MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
気になる酒場4軒の〆カレー!いわゆる普通の酒場ですが。ウチのカレーも、ウマいんです!

気になる酒場4軒の〆カレー!いわゆる普通の酒場ですが。ウチのカレーも、ウマいんです!

魅力あふれる酒場にはカレーあり! カレー酒場と謳わずとも、バーや居酒屋にも、ウマいこだわりのカレーはある。そして〆のカレーはやはり大人気。というわけで、ここでは気になる酒場4軒の〆カレーを食べ歩こうという企画です。 撮影・取材/岡本ジュン

酒場のカレーは店の個性が際立つ!



 筆者、普段からどこへ行っても、カレーの文字を見つければ即反応。それが酒場ならばなおのこと、ということで1軒目は中目黒の『グロウ』へ。

見た目地味だが香味野菜の旨みが溶け込んだとろける旨さ
Glow名物の「特製カレーライス」 900円

 震災で宮城から転出してきた店主が仕込むカレーは素朴だが程よくスパイシー。巨漢の店主も納得の特大盛りがあり、深夜にガッツリという欲求を満たしてくれる。


 逆にひと口でいいから食べたいという時は西麻布の老舗バー『ウォッカトニック』がおすすめ。

どちらも香味野菜や肉の旨みが凝縮したまろやかな旨さ
老舗バーが提供する「名物2色カレー」1500円

 お好みに合わせて、なんと「スプーン1杯からでも2種盛りをいたします」という。さすがバーテンダーに不可能はない(のかもしれない)。



 そのご近所、ラムバーの『タフィア』には、カリブの郷土料理“コロンボ”がある。

ハバネロの鋭い辛さが後から追いかけてきて、鼻の頭に汗が浮かぶ!
カリブ海の郷土料理「豚のコロンボ」(小) 1000円

 豚肉と野菜をスパイスで煮込み、ご飯を添えたその姿はどう見てもカレー(「コロンボはカレーじゃありません」by店主の主張)。普通のカレーに飽きたらぜひこちらへ。



 最後は名居酒屋の『赤坂まるしげ』

2日間煮込むことで牛すじと野菜の旨みが柔らかく溶け合う!
「牛すじカレーライス」850円


 日本酒や焼酎を飲んだあとにもほっこりできる蕩ける牛すじが優しい……。

 あぁやはり、デキる酒場はカレーが旨い!



今回の記事の店舗情報

glow(最寄駅:中目黒駅) ■特製カレーライス

ウォッカトニック(最寄駅:乃木坂駅)

タフィア(最寄駅:乃木坂駅)

赤坂まるしげ 夢葉家(最寄駅:赤坂駅)

2016年8月号発売時点の情報です。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
これほど男心をくすぐるメニューもそうはないハズだ。カツとカレー。かぐわしく食欲をそそり、パンチも十分。とんかつ店からビストロまで、男を誘う逸品を紹介する! 撮影/瀧澤晃一 取材/池田一郎
カツ丼と並び、とんかつをより魅惑的にするカツカレー。その歴史は意外に古く、元祖的な店がいくつかあるのをご存知だろうか?そこでカツカレーの歴史をひも解きながら、その味がいかに普及に貢献していったのかを大調査! 撮影/谷内啓樹 取材/編集部
カレーの魅力は無限大。つまりカレーはどんどん進化するメニュー。そんな進化し続けるカレーには、本格インドの味わいから、日本独自に生まれたミックス系のものまでさまざま。なかでも東京で注目されているカレー店をフィーチャーします!撮影/西崎進也、貝塚 隆(プラウマカレー、Blakes)  取材/岡本ジュン
新宿エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたカレー店をご紹介!老舗の「カツカレー」から人気店の「なすチキン カレー」まで!
本格とか、インド原理主義とかではなく、日本で歴史を刻んだ〈カレーライス〉は、もはや私達の国民食であり、かけがえのない宝物。これぞ名作と言わしめる、そんな至宝のカレーたちを徹底解剖します!
全日本さば連合会が4月末よりスタートした「サバレシピリレー~サバトンをわたそう!~」。 その後も「サバトン」(バトンです……)は、北は北海道、南は鹿児島、さらになんとオーストラリアまで! サバレシピが続々と投稿されている。その数は、現在150を超えた。 和洋中、エスニックと、「サバラエティー」にあふれる多彩なレシピが大集合!
“食堂”をコンセプトとする新ブランドの看板は、ゲンコツと背脂、 バラ肉でとった豚100%の清湯ラーメン。スープは、超クリアな“あっさり”と背脂たっぷりの“こってり”から選択できるが、お店の推しは断然“こってり”だそう。
いま最も注目されている飲み屋街、西成。 そのなかでも昔から西成通に愛されている角打ちがある。 それが、17年前にオープンした「山口酒店」。 「立ち呑みの部分だけ間借りしてます。お酒は隣の酒屋から選んでもってきてくださいね」 という名物ママが仕切る、居心地の良い店なのだ。
大正14年(1925)創業。代々続くメニューがずらりと並ぶなかでも、このグラタンはいたってシンプル。
長い玉子焼きを、キューブ状にカットして食べやすくした商品。ほんのりささやかな甘みの中に、風味豊かな青海苔が混ぜ込まれ、後味はさっぱり爽やか。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt