MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
おっさん女子の吉祥寺パトロール(2) 吉祥寺の高級スーパー激戦区扱いが間違っている件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(2) 吉祥寺の高級スーパー激戦区扱いが間違っている件

おそらく2014年あたりからだと思うが、なぜか吉祥寺の新しいファッションビルなどに高級スーパーが入る出来事が相次いだのであった。キラリナ@フードパルク(現在はキッチンコート)、コピス吉祥寺@三浦屋など。高級スーパー激戦区@吉祥寺の萌芽である……

吉祥寺の高級スーパー激戦区扱いが間違っている件

イラスト/スタジヲワンツー

 おそらく2014年あたりからだと思うが、なぜか吉祥寺の新しいファッションビルなどに高級スーパーが入る出来事が相次いだのであった。キラリナ@フードパルク(現在はキッチンコート)、コピス吉祥寺@三浦屋など。高級スーパー激戦区@吉祥寺の萌芽である……。

 そして事の発端は2016年冬、駅ビルのアトレ吉祥寺である。アトレには、そもそも吉祥寺ロンロンの時代からザ・ガーデン自由が丘が入っていた。地元民的に衝撃だったのが、そのザ・ガーデンが、なんと目と鼻の先である吉祥寺パルコB1に移転。アトレのザ・ガーデン跡地には、キノクニヤがすっぽりそのまんまの場所に収まったのである! 地元民絶句である! このお店シャッフルに、いったい何の意味があるの? と思った住民続出。しかし吉祥寺は高級スーパー激戦区! みたいな話ができあがっていったのであった。

 誤解を恐れつつ言えば(笑)、吉祥寺の住人は、食べ物関係はアトレ吉祥寺で買い物する生き物なのである。さらにその前身、吉祥寺ロンロンが大好きだった……。ロンロンにあった八百屋(今もある)の超威勢のいいオジサン(今はいない)からしか、野菜を買わない主婦とかが多数いたのである。駅ビルだから買い物の動線もいいし、なんといってもポイントカードがあるからな。Wポイントデイのアトレ吉祥寺は、超のつく賑わい。

 そしてザ・ガーデンである。地元民はザ・ガーデンを長年なんとな~く、利用していたのである。ザ・ガーデンを追っかけ、パルコB1で日々の買い物をする気などサラサラないのであった。アトレ吉祥寺にキノクニヤがはいった以上、みんなキノクニヤで買っているハズ。もちろん私も、である。薄情だけど、地元民はそんなもの……。毎日の習慣って恐ろしいよね……。

 そして2017年の1月に吉祥寺パルコのザ・ガーデンは10ヵ月たらずで閉店。自由が丘に帰ってしまった……。さようなら……。地元民の総意を図々しく代弁すると「やっぱり……」「最初からわかっていた」である。間違ってるよ、高級スーパーの激戦区扱い@吉祥寺。

 ちなみに『成城石井』はアトレの外れ……、じゃなくて西荻寄りにあるんだが、高級スーパー激戦区には巻き込まれていない。品ぞろえが、スイーツ、お菓子、パンなどの主食じゃない系をメインにしているからだと思う。賢いよね。住み分けしてるの。



天野七月/あまのななつき
ライター&ときどきエディター。吉祥寺在住、ざっくり30年くらい。基本おっさん女子、たま~に乙女マインド。いつも吉祥寺をふらふらしています。ちなみに無芸大食。

このグルメ記事のライター
天野七月@まとメシ

吉祥寺に住んで、ざっくり30年。基本「おっさん女子」の筆者が、たまに乙女マインドをチラつかせながら、地元民目線で食事情を語る。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
梅雨時のスッキリしない天気&気分を盛り上げるには、やっぱり肉だろ!と思うワケです。 そこで今回は、カツだよ! 揚げ物だよ! テンション上がるよね。もちろんカロリーも……。 吉祥寺の、カツ事情について考えてみたぞ〜!
ある日、都会のカフェで“フラットホワイト”という珍しいコーヒーを飲みました。フラットホワイトとは、エスプレッソにスチームミルクを入れたもの。フラットホワイトは都会にしかないのか? グーグル先生に聞いたところ、吉祥寺もあることを発見……! さっそくチェキってみました〜。 
梅雨時の高温多湿の日本で今食べるなら、ベトナム料理だろ! というワケで、今回は、私が勝手に吉祥寺“新興ベトナム三角地帯”と呼んでいる、吉祥寺の丸井周辺地域のベトナム料理屋を紹介したいと思います……。
自粛期間中、“日本中が、もーやってらんない”となった期間、私が最もやってらんない気分になったのは、スーパーでおやつ関係が品薄になっていたことである。 そんな私を支えてくれたのは、フルーツゼリー。近所のスーパーではフルーツゼリーが品薄になることはなかった(苦笑)。 そこで今回は、私が大好きなレモンゼリーについて語ろうと思う……!
2011年3月12日に博多駅~鹿児島中央駅間の、全区間で開業しました。 九州新幹線の開業で、終点鹿児島中央駅で買える駅弁も充実です。 もちろん、南九州らしいメニューです。 そしてもう一つ。 鹿児島に行ったら、ぜひ食べたいと思っていたのが白熊です。 もう、全国区になったカキ氷です。 鹿児島で有名なアーケード天文館にある名店むじゃきに向かいました……。
リンゴを食べて育つ「津軽どり」を使ったチキンカツは、甘みがありプリッとジューシー。自家製のタルタルとすりおろしたリンゴを入れて煮込まれた濃厚なソースを合わせているため、カツに負けない味わいの「胚芽入りパン・ド・ミ」をセレクトしている。
かつて、徳川将軍家の茶の湯に用いる良質な水を汲み上げていたことが「御茶ノ水」の地名の由来だとか。この地で1899年(明治32年)に創業した老舗ホテル『龍名館』が営むのが、まさに日本茶をテーマにしたレストランなのだ。
モツ好きでこの店の味に唸らない人はいまい。備長炭で焼く芳しい串に奥深き味噌味の煮込み、加えてワイワイ陽気な喧騒にハマったら最後、ヤエチカに通うことになる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt