねいにアクを取りながらコトコト時間をかけたスープは透明で、口に運べば体に沁みていくのがよくわかる。鶏一羽丸ごとのエキスが溶け出した味わいは、ハッとするほど滋味深く、癒し系だな。コラーゲンもたっぷりゆえツヤツヤと細胞も若返る。鶏肉はほろっと柔らかく箸先でほぐれるほど。これを塩や青唐、キムチと一緒に食せば、ん〜なんて真夏の極楽!

タッカンマリ※約3〜4人前(※前日までに予約)
4980円

余分な脂肪の少ない新鮮な若鶏を使い、大事に大事に作る。タッカンマリとは、韓国語で「鳥一羽」という意味

キムチ盛り合わせ
900円

お母さん手作りのキムチ。酸っぱい古漬けも人気

エゴマの葉
680円

自家製の醤油漬け。若返りビタミン豊富

テールスープ
1300円

濁らせないように大事に2日間煮込むというテールスープ。ほどよい牛の脂の香りとたっぷりのエキス感。とろけるテール肉。こちらも元気でるわ〜

韓灯

[住所]東京都中央区月島2-8-12 AS ONE月島B1F [TEL]03-3536-6635 [営業時間]17時半〜23時半(23時LO) [休日]月(祝営業) [席]36席/全席喫煙可/カード可/予約可/サなし [交通アクセス]東京メトロ・都営大江戸線月島駅9番出口から徒歩1分

電話番号 03-3536-6635
2016年9月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 従来の概念を覆す韓国料理である。宮廷料理をベースに、薬膳を用いて丁寧に作られたポッサムやプルコギ。
真っ赤なスープに丸ごとのタコが泳ぐ―。まずはそのビジュアルに、盛り上がること間違いなし。
KOREAN 水刺間(韓国料理/東京駅)「韓国料理はどこも似たりよったり」と言う人に、こちらのチゲや純豆腐をぜひ食べてもらいたい。「韓国の宮廷料理がベースなので、辛みより旨みが主役です」と、店長の野中さん。
月島エリアで韓国風モツ鍋。韓灯(ハンドゥン)のグルメ記事と写真のページ。“コプチャンジョンゴル”は、浅めの鍋で炊いた韓国風モツ鍋。「昔、プサンで食べたものをアレンジしました」と店主の金さん。
程よい脂のりのポッサム&自家製キムチのまろやかさと刺激のハーモニー。チヂミのサックリ具合とコクある味わい…オモニと息子さんたちが手間ひまかけて作る品々に、韓国料理がこんなに美味しいとは! と感動。
東京の寿司店で修業を積み、約10年前に地元・横浜で独立。「わざわざ足を運んでもらうような場所なので、握りもひと工夫しています。
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt