MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
あたぼう鮨|天然ネタを驚き価格で提供(寿司/四谷三丁目)

あたぼう鮨|天然ネタを驚き価格で提供(寿司/四谷三丁目)

寿司激戦区のひとつ、荒木町でオープンした期待の新鋭。明朗会計が特徴で、高級店も多い界隈で注目を集めている。安いとはいえ侮るなかれ。ネタは良質な天然ものを厳選し、その道27年の職人が仕事を施す本格派。あたぼう鮨。[交]四谷三丁目駅4番出口、曙橋駅A4出口から徒歩4分

あたぼう鮨(最寄駅:四谷三丁目駅)

シャリは赤酢と米酢のブレンドで、米は酢の配合に合う銘柄を試して北海道の「ななつぼし」を選んだ。肩肘張らず楽しめる、常連になりたい店だ。

お好み握り
一貫108円~518円

山芋を入れた薄焼玉子(108円)や、軽く炙った穴子(270円)、とろけるような天然本マグロの大トロ(518円)など、おこのみのネタ。メニューには約40種類のにぎりが並ぶ

煮蛤
464円

ハマグリを茹でたダシに醤油などを加えたタレに漬けて味付けし、甘いツメをサッと塗る。ふっくら柔らかく、滋味深い味わいだ

海鮮茶碗蒸し
540円

カニ、エビ、ホタテなど海鮮がゴロッと入る

あたぼう鮨

[住所]東京都新宿区荒木町9 1階 [TEL]03-6380-4990 [営業時間]18時~翌3時、日・祝18時~22時 [休日]月 [席]カウンター17席、テーブル4席×3卓、計29席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄丸の内線ほか四谷三丁目駅4番出口、都営新宿線曙橋駅A4出口から徒歩4分

電話番号 03-6380-4990
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
江戸前にこだわりつつも創意溢れる寿司を握り続けている親方。10年近く前に考案したのが、この寿司屋の深川飯だ。
渋谷でこの寿司屋を知っていたらきっと鼻が高いはず。代官山で40年愛された店が昨年移転。
店に入って最初に目につくのが、マグロの部位を示した黒板。そう、ここではまずマグロを味わうべし。
三崎のマグロ問屋直営ならではの逸品が、天然物のインドマグロを使った握り「まぐろ三昧」。赤身、中トロ、大トロ、炙り、ネギトロと、まさに三昧。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。
自粛生活のなか、キッチングッズで面白そうなものを探していたところ、キッチントイ「究極のMYO」なるものを発見!  キッチントイって、おもちゃなの? おもちゃでマヨネーズ?  さっそく購入して、その『究極っぷり(?)』を試してみました〜!
2018年9月、うれしいニュースに街がわいた。あの『逸業』が半年ぶりに復活!。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt