MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
昭和な渋谷、人情が溢れる飲屋街「のんべい横丁」の歴史とお店

昭和な渋谷、人情が溢れる飲屋街「のんべい横丁」の歴史とお店

加速度的に変化する渋谷。だが、路地の一角やビル群の片隅に、今も残る昔懐かしき香り「のんべい横丁」。大人たちを虜にする“昭和”な店を歴史とともに訪ねてみた。

駅前で半世紀以上 郷愁の呑み処「のんべい横丁」の歴史

渋谷駅前の山手線沿いに、古きよき昭和の面影を残すエアポケットがある。

その名も「のんべい横丁」

広さ約2~3坪の小さな店が40軒近くひしめき、提灯に灯りがともると、常連客が次々と吸い込まれていく。

 その始まりは、終戦後の闇市。今の光景からは想像できないが、現在の東急本店通りや道玄坂付近には屋台がたくさん出ていたという。国の規制で、それら屋台が移転し、昭和25年に作られた飲食店街が、「のんべい横丁」だ。

どの店も数人入ればいっぱいになる“屋台サイズ”の造りは、そんな経緯に由来する。

 かつて屋台で人気を博していたのは、焼き鳥とおでん。焼き鳥の屋台は荷車の周りにぐるりと鶏や野鳥の肉をぶらさげて売っていたとか。

横丁には、旨い焼き鳥を出す『鳥福』、昔ながらのおでん屋『なだ一』と、その頃から続く名店が今も元気に営業している。いずれもタネは大ぶり。これは“とにかく大きいこと”がご馳走とされた戦後の名残なのだろう。


(なだ一)大きいことがご馳走だった戦後の名残を残すおでん

写真:澄んだダシに約30のタネが浮かぶ。おでん各種

鳥福の2代目店主・村山茂さんによると、
「私が店に立つようになったのは50年ほど前。当時は、渋谷駅の東西南北にこうした横丁があったんですよ。でも今はここだけ。最初からある店も6~7軒になりました。建物の老朽化でいずれ建て直しはやむを得ないけど、横丁文化をいかに残していけるかを考えています」

(鳥福)新旧の客が変わらぬ味に 肩を寄せ合い串を頬張る

写真:秋田の高原比内地鶏のねぎ間、水郷赤鶏のレバーなど、どの串も大ぶり。

 現在、新旧の客が肩を寄せ合う店には茂さんの息子である3代目の姿を見ることができる。


 『鳥福』の2軒隣りには、洒落た洋風の店構え。

「親父は戦争中、車両部隊にいたそうです。戦後駐留米軍のトラック運転手をしていたこともあって、外国文化の影響を受けたのかもしれないね」というのは『野川』の2代目店主・鈴木卓志郎さん。

(野川)文化の香り漂うレトロモダンな酒場

写真:海老やワケギを挟んだ揚げはんぺん、半月。自家製ポン酢で食す

レンガ壁に重厚な木製カウンター、白樺や梅の木を用いた梁、ランプの灯り……。
昭和モダンな空間は、若者には新しく、年配客には懐かしい雰囲気を漂わせる。



近年では、ビストロやバーが開店するなどニューウェーブもある。

新旧の混沌とした「のんべい横丁」は、まるで渋谷の縮図。

隣接する宮下公園の再整備が始まる予定だが、この一角の昭和な光景と味は、いつまでも残してほしいものだ。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
ここではグルメライターが厳選した「銀座のおすすめカフェ」の情報をお届けします。ショッピングや食事を楽しんだら、ちょっと一息つきたくなるも。おいしいスイーツや甘味はもちろん、ランチタイムや夜にも利用できる、魅力の詰まったお店ばかりです!
都内屈指の人気エリア・新宿で、絶対に外せない【カフェ(喫茶店)】の情報を、厳選してまとめました!おしゃれな所はもちろん、ゆっくり過ごせる穴場的なお店もあり。人気メニューの写真や地図も載せて、分かりやすくご案内します。
3235views エリア特集
海鮮の宝庫「千葉県」!東京からのアクセスも良く、気軽に訪れることができる距離ながらもちょっとした旅気分も味わえる、魅力的なエリアですよね。ここではお寿司やうなぎなどの和食を中心に、評判でお得なランチをまとめました。
都内の飲食激戦区の1つ新宿三丁目エリア!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた「この質やボリュームでこの価格!」という感動ランチを厳選!圧巻のイタリアン、お得な刺身定食、気軽な中華店まで多種多様、早速ご覧ください♪
名古屋駅前の柳橋中央市場からほど近い和食店『柳橋 魚しゃぶ 濱の季』は、旬の魚介をだしにくぐらせて、ポン酢やごま醤油、土佐醤油など6種類のたれでいただく「魚しゃぶ」が名物。 そんな名店で、夏を迎えるにあたって注目したいのが『濱の季』のテイクアウト。とにかくお値打ちなメニューがいっぱいあるのだ……。
駒沢のワインバー『Centro Storico』で評判だった鯛ラーメンが専門店に。修業先であるイタリアの星付きレストランで覚えた“真鯛のパスタ” を基に、イタリアンの技法や発想をちりばめたかつてない鯛ラーメンを完成させた。
暑さが増すと、つい手を伸ばしたくなるアイスクリーム。果物やミルクなど素材の良さを活かした逸品を集めました。どれも特別感のある味わいです。ご自宅でくつろぎながら楽しみませんか。ギフトとしてもおすすめです。
140views お取り寄せ
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt